オーバーヒート その後に!@ ダイハツ ムーブ(L175S)【点検&診断!】

「ゴールデンウィーク!」

「突入」してる人もいない人も、お疲れさまでござりんす(^^ゞ

オイラはコレといって予定はないんですが

日々、酷使して悲鳴をあげてる「ボディシステム」を

この機会にゆっくりと休めてあげようと考えております(^_^;)

クルマも同じで日々、便利に使っていると知らず知らずのうちに

「酷使」されていきますので

何か少しでも「異変」を感じたら決して無理をせずに

出来るだけ早く点検してやってください。

さすれば

「大難」が「小難」に 「小難」が「無難!」に

なることでございましょうや(^^)

img_9267.jpg

ダイハツ ムーブ(L175S)であります(^^)

走行中に水温の「赤いランプ」が点灯!(゜o゜)

「オーバーヒート」の為、オイラの秘密工場へ緊急搬送でございます(^_^;)

img_9270.jpg

サブタンクには冷却水がありませんでした(゜o゜)

やばいかも?

オーナーに問診時、「エアコンが冷えない?」

「ラジエターの電動ファンが回ってないみたい?」と聞いておりましたので

テスターにて電動ファンを「強制駆動!」

結果、チョロチョロしか回らず(ーー;)

ラジエターの電動ファンのモーターがご臨終が確定デス!

しかし

ヒートした原因は判りましたが

オーバーヒートはエンジンに深刻なダメージを残すことがあるので

img_9272.jpg

本当はココからがオーバーヒートした後の「大事」なところ!(`´)

img_9273.jpg

エンジンを始動させて「ヘッドガスケット」が抜けていないか?

もしくは「シリンダーヘッド」が歪んでいないか?

運命の分かれ道であります!

img_9275.jpg

診断した結果、

このクルマは幸いにもオーナーが直ぐにオーバーヒートに気づいて対処したので

エンジンは助かったみたいでした(^^)

img_9276.jpg

それと他に水漏れがしていないか?

テスターで圧力をかけて調べておきます(^^)

img_9417.jpg

一連の「点検」&「診断」作業が終了しましたので

コレから修理作業を開始します

(^o^)丿

img_9418.jpg

邪魔するものは全て撤去していきましょう(^^)

img_9419.jpg

分解中!

img_9420.jpg

分解中!

img_9421.jpg
img_9423.jpg

ラジエターはそのままにして

img_9424.jpg

電動ファンだけを抜き出します(^_^;)

img_9425.jpg

オーバーヒートした時は「サーモスタット」も必ず交換します。

img_9426.jpg

サーモスタットがこんにちは!

img_9427.jpg
img_9428.jpg

新品のファンモーターとサブタンク!

img_9429.jpg

(新品)

img_9430.jpg
(故障品)

気のせいか、ファンモーターの形状が変わっていましたよ!(^^)

img_9431.jpg

サブタンクも劣化しており見にくいので交換しておきます。

img_9432.jpg

装着!

img_9434.jpg

クーラントを注入してエア抜きしておきます。

img_9435.jpg

オーバーヒートした時は出来ればエンジンオイルも交換して頂きたいところ(^^)

img_9436.jpg
img_9437.jpg

エンジンを温めて規定の水温で電動ファンが回るのを確認!

img_9439.jpg

あとは

img_9440.jpg

テスト走行へレッツゴー!(^^♪

img_9441.jpg
img_9443.jpg
img_9445.jpg

オーバーヒートすることもなく問題も無さそうなので

これにて一件落着!(^^♪

待ちわびるオーナーにも無事に納車させて頂きました!(^^)

ということで

みなさま、来たる「黄金週間」をゆっくり ゆったり ゆらゆらと

心ゆくまでご堪能くださいませ!

それじゃ またな!

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. いつも愛読しております。ムーヴコンテカスタムRS乗りのカクシカおじさんです。たいへん参考になる整備記事ありがとうございます
      
      
    ダイハツのラジエターファンですが、トラブル多発とのことで延長保証されていました。それと同時にラジエターファンも品番変更されました。私は15万km走行時点で不安になり、自分でファンシュラウドごとファンを新品交換しましたが。

    また冷却水リザーブタンクをファンシュラウドに固定するところのボルト1本と、背面のオイルクーラーチューブをシュラウドに固定するボルト1本、この2ヶ所のボルトの固定方法が欠陥ともいえる構造で、熱と融雪剤でボルトがとても固着しやすく、以前リザーブタンクのボルトを取り外すのにファンシュラウドのほうを破損してしまいました。
      
    現在はワコーズのスレッドコンパウンドを必ずボルトに塗布してから固定しますので、固着はなくなりましたがここの部分は厄介です。

    コストダウンのためなのか各社針式水温計は不要とばかりに無くなり、赤いランプの高水温警告灯にとって代わっておりますが、新型車解説書や整備書を何度読み返しても、このランプが何℃で点滅・点灯するのか記載されておりません。ちなみに黄緑色の冷水温警告灯は50℃で消灯します。

    以前、真夏に群馬の草津温泉に行く長い上り坂でかなりの負荷をかけて走行し、水温が一瞬110℃になりましたがランプは点かなかったです。ということで私の車は新車購入直後から、OBDⅡから情報を得るピボットの針式水温計を取り付けました。

    私のコンテRSの場合は、純正の温度センサーが102℃になるとラジエターファンが稼働します。