波の音を消しましょう!@ ホンダ アクティ(HA7)【エンジン分解修理】

ちぃーす!(^o^)丿

日本中を暴れ倒した大型台風のおかげで

心身ともにグッタリなオイラですが

何とか生きております(^_^.)

「生きてるだけで丸儲け」ではございませんが

すべての事柄は「命」あってのこと・・・。

なので天から召されるまでは必死で生きたいと

思う秋の夕暮れであります

(ーー;)

「室内で水の流れる音?がします」と今回

入庫してきたのはホンダ アクティ トラック(HA7)。

前々から怪しかったのですが現象がつかめず・・・。

やっと頻繁に出だしたので今回の入庫となりました。

早速、エンジンをかけてテスト走行してみると室内の

どこからか「ザザァー」と波の音が聞こえてきて

南国ムード満点です(^_^.)

まずはサブタンクを見てみると

ポコポコと定期的に吹き返して来るのを確認。

ほぼ原因は特定出来てますが更に排気ガステスターを使い

簡易的に測定してみると

すでにHCが結構出ており、この時点で原因はほぼ確定。

しかしまだまだ油断できないので

更にテスターを使って最終判断。

こんな感じに色が変わりましたので

結果、「ヘッドガスケット抜け」が確定。

オーナーにも了解頂きましたので

早速修理作業を開始していきましょう!(^o^)丿

アクティやバモスの作業性の悪いのは充分わかっておりますので

焦らずに確実に作業していきます。

タイミングベルトがこんちくわ!

タイミングベルト関係は前回の時に交換済みなので

今回は再利用するつもり。

シリンダーヘッドを剥ぎますので干渉するものは

すべて排除していきます。

インマニ脱着。

スロットルボディは激汚れ。

紙のガスケットは剥がすのが大変なのれす(ーー;)

よく焼けたロッカーアーム

捲ったバルブカバー内も焼けたおしておりました。

今のオーナーは定期的にオイル交換をされていますので

前オーナーかその前かはわかりませんが

オイルの交換スパンが長かったのがよくわかります(ーー;)

そうして無事にヘッドを外しました。

ちなみに

シリンダーブロック

ここらのガスケットが抜けてる感じデス。

長年月かけて見事に飴色?になったシリンダーヘッド。

今回はオーナーとの協議の結果、ヘッドはオーバーホールする

ことに決定。

遮熱板を外すのですが

焼けて錆び付いたボルト&ナットは緩まず折れます(ーー;)

部品が出るので遮熱板とその仲間たちは交換します。

触媒は再利用。

きちゃない燃焼室(ーー;)

ガスケットを検証してみます。

抜けてるのは2番のここでほぼ間違いないでしょう。

熱的にしんどいところです。

荒れた面をある程度キレイにならしてやります。

この状態で各部の歪みを測定してみると

ほとんど限度内でした(^^)

コレまた、きちゃないヘッドをバラしていきます

ロッカーアームをバラし

バルブスプリングを抜き

カムシャフトも外し

バルブを抜きます。

各ポートも真っ黒。

そして剥がれない紙ガスケット(`´)

ということで長年の汚れとオイラの「厄」を落とすべく

コトコト ことことフォンドボー(^^)

だいぶキレイになりましたが

気に喰わねえので

更にもう一回煮てやります(^^)

その間に

カーボンたつぷりのバルブたちを研磨していきます。

EX側はかなり堆積してます。

全部研磨したら待機しときます。

だいぶキレイになったヘッド (^^♪

当たり面が荒れている箇所があるので軽くシートカットしておきます。

バルブの摺り合わせが出来たら液体を張ってバルブとシートの密着度を点検!

コレめちゃ大事っす!(^_^.)

ポートからも一切、液体が流れ出てきてません。

長い時間を経ても液体が漏れてこないので

コレでOKとします(^^)

キレイになったヘッドに新しいバルブシールを組み付けていきます。

これが「オイル下がり」の防止になりまする(^_^;)

バルブシールを全部組み付けたら

ツールを使ってバルブスプリングを各バルブに組み付けていきます。

簡単そうに見えてますが結構めんどくさい作業(ーー;)

バルブ&スプリングを組付けたら

とんとんしてバルブを座らせます(^^)

オーナーから支給されたブツ。

パワーアップ?(^^)

プラグホールにオイルのプールが出来る原因の一つでもある

ロッカーアームのOリング。

元のカムを計測してみたけどとりあえず基準値内でした(^_^.)

ロッカー組付け

カムシール打ち込み

この状態である程度バルブクリアランスを調整しておきます。

傷んでいるEX側のスタッドボルト

新しいスタッドボルト

一本ずつ一本ずつ地味な作業の連続(^_^.)

気持ちええね。

ついでにIN側のスタッドボルトも交換。

新しい遮熱板とエキマニを組付ければ

ヘッド関係は完成!(^^♪

ヘッドを組付ける前に

ピストントップをキレイにしておきます。

オリフィス

交換しとくべし!

新しいヘッドガスケット(左側)

古いガスケットと比べると細かいところが変更になっており

品番も変わっているので対策品?かも(^^)

ガスケットをセットしたら

新しいヘッドボルトで均等に締め付けて

ヘッドAssyをドッキング!

やっとここまできましたよ(^_^.)

なぜか上のアイドラだけが錆びておりましたので

後のことを考えて交換しておきました(^_^.)

タイミングベルトを張ったら

エンジンを回転させながら各気筒のバルブクリアランスの再調整。

(^^♪

フォンドボーしたバルブカバー。

ブローバイで汚れたところもほとんどなくなりました。

コレを取り付け。

タイミングケースのカバーも組付けますが

クランクキーは新しいのに交換しておくのが吉!

(^^♪

とりあえずここまでで待機!

エンジンに組付ける前にキレイにしておきたい!

インマニ

紙のガスケットを地味にしこしこ剥がしていきます(ーー;)

スロットルバルブも同じようにしこしこと(ーー;)

キレイに剥がしたら

面を研磨して

洗浄剤を使って汚れた通路を

できるだけキレイにしていきましょう(^^)

ブローバイで汚れたスロットルバルブ

キレイになったぜ!

インマニを組付けたら他の補機類も全て元に戻していきます。

マウントをそれぞれ繋いだら完成デス!

(^^)

エンジンが組めたら冷却水を張ります。

ここからがとても大事!(^^)

まずはエンジンを始動して吹き返しが無いのを確認(^_^.)

エアーがとても抜けにくい構造?なので

何度も何度もエアー抜き作業を行います。

コレをいい加減にしてしまうと痛い目にあいます(`´)

完成!(^^♪

オーナーからの依頼で以前に社外のダンパーを組みましたが

ホンダの他車用の純正スプリングに組替えて欲しいとのことで

脱着作業

コンプレッサーーにセットして

スプリング抜く!

スプリング入れる!

完成!(^^)

あとは実走行テストにてエンジンの調子や

異音や変な振動等がないか?

問題がなければ

コレにて全ての作業が完了!(^^♪

首を長~くして待ちわびるオーナーにも無事に納車させていただきました (^^♪

これでまだまだしばらくは乗っていただきましょう!

それじゃ またな!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(最近 こちらからの「返信メール」が届かないことが多発しております。

お使いの携帯およびメーラー等で hakkocars@gmail.com を受信許可してくださいますよう

お願いします)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 酔いどれ整備士 より:

    コメントが書き込みにくいですよ!!

    • hakkocars より:

      教えて頂きましてありがとうございます< (_ _)>

      全然、気がつかなかったので助かりました。