コペン物語(序)@ ダイハツ コペン(L880K)【オーバーヒート修理!】 

とある日のこと。

「中古車を購入したのですがオーバーヒートするので点検してもらえませんか?」と

お問い合わせいただきました (^^)

更に詳しくお話しを聞くために一度、「秘密工場」へご来店して頂くことに・・・

オーナー曰く

「某地方のオークションで車を購入したのですがしばらく乗っていると

「オーバーヒート」してきたので

他のクルマ屋さんで水周りの修理を何度かしてもらったのですが直らず。

ネットにて当「秘密工場」を

知ったので診てもらいたい!」とのことでした(^_^;)

img_9537.jpg

お車はみんな大好き? ダイハツ コペン(L880K)でございます (^^)

img_9538.jpg

とりあえずエンジンルームを拝見!

オーナーの言うとおり、ところどころ水周りが修理された跡がありました

それよりも何だかわかりませんがとても「ヤレ」た感が漂ってます(^_^;)

img_9539.jpg

オイラの中では大体の予想はついていたのですが実際に「点検&診断」してみると

予想どおり「ヘッドガスケット」が抜けているようで最悪ヘッドも歪んでるかも・・・

なのでオーナーには

「ヘッドを剥いで現状を見てから「修理」or「載せ替え」という形になりますけど・・・」と

お話しさせていただきました(^_^;)

そういうことでオーナーにも御了承いただきましたので

今回も いくべいべ~!

(^o^)丿

img_9697.jpg

img_9698.jpg

img_9699.jpg

とりあえずリフトアップして他のところもてんけん君!(^^)

img_9700.jpg

車高調にステンメッシュ。

キャリパーも色が塗られてたみたいです(^_^;)

img_9701.jpg

???

img_9702.jpg

img_9703.jpg

フェンダー内にタイヤで擦れたような跡がありましたよ(゜o゜)

img_9708.jpg

フェンダーライナーもタイヤが当たるところをカットしたみたい(゜o゜)

img_9710.jpg

img_9711.jpg

img_9712.jpg

オルタネーターはオイルにまみれて粉だらけ(>_<)

img_9713.jpg

「男の子の5MT」は過去に分解された感がプンプンします(゜o゜)

img_9741.jpg

いろんなとこが目に着いてしまい、もしかしたらこのコペンさま

過去にメチャ「ハード」に扱われていたのかもしれない(>_<)

img_9782.jpg

img_9781.jpg

某有名ショップのECUが奢られておりました。

それにしてもきちゃない配線(^_^;)

img_9784.jpg

外せるものはどんどんハズシ

img_9786.jpg

img_9787.jpg

img_9788.jpg

img_9794.jpg

img_9798.jpg

ギアオイルも抜いときます。

img_9800.jpg

何とも言えない色をしていました(^_^;)

img_9801.jpg

ドラシャも抜いて

img_9804.jpg

img_9806.jpg

img_9808.jpg

サビてて抜くのが大変。

img_9809.jpg

img_9810.jpg

全て取っ払ったらエンジンを降ろしましょう!(^o^)丿

img_9811.jpg

慎重に

img_9813.jpg

ゆっくりと

img_9814.jpg

降ろしましょう!

img_9815.jpg

無事に降りました(^_^;)

img_9816.jpg

img_9821.jpg

ガランドウ

img_9822.jpg

マスターは過去に漏れたんでしょうね(^_^;)

img_9825.jpg

グロメットに大きな穴がありました。

過去にブースト計等のホースや配線を通していたのかも?(^_^;)

img_9828.jpg

降ろしたエンジンをじっくり観察。

img_9829.jpg

ほんまになんというか「草臥れ」感がハンパない。

img_9933.jpg

img_9934.jpg

img_9936.jpg

そして

エンジンを分解しようと思ったらオーナーから

「これからも安心して乗りたい」とのことで

リビルトエンジンを差し入れてこられました(^_^;)

img_9937.jpg

なのでお古のエンジンを脱着!

img_9938.jpg

img_9940.jpg

なぜか?セルモーターの入る穴をテープで塞いでありました。

ナゼ?(゜o゜)

img_9945.jpg

ミッションを切り離し。

img_9946.jpg

img_9947.jpg

img_9948.jpg

img_9960.jpg

メンバーも塗装が捲れてサビにやられておりました。

img_9962.jpg

img_9963.jpg

img_9964.jpg

img_9965.jpg

img_9966.jpg

スタビのエンドブッシュ。

img_9967.jpg

img_9968.jpg

img_9973.jpg

img_9975.jpg

img_9976.jpg

スタビのエンドブッシュを交換。

img_9978.jpg

img_9979.jpg

img_9980.jpg

スタビのブッシュも交換。

img_9981.jpg

そして出来るだけサビを落としたら

魅惑の「お化粧たいむ」(^^)

img_9983.jpg

裏も表もキレイにして乾燥させます。

img_9987.jpg

エンジンマウント。

コレ大事アルネ!(^^)

ゴム製品なので痛むのはあたりまえ!

img_9989.jpg

img_9990.jpg

ええ感じ!(^^)

img_9992.jpg

img_9993.jpg

ステアリングラックのブッシュも交換。

小さなことの積み重ねが大きな結果?を生むのデス!

img_9526.jpg

オーナーから「差し入れ」のリビルトエンジン。

img_0036.jpg

吊り上げて

img_0038.jpg

メンバーにドッキング!

img_0049.jpg

ひと安心?(^_^;)

img_0032.jpg

そしてテープで塞いでいた例のブツ。

img_0033.jpg

よくみりゃ~ボルトの入る穴の位置が何個かしか合っておりません(`´)

何か別の車種のものみたいです。

こんなんを組んで気持ち悪くないのかいな?

ホンマ ありえない(`´)

img_0039.jpg

先にMTのオイルシールをば打ち替えしときます。

img_0040.jpg

img_0042.jpg

img_0043.jpg

img_0045.jpg

img_0044.jpg

img_0084.jpg

MTを洗浄してからクラッチのレリーズベアリングも組付け!(^^)

img_0082.jpg

そして

数日後に例のプレートが入荷!(^^)

img_0078.jpg

似て非なるものでしたよ(笑)

img_0079.jpg

クラッチもほとんど減っており、たぶんガンガン走っていたと思われます。

フライホイールも減って歪みもあるので新品に交換!

img_0080.jpg

ボルトも新品にしましょう!

img_0081.jpg

クラッチ&カバーを組付けたら

img_0082.jpg

img_0086.jpg

ミッションをドッキング!(^^♪

img_0087.jpg

これから「補機類」等を古いエンジンから脱着しては

一つずつ「リビルトエンジン」に組付けていくのですが

それらが思った以上に手間がかかるお仕事なのです(^_^.)

なので

とりあえず今回はここまで!

それじゃ~ またな~!

(^o^)丿

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com
(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>