はたらく車シリーズ!@(ダイハツ ハイゼットS320V&S200P)【車検と車の修理@東大阪!】

今回登場するのは

お仕事の「足」にレジャーの「お供?」にと

大活躍の「ダイハツ ハイゼット」シリーズでございます。

(^^)

どちらも「車検」でお預かりしましたが

「はたらく」お車だけあって結構 酷使されております

(^_^;)

まずは

ダイハツ ハイゼットカーゴ(S320V)です。

走行距離は「120,000kmオーバー」。

ブレーキの「ヤレ」が顕著なのでリフレッシュ!

フロント

リヤ

「ドブ漬け」します。

キャリパーのシールです。

これが傷むと「ピストンの戻り」が悪くなったり

ブレーキフルードが漏れてきたりします。

キャリパーの構成部品です。

左側が新品の「シール&ブーツ」。

組付け完了!

このタイプのリング式はなんか今にも外れてきそうで

ちょいと怖いです(実際は大丈夫ですけど・・・)

(^_^;)

スライドピン

結構カジッてますが細かい目のペーパーを当てて対処します。

キャリパーのオーバーホール完了!(^^)v

ローターも交換です(右:新品)

パッドもブレーキホースも交換すればスッキリ!(^^)

完成であります。

(^^)v

お次は

ダイハツ ハイゼット トラック(S200P)でございます

「ツインカムエンジン」搭載のにくい?ヤツです。

走行は50,000kmほどなんですが

常に重いものを積んで走ってるのでところどころヤレてます。

(^_^;)

オーナーからは

「悪いところはないと思うのでエコ整備で」と言われましたが

「エコ整備ってなんや?」とひとり考えながら

早速点検していきましょ~!

(^^)

エンジンルームを点検しているときにあることに気づきました。

ラジエターの「サブタンク」に水がありません(゜o゜)

ラジエター本体のキャップを開けてみるとやはり水が減っており

水漏れの「可能性 大」です(^^)

下から覗くとクーラントが漏れた跡を発見!

なので

テスターを使ってクーリングシステムに圧力をかけます。

しばらくそのままの状態で放置しておきますと・・・

ボトボトと漏れてきましたよ(^^)v

ウォーターポンプからでほぼ間違いありません。

すぐにオーナーに連絡して「エコ整備を推奨して頂いたのですが、エンジンから水漏れが

あります。どうされますか?」とお聞きしたら「それはヤバいので修理してください」と

ご納得していただいたので(笑)

ドンドンとバラしていきます

気持ちよく漏れてました(^^)

ウォーターポンプが見えていますので脱着が簡単そうに思われますが

交換するにはタイミングベルトを外さないと無理です

ウォーターポンプを外したところ。

「ウォーターポンプ」&「タイミングベルト」の組付け

ついでに「オイルシール」と「サーモスタット」も交換!

ベルトを張ってクーラントを入れて完了です。

そして

この車をピットへ移動しようとしたらなんかクラッチがおかしい。

即オーナに連絡!

オーナー「そういえば加速した時に回転が突然上がる時があるわ!」

オイラ「それクラッチ滑ってます、アウトです」(ーー;)

オーナー「え~!ほんまかいな!それやったら仕方がないな修理してくれ」

オイラ「精一杯、エコ整備させていただきまふ」(笑)

ということで「修理続行!」でございます(^o^)丿

ミッション脱着

意外と中はキレイです。

レリーズベアリングはゴリゴリでした。

カバーをはずします。

フライホイールです。

外した「クラッチディスク」と「カバー」

クラッチディスクのフェーシングが減って

この「リベット」がツライチになったらアウト!なのですが

完全に削れてます。限界突破です(笑)

よくこんな状態で荷物載せて走ってたもんです。

クラッチカバーもガリガリくんです。

クラッチ3点セット

クラッチオーバーホール時はミッションを降ろすので

「ケチらず」に交換してください。

でないと後で必ず「泣き」をみますぜ!

折角なのでミッションもキレイに洗浄。

たっぷりグリスを塗りましてベアリングをセット!

SSTを使用しまして芯出しして

クラッチディスク&カバーを組付けます。

そして

ミッションを載せりゃ~完成です!

(^o^)丿

よく「どこも悪いところはない!」って豪語する

お客さんの車に限って

悪いところだらけのような気がします(笑)

今回のような「はたらくクルマシリーズ」は

日々お仕事にて酷使されてますので

当然

クルマへの負担も大きくヤレるのが早いように感じます。

それと

このS200Pのオーナーが言った「エコ整備」。

オーナーの思惑とは「うらはら」に

車にとっては「やさしく」、懐には「きびしい」結果となりましたぜ!

(^^)

今回

全てお客様のお望みどおり?

キッチリと修理致しましたので

これでこれからもしっかりと稼いでくださいな!!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク