スバル レガシィ(BP5)@ エンジンの異音&チェックランプ点灯

みなさま こんにちは(^^♪

ご無沙汰しております。

最近、店主の生息しているここ大阪も日中こそ暖かいですが

朝晩はかなり冷えこむようになりました。

そろそろ人間も自動車も冬支度が必要ですね。

ということで

スバル レガシィワゴン(BP5)でございます。

朝の冷えた時にエンジンを始動すると「ギャァーーー」と凄い異音が

するのとメーター内のエンジンチェックランプが点灯しているとのことで

点検依頼を頂きました。早速お車を預かりまして実際にエンジンが冷えてから

始動させてみると・・・

「ぎゃぁぁぁーーー」と大きな叫び声みたいな異音が発生しましたので即

エンジンルームを調べるとどうもBP系では鬼門である「2次エアーポンプ」が

叫んでいるみたいでした(゜゜)

エンジンのチェックランプは絶賛「点灯中」。

テスターで調べてみるとやはり2次エアー関係のエラーでした。

これが2次エアーのポンプ。

よく壊れるので個人的にはいらねーです(^^;)

脱着したポンプ

そしてこのレガシィオーナーから差し入れされた中古のエアポンプ。

大丈夫なのか?(゜゜)

早速組んでみると・・・

こちらのポンプの方からも更に凄い音がぁぁぁーーー!

アカンやん!(>_<)

とりあえず診断機で診てみると前回のエラーコードは何故か消えて

新たなエラーが出ておりました。

今度は2次コンビバルブがダメだと~(ーー゛)

とりあえず今回の顛末をオーナーに話して

一度車両を引き渡しました。

そして数か月後、BP5は再び現れました。

2次ポンプの方は何故か異音が収まっておりましたが

エンジンの調子が悪くやっぱり2次エアーコンビバルブを交換することに。

まずは作業性が悪い右バンク側から。

インマニを外さないと2次エアーバルブにたどり着けない鬼畜仕様(`´)

脱着するだけでもこんなに大変な代物なのにしかも壊れやすいって

ほんとどうかしてるぜ!(ーー)

やっと抜きだしたこれが2次エアーコンビバルブ。

内部がサビにやられておりました。

そしてカチカチなエアーホースが割れました( 一一)

左バンク側は右バンク側に比べてかすかに上からバルブの姿が確認出来ます。

かといって作業しやすいとかはないです。

左バンク側の2次エアーコンビバルブ。

右が新品のコンビバルブ。

さっさと組付けておきます。

そして右バンク側の新品コンビバルブ。

スタッドボルトが付いてないので別で注文して組付けます。

バリバリに割れたカチカチなホース。

しかも複雑怪奇なこんな感じの一体型のホース。

一応改良はされているみたいでした。

組付けていきますが

取り外しが大変なものは取り付けはもっと大変。

これ定説( 一一)

大概、うんざりしております( 一一)

全部組めたら

診断機にて最終チェック。

「2次コンビバルブ」のエラーは消えましたが最初の

「2次エアーポンプ」らしきエラーは残っておりました。

ということで

これにて今回の作業は完了です(^^ゞ

「新品のポンプは高いのでちょっと考えます」とオーナーは話されておりました。

しかしこの「2次エアーシステム」、BPの後期型ぐらいから付いているみたい

ですがほんとよく壊れます。その当時は必要があって付けたのでしょうが

今となっては・・・

でわでわ (^^;)

 

ブレーキをオーバーホールしてみた!@スバル レガシィ(BP5)
レガシィ(BP5)の車検整備&ブレーキの修理(オーバーホール)をご紹介!特にブレーキ関係は安全に直結する部分だけに慎重に慎重に作業を進めていきます。スバル車の整備はハッコーカーズへ

 

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

 

コメント