スバル レガシィ(BE5) @ クラッチの交換作業(水平対向エンジンは大変です)

暑かった夏も終わり秋もさっさとスルーして冬になりましたここ大阪。

みなさま、如何お過ごしでしょうか?

今年は店主の周りでは悲喜交々、色々なことがあり大変な一年でもありました。

そんな中でも新しいご縁が繋がったり思いもかけない出会いもありまして

本当に感謝でございます(^^) とりあえず現在も好奇心だけはいっぱいですので

来年に向けて何か新しいことをやりたいなと画策しておる次第です。

スバル レガシィ(BE5・5MT)でございます。

クラッチが滑ってきているとのことで入庫してきました。

とりあえずリフトアップしてミッションを降ろす準備をしていきます。

BE系はツインターボの為、フロントパイプが2本ありまして脱着もめんどいです。

ミッションが降りました。フロントデフ付きなのでメチャ重いっす。

それといろいろと省いて簡単に書いておりますが実際は大変な作業ですぜ(^^;)

粉だらけでした。

外したクラッチ板。限界ぎりでしたが負担を掛けずに上手に乗ってたみたいで

ラフに踏み込んでたら「VTEC」みたいになって終わってたかもしれません(^^;)

フライホイールは使えそうなのでそのまま再使用しまして

パイロットベアリングはゴリゴリなので打ち替えておきます。

フライホイールを外してみるとクランクリヤのオイルシールとご対面。

ここから漏れると結局ミッションを降ろさないと修理出来ません。

オイル漏れしていたクランクのリヤシールを打ち替えしました。

清掃したら新品のクラッチ板&カバーを組付けしておきます。

ミッションのリヤオイルシールを打ち替え。

クラッチのレリーズベアリングをセット。

準備が出来たらミッションを車体に載せるのですがその前に

焼けて固着したスタッドボルト(左側)

新しいスタッドボルトを組付けます。

マフラーのガスケットも交換。

そしてミッションをドッキング!降ろすのも大変、載せるのはもっと大変(*_*)

クラッチの交換作業が終わったら

クラッチのレリーズシリンダーをOH。

折角なんで部品のあるうちにホースも交換しておきます。

レリーズシリンダー完成!

クラッチのマスターシリンダー。

分解中。

汚れた各部を洗浄してOHしたら

クラッチマスターも完成!

外したインタークーラーを強力洗浄にて中も外も丸洗いにしてやります(^^)

全てを組付けたら

 

テスト走行へ! クラッチの切れや違和感、異音等が無ければ

コレにて全ての作業が完了!(^^ゞ

お待たせしているオーナーにも無事に納車させて頂きました。

最近はほとんどの車がAT車なのでクラッチ交換はほとんどありませんが

偶に忘れたかけた頃に依頼されたりします。個人差はありますが

車でもバイクでもMTは楽しい。それは間違いないと思います。

それじゃ またな~(=゚ω゚)ノ

 

スバル レガシィ(BE5)リフレッシュ&メンテナンス(ブレーキの修理&足まわりの修理)
今回はスバル レガシィのブレーキ&サス修理作業です。ビル足をKYBに変更。ブレーキはフルオーバーホールで対応しました。大阪でスバル車の点検・車検・整備・修理等はハッコーカーズ。

 

自動車の「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します<(_ _)>

 

 

https://twitter.com/hakkocars

こちらでもいろいろとつぶやいておりまする(^^;)

コメント