スバル レガシィ(BH5) @ エンジンの故障修理&ATF交換【車検&整備@東大阪】

ハーイ!(^o^)丿

「春」が来たのか?来てないのか?わからない毎日だけど

オイラは相も変らず

「首」や「腰」が痛くてリハビリに通う毎日です(+_+)

巷じゃ「卒業式」があちらこちらで行われているけど そういう場面を見る度に

オイラの頭の中には「卒業~だけが~♪理由でしょうか~♪」の歌詞が

ぐるぐる、ぐるぐる走馬灯のように駆け巡ってる(^^♪

ということで

本年何かを「ご卒業」された皆様、おめでとうでございます!(^^)

新たなる次のステージで御活躍されることを祈念致しまして

それじゃ今回も始めるぞ~!

(^o^)丿

img_8637.jpg

スバル レガシィ(BH5)であります!(^^)

img_8638.jpg

ご依頼は「エンジンのハンチング」「燃費の悪化」「水漏れ」「異臭」そして

「ATFの交換」でございます(^_^;)

まずは

img_8639.jpg

圧力をかけて水漏れを点検。

しかし全然漏れがわからないのでこのまま2日ほど放置プレイ!(^^)

img_8665.jpg

そして胃カメラで隈なく「冷却水関係」を探っていると・・・

img_8673.jpg
img_8667.jpg

やっとクーラント漏れを発見!(゜o゜)

img_8663.jpg
img_8664.jpg

水漏れはインタークーラー下にあるヒーターホースからみたいでした。

とりあえず「増し締め」で様子見デス!(^_^;)

img_8722.jpg

お次はエンジンの「ハンチング」と「燃費悪化」。

この2つはリンクしていると思われますので

まずはこちらの動画をご覧あれ!(^^)

エンジンが「ブァ~ン ブァ~ン」とハンチングして排気ガスも臭いです(+_+)

img_8741.jpg

とりあえずISCを外してみたらこってりと「煤」が溜まっておりました。

出来るだけキレイにしてスロットルボディも洗浄。

img_8730.jpg

ついでに「点滴」もしてみました。

img_8723.jpg

排気ガスを測定すると・・・

img_8744.jpg

数値的にもアウト!(+_+)

間違いなく何かがおかしい。

img_8743.jpg

データーを見てみると「O2センサー」がリッチ側(濃い)へ張り付いており

ECUは必死に補正をかけてますが全く追いつかず(+_+)

これじゃ「燃費」も悪化して当然!

一瞬「O2センサー」が怪しい?と思いましたが実際に回転を上げてみると

キチンと働いていたのであとは「エアフロ」じゃね?

修理書では基本電圧がアイドル時で「1~1.7V」とかなりアバウトで

このクルマの数値もその範囲内ですがオイラは全く信用してません(笑)

img_8748.jpg

外して目視点検!

img_8753.jpg

エアーが通る箇所にベッタリと吹き返したような跡があります。

img_8754.jpg

キレイに洗浄してみると感知する金属部分が腐食?みたいな感じになっており

ますます怪しい(゜o゜)

img_8758.jpg
img_8757.jpg

洗浄したエアフロを取り付けると更に症状が酷くなりました(+_+)

ほぼ確定ですね!(^_^.)

img_8800.jpg

新品のエアフロセンサー

img_8804.jpg
img_8808.jpg

ドッキングしてキーON!(^^)

img_8811.jpg
img_8815.jpg

エンジンを始動すると・・・

img_8818.jpg

「ハンチング」もなくなりアイドリングも安定!

勿論、O2センサーもお仕事されるようになりましたよ!(^^)

これで燃費の悪化も改善されることでしょう!

(アイドリングが安定した様子です。動画をご覧くださいまし!(^^♪)

次に「異臭」ですが

いくつか原因があるのですが一番はタペットカバーを止めているボルト部分の

「シールワッシャー」から漏れてきておりました。

img_8877.jpg

新品のシールワッシャーを用意。

img_8878.jpg

これを交換していきます。が結構めんどい。

img_8883.jpg

特に左バンクは・・・(+_+)

img_8884.jpg
img_8879.jpg
img_8880.jpg

組付け中!

img_8882.jpg
img_8885.jpg

全数交換しました(^^)

ついでに


img_8889.jpg

ISCのOリングも交換して装着!

img_8886.jpg

そして「ATF」の交換をします。

前回の交換時から「4万km」程走行しております(^^)

img_8890.jpg
img_8891.jpg
img_8892.jpg
img_8895.jpg
img_8896.jpg
img_8897.jpg

それなりに汚れてます。

img_8899.jpg

分解中!

img_8900.jpg

剥いだオイルパン

img_8904.jpg
img_8906.jpg

思ったより「銀粉」も出てませんでした(^^)

ATFの交換は「4~5万km」位で「ストレーナー」と

同時交換がいいと個人的には思います(^^)

img_8907.jpg

オイルパン内をキレイに洗浄して

img_8909.jpg

そして「お約束」な地味でめんどい(+_+)

液体ガスケット剥がしの時間デス。

img_8913.jpg

OK!

img_8914.jpg

そして更に地味でめんどくせ~(+_+)

ボルト達の液体ガスケット除去作業です(+_+)

img_8915.jpg
img_8902.jpg

ストレーナー

img_8911.jpg
img_8912.jpg

外したストレーナーもそんなに汚れていませんでした(^^)

img_8917.jpg

でも必ず新しいストレーナーに交換します。

img_8918.jpg
img_8919.jpg

本体側の液体ガスケットも剥がせたらストレーナーを装着!

img_8925.jpg

オイルパンを組み付け!

img_8926.jpg
img_8928.jpg

隠されたところに鎮座しておりますATF用フィルターも交換。

img_8927.jpg

一昼夜ほど放置したら

img_8939.jpg

独自のATFの交換方法にて

img_8940.jpg

AT内部に残っている古いATFをドンドン抜いていきましょう!(^^)

img_8945.jpg
img_8946.jpg

最終的に漏れがないのを確認出来たらOK!

img_8947.jpg
img_8955.jpg

エンジン&ATの調子を診る為にテスト走行へ行きましょう!

img_8958.jpg

いい感じです(^^)

img_8962.jpg

工場へ戻って来たら

img_8963.jpg

排気ガスの測定!

img_8965.jpg

ノープロブレム!(^^♪

img_8959.jpg

各センサーたちも「いい仕事」してます(^^)

img_8966.jpg

ピットにて下まわりのチェック!

img_8967.jpg
img_8968.jpg

ATFの漏れもないようですので

img_8721.jpg

コレにて全ての任務完了!(^^ゞ

待ちわびるオーナーにも無事に納車させて頂きました!

これからも

「ドロ ドロ ドロロ~ン」と水平対向エンジン独特の音を奏でて

楽しんで頂きたいと思います(^^♪

ということで

今回の「町工場 奮闘記 涙の卒業ver」はココまで!

それじゃ またな!

(^o^)丿

うぃーす!(^o^)丿 キレイだった「桜」の花びらもさっさと散りまして 新緑あざやかな5月になりました(^^) みなさま、...

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

シェアする

フォローする

コメント

  1. 店主 より:

    群馬Uさま お気遣い頂きましてありがとうございます。
    まだまだ痛くて重い物を持つのもチカラの必要な作業も出来ない状態です (+_+)
    今まで随分無理もしてきましたので
    時間をかけてゆっくりと治していきたいと思っております(^^)

  2. 群馬U より:

    腰、大丈夫ですか?