旧車のブレーキ事情 @ ホンダ S800【ブレーキ修理&メンテナンス!】

今回の「町工場 奮闘記!」は

ホンダの「S800」でございます

このクルマも今年で「50歳!」(゜o゜)

オイラより「おにいさん」なのでアリマス!

今回は「ブレーキ修理」の為に入庫!

ブレーキホースですが・・・・・

img_9873.jpg

かなり劣化してきており、ゴム部分が切れておりました (>_<)

とりあえず

ブレーキホースを外します。

img_0018.jpg

こんな状態ですので完全にアウチ!(゜o゜)

しかし、ブレーキホースがすぐに手に入らないのでしばらくの間 放置プレイ。

ブレーキマスター

img_0066.jpg

ブレーキの踏み込みが少し深くなる?みたいなので

img_0023.jpg

マスターシリンダーをオーバーホールすべく脱着!(^^)

img_0024.jpgimg_0025.jpg

少しフルードが滲んだ跡があります

img_0027.jpg

とりあえず分解!

img_0028.jpg

シリンダー内はキレイだす(^^)

分解すると中からキチャナイ色したフルードが出てこられましたよ!(゜o゜)

シリンダー内径が19パイということなのですが・・・

img_0050.jpgimg_0051.jpg

実際に測定してみると「22パイ」もあり、

どうもオーバーサイズのピストンを奢られてるみたいで

それに合わせてシリンダーもボーリングされてる感じ。

img_0052.jpg

img_0053.jpg

純正ではないですがカップキットをゲット!(^^♪

これがないとオーバーホールが始まらない!

パーツを製作してくれた方々にほんと感謝デス!(^^)

img_0062.jpg

抜き出したピストン&カップ。

見た目にもヘタってる感じ (^_^;)

img_0063.jpg

こちらが新品のカップ。

張りがあってええ感じダス (^^♪

img_0064.jpg

内部を洗浄してから全てを組付け!(^^♪

img_0065.jpg

ドッキング!(^^)

img_0066.jpg

そして新しい「ブレーキホース」をばゲットしたので組みつけようとしたら・・・

img_0070.jpg

img_0014.jpg

このブレーキパイプのフレアーナットが逝かれており

ホースが組付け出来ません(゜o゜)

img_0016.jpg

そー言えば、この箇所のブレーキホースを外す時

メチャ固く締まっていたので

嫌な感じがしてたんですが・・・(+_+)

img_0072.jpg

実際にフレアナットを外してみたら「首」の部分が歪んでおり(ーー;)

img_0073.jpg

過大なトルクにて締め過ぎの為にフレアーが更に広がり(ーー;)

たぶん「漏れ」が止まらない為に更に締めこんでいったスタイル(+_+)

img_0074.jpg

そして、フレアーナットの頭の六角部分もナメ倒しており

工具で緩めるのも大変でしたよ(ーー;)

ホント、どこのどなたがされたのか?

知らないけれど「あんまりです」(+_+)

img_0290.jpg

フレアーナットだけ交換しようと思いましたが

元のブレーキパイプの寸法がギリギリ足らず(+_+)

img_0289.jpg

結果、泣く泣くブレーキパイプを抜き出しましたさー

「コレ トテモ トテモ 大変アルネー!」(+_+)

img_0291.jpg

普通は車体に付帯するものを出来るだけ外した状態にしてから

新しく作製したブレーキパイプを這わすのですが

今回はかなり厳しい(>_<)

泣き事を言ってても何も始まらないので

現物合わせでブレーキパイプを作るべし!(^o^)丿

img_0292.jpg

パイプをフレアさせたら新しいフレアーナットを装着!(^^♪

img_0294.jpgimg_0293.jpg

ブレーキホースを装着。

新しいフレアーナットだと手でもスルスル締まっていくとです (^^♪

img_0298.jpg

四苦八苦しながらエンジンルーム内の障害物を避け

img_0297.jpg

パイプを這わしては曲げ、曲げては這わし(^^♪

img_0299.jpg

何度か調整して一番良いところでドッキング!(^^♪

ブレーキパイプが無事に完成!(^^♪

リヤブレーキは漏れもなく特に問題なさげなので

ブレーキフルードをきっちり抜き替えたら

img_0322.jpg

テストドライヴ!(^^♪

img_0323.jpgimg_0324.jpg

エエ感じになったと思いますぜ!(^^)

img_0318.jpg

工場へ戻ってきたら最終チェック!

img_0325.jpg

特に漏れもなさそうですので

img_0342.jpg

これにて全ての作業が完了!(^^ゞ

待ちわびるオーナーのところへ無事に旅立ってゆきました!(^^)

img_0343.jpg

ある程度の年月を経て「旧車」と呼ばれるクルマたちが

いろんな「規制」で雁字搦め?な今の世の中にあっても

まだまだ現役で走っているのを見る度に

オーナーとメカだけでなく

そのクルマを生かすためにパーツを製作してくれる「人」の存在が

「不可欠」であることをいつも思います。

オイラは「モノ作り」の人ではないので

いろんな機械を使って 一から「モノ」を製作される職人さんに

とても憧れますし うらまやしい(^_^;)

「旧車」そして「旧車予備軍」等

クルマの世界も今後ますます「高齢化」していくことを鑑みると

更に「モノ作り」の技術が必要になると思います!

(^^)

ということで

今回の「町工場 旧車奮闘記?」はココまで!

それじゃ~ またな!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    イタじま@福井さま お元気そうでなにより(^◇^)
    旧い車を維持されるのはほんと大変ですね!
    もし燃料ポンプが逝ったら「外付け」の社外ポンプ?
    をつけましょう~!(^^)

  2. イタじま@福井(E-ABだよ より:

    いや~
    実に興味深いっ!
    そして感動しました~!
    もし、プレリュードの燃料ポンプが逝ったらお願いねっ!
    (どうやって運ぶのさっ;

  3. 店主 より:

    あれっくすさま こんちくは!(^^)
    まさかパイプ作るハメになるとは・・・(^_^;)
    ほんと色々と「旧車」って大変ッス(ーー;)

  4. あれっくす より:

    てっきりブレーキホースを作るのかと思ったら、そっちを作ったんですか???
    おやびんご苦労様でした。
    なかなか古い車の維持も大変ですよね。
    これからも、頑張って延命作業頑張ってください!