スバル レガシィ(BG5) @ 燃料漏れは大変でした!【点検・修理&リフレッシュ!@大阪】

まいど!(^^)

今回は「燃料漏れ」のお話。

オーナーはご自分の愛車が燃料漏れをしているので何度も知り合いに

応急処置をしてもらって今まではお茶を濁してきたみたいなのですが・・・

ある日から燃料漏れが止まらず最終的にエンジンも始動しないようになり

わざわざ遠い場所にある店主のところへ救援依頼があり

レッカーにて運び込まれてきました。

秘密工場へ運び込まれてきましたのは

スバル レガシィ(BG5)でございます。

もう20歳を超えた立派に大人?なクルマであります(^^)

オーナーにお話しを伺ってみると

「車も古くなり流石に今回の故障でもうダメかと廃車も考えました。

だけどもし修理して直るのであればもう一度走りたい」

そうですかい、それじゃお望みどおり

復活させてやるべ~!(^o^)丿

まずは現状を確認するためにリフトアップ!

燃料パイプの部分が「パテ?」みたいなもので

固められているみたい。

点検していくとこの燃料パイプ、「燃料タンク」を降ろさないと

交換できないことが判りました(一一”)

コレは店主が思っていたより大仕事なんじゃね?

いやな予感が満載の船出です((+_+))

燃料タンクを降ろすには邪魔する物を撤去していかねばなりません。

まずはマフラー&センターパイプから

そしてペラシャフト&リヤデフを降ろしていくのですが・・・

(゜゜)?

リヤデフをマウントしてるナットがサビの為に原型をなしてません(゜゜)

ナットは新しいものに交換するので

SSTをば使ってチカラ技でなんとか緩めました(^^♪

降ろす前にデフオイルを抜いておきます。

スラッジたつぷり。

ペラシャフトを外してみるとデフのフロントシールからも漏れておりました。

コレも後で修理していきます。

リヤデフ脱着。コレが結構重いし

腰が悪い店主にはメチャ大変!(一一”)

この「T字」が曲者でしたよ( ゚Д゚)

あれやこれやを外したら

やっとのことで燃料タンクが無事に降りました(^^)

漏れた燃料パイプを外してみると・・・

何故か、三本あるうちの真ん中のメインパイプだけが錆びてアナーキー!

しかも燃料漏れを止めようとしたパテ?がパイプの中に入って

詰まっておりました(゜゜)

そりゃエンジンは始動しませんデス。

ということで早速、部品商に燃料パイプを注文!

ところが・・・

他のパイプは部品として在庫がありましたが

何故かこのメインパイプだけが「在庫無し」で「製造廃止」だと~

(+_+)

改めて見ると

ちぎれる一歩手前でした(゜゜)

仕方がねえので毎度恒例な「DIY?」にて燃料パイプを作製してみます

(^_^;)

いろいろと思案した結果、アルミパイプで製作してみました。

ホースの抜け止めを自作のパイプビードで作製(^^)

実際にエアーを放り込み漏れがないのをチェックします。

そして いい感じでパイプが完成したのですが

「何かこのアルミパイプ、頼りないな」と一抹の不安が店主を襲います。

しかもこのアルミパイプを組んで燃料タンクを車体に組んでしまうと

後から修正が全く出来ないことから

安定の肉厚のある「銅パイプ」で作り直しました。

しかしコレが大苦戦!

四苦八苦しながら時間をかけて試作を何本も作製して

やっと納得のいくワンオフ パイプが完成!

(^^♪

折角なのでサビたおしたパーツたちをお化粧しておきます。

もちろん燃料タンクもお化粧しておきます(^^)

カチカチなホース類もこの機会に新品に交換!

もう二度と降ろすことがないように?

燃料タンクに付随するパイプ&ホース関係は「全交換」しておきます。

作製したパイプを組み付けていきますが各部の微妙な曲がり具合に悶絶!(一一”)

「純正」ってよく考えられて作られてるのがよく判ります(^_^;)

なので微調整したり修正しながら

何とかカタチになりましたよ!(^^♪

ホース関係も新しいものに交換。

メチャ時間が掛かりましたが燃料タンクを載せる準備が出来ましたよ(^^)

サビの為に使い物にならないボルト&ナットも

新しくしましょう!

準備が出来たら

燃料タンクを合体!(^^)

ひと安心デス!(^^♪

作製した燃料パイプとホースを繋いでいきます。

折角なのでセンターパイプも耐熱塗料でお色直し(^^)

OK!(^^)

リヤデフのコンパニオンフランジ。

オイル漏れしてきてるのがよく判ります。

ロックナットは「激固着!」

フランジはプーラーが無いととても抜けないデス!( 一一)

やっと抜けた!

オイルシールがこんちくは!

新しいオイルシール

打ち込み完了!(^^ゞ

サイドシールも交換します。

サイドフランジを外し

シールをば打ち替えます。

左右共にシールを交換したら

フランジを組み付けて完成!(^^♪

慌てずにリヤデフを搭載していきます。

無事にリヤデフが載ったら

プロペラシャフトを組みます。

マフラーのガスケットを交換してから

お色直ししたセンターパイプをドッキング!

リヤマフラーもドッキング!

完成!(^^♪

今回交換したパーツたち。

同じく交換したネジ関係。

それではテスト走行へ!(^o^)丿

いい加速と独特の「ドロドロ音」を響かせながら

レガシィさまは快調に走ります。

長い年月を経た「BG5」ですが

キチンと定期的にメンテナンスをしていれば

まだまだ現役で走れますぜ!

(^^)

最終的に「燃料漏れ」がないのを確認しましたら

コレにて全ての任務が完了!(^^ゞ

長い間お待たせしましたオーナーにも大変喜んで頂きまして

こちらの苦労も報われましたよ(^^)

これからもしっかりとメンテナンスして頂きまして

末長く乗り続けて行ってほしいと思います。

それじゃ~またな!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

コメント

  1. 群馬U より:

    こんばんは。今回もスバラしい整備ですね! っていうか、部品を自作で、もう十分レストアの粋ですよね! ではまた! 

    • hakkocars より:

      群馬Uさま こんにちは(^^)

      今回はホント泣かされました(T_T)

      さすがにBG5も部品の欠品、製造廃止が多くなってきておりまして

      これから先が思いやられますが何とか対応していくしかないですね。

      ということで これからもよろしくデス!

      店主