てんとう虫 走る!(ブレーキ修理 編)@ スバル360【車検とブレーキ修理@東大阪!】

前回の「エンジン修理 編」の続きであります。

エンジンの修理が無事に終わりホッとしてるのも つかの間、

今回はブレーキの修理に取り掛かります。

(^^)

スバル360は今時珍しい前後「ドラムブレーキ」です。

点検の為にドラムを外そうとしますが全然外れません。

(>_<)

ブレーキのライニングが噛んでるみたいなので

プーラーとスライディングハンマーを使ってショックをあたえて脱着!

bb9b8da1eadb16672afb4c0491a5ab3e

これはリヤブレーキですが

思ったとおり

ブレーキフルードがジャジャ漏れでリヤのライニングに思いっきり染み込んでおりました

(>_<)

とにかく分解していきます。

1cd77aa3d91637dc283258eb67313ea6

c45acde7cc5380cea4eaaeb95f691e44

見てのとおり錆たおしてます。しかも結構「カジリ」も見られます

あまりにも錆がひどいので「科学のチカラ」を借りてキレイにします。

683c7ba5a557f8b9912462dffa0a8ca3

初めて使いましたが

283dcabb702db29cfc2a944ae8a7f71f

a9ea6050d9cff25d1c5a737559e50a5c

e59abb4831f6bda25917eb35e623f3f4

c29af5abc4d587e99690e0f983a9371e

だいぶキレイになりましたよ!

(^^)

お次はサビサビのシリンダーを修正します。

aa59e008bd2e3d04df226e19f12bbc3c

ceec58fa7bcb378b2dc97330a6499a5c

こういうアルミ用のブラシを使います。

これにブレーキフルードを浸して

1ab16d899ea7f0c618453bd245945bbe

こんな感じでホーニングしていきます。

ホイールシリンダーの状態を見ながら慎重にすすめます。

9c267735c8476fda6310193e0f2da68c

見違えるようにキレイになりましたが

どうしても

シリンダーの真ん中あたりのカジリが深すぎて

とれません(-_-;)

ですが

ピストンの移動するところは

かわしているので大丈夫と判断しました。

そして

ピストンですが「科学のチカラ」によりキレイになりましたが

やはり虫食いが残りました。(>_<)

これを出来るだけキレイにするべく1500~2000番のペーパーにて

磨きます。手でシコシコするのもいいですが

結構しんどいので今回は「文明のチカラ」を使います。

(^^)

62c65cd586049fa7d07f23063678a6d0

ミニ旋盤にピストンを装着。

そして

0731a61f462127c9d1445d27ef76c97a

オイルを浸したペーパーをピストンを巻くように当てて磨きます。

結果は

d1ba1df35980fa4e923354ce5d6d3ba3

少し虫喰いが残ってはいますがこれぐらいでしたら全然「無問題!」

(^^♪

なので組付けます。

dd4d3eb5fee5f482006c367c37cc601b

ゴムカップは新品を用意。

国産の他メーカーの物も流用できると思いますが・・・

(^_^;)

全ての準備が整いましたのでリヤブレーキを組みます。

a0859ba2be3cfb15b0c84e42262ad5e2

ブレーキのライニングは「張替え」で対応!

(^^♪

お次はフロントブレーキです。

7d15feafaf94ad746f0ec5f4c6e2ad32

リヤみたいに漏れ漏れじゃないので

「楽勝!」かと思ってましたが

8f559f157c7a6858ae792c7d68c7bdc5

けっこう錆びてました(>_<)

結局、リヤ側と同じように修正していきます

29f4db315794db2145652e72f9e0a3c3

キレイになったシリンダー。

5ebf530304b851321b234c771672e3ef

だいぶキレイになったピストン。

そして組付け!

922ed3454d5edff3716961dcc6890ed8

次に

ドラムを組付けますがその前に

ハブベアリング(インナー&アウター)にグリスアップします。

217d83623c314b224118579c84efe5dd

ベアリングをキレイに洗浄したらグリスアップしていくのですが

指でシコシコと押し込んでいくのもいいですが

結構つかれるのでまたもや「文明のチカラ」を使いましょう!

ac148b493edb5eaa9fff6b0ca4c8d64b

e4dc0cdbbbea07675545d6e350e290d2

129781bada01298a29cd5e00625e8e80

これはほんまに便利です。

一撃でグリスアップできます

費用対効果は抜群です。2011年のオイラの一押しツールです。

(^_^)v

そしてドラムをかぶせて

8ad2b01b73c9e10b827be98730290e43

フロント

5e21c83f2ec6657d4512b451ab23d54a

リヤ

全てが組みあがりましたら

エアー抜きをしてブレーキ調整を行います。

そしてタイヤを履かせたら完成です!

(^O^)

あとは排気ガステスターにて排気ガスを点検&キャブ調整&ヘッドライト調整。

75fe828c36f407b720a6013fde93f899

とうとうココまできました!

ほんまにほんまに長い道のりでしたよ

(^_^;)

そして次の日

車検のために高速に乗り検査場へ・・・

20110428110735

自分の番がきて検査ラインに突入!

ブレーキやらヘッドライトやら排気ガスやらをテスト。

なんの問題もなく全て一発で合格でした。

ちょっと拍子抜けしましたが

ブレーキを検査していたらお歳を召した検査官から

「いい整備してる!」とお褒めのお言葉をいただきましたよ!

(^_^;)

この仕事を20数年やってて初めて言われました。

何よりも修理屋冥利につきますね。

素直にうれしかったです (^^♪

そして

20110428110701

無事に車検にも合格し

スバル360は長い間待ちわびてるオーナーの元へ巣立っていきました。

(ToT)/~~~

昭和のニオイがたっぷりの「スバル360」

めっちゃかわええヤツですが

時はすでに「21世紀」

まともに走らせるようにコンディションを維持するには

小まめな「メンテナンス」も必要ですし維持費もかかります。

なによりも旧車の宿命?である

パーツにこれからもっともっと困るようになるでしょう。

(-_-;)

でも

オーナーが乗り続けるのであれば

あの手この手その手で修理して

なんとか

最後の最後まで走らせてあげたいと

オイラは

思うんでありんす!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク