失速? @ スバル レガシィ(BL5)【エンジン不調修理!】

ちぃーす!(^^ゞ

11月下旬からこの12月に入り猛烈にお仕事に追われておりますが

悲しいことに前回の「ギックリ腰」に始まり、「頭痛」「歯痛」がプラスされ

現在は「風邪」のオーラ?まで纏うようになり「三重苦」ならぬ「四十苦」

じゃなく「四重苦」!

僭越ながら「ヘレンケラー」を超えましたよ!(ーー;)

ということで
img_6985.jpg

スバル レガシィ(BL5)でございます(^^)

「西の彼方」からの来訪です!

img_6988.jpg

現在の走行はええ感じの190,000kmほど!

オーナーからのご依頼は

「走行している時に加速したり坂を上るときにアクセルを踏み込むと失速するんです。

それが段々と酷くなってきたので修理して欲しい!」とのことでした。

OK! それじゃ いくベイベー(^o^)丿

img_6986.jpg

エンジンはNAの水平対向であります。

とりあえずアイドリングは安定してます。

img_6991.jpg

エンジンのエラーコードは特になし。

なので

img_6989.jpg

排気ガスを測定!が 無問題 (^_^;)

img_6990.jpg

AFセンサーやO2センサーを診ても無問題。

他のデーターを見てもコレといったヒントもなし(ーー;)

img_6993.jpg
img_6996.jpg

オイラ的にはたぶん「失火」だろうと推測。

この車、珍しく「プラグコード」があるタイプなので

エンジンスコープをセットして点火波形を見てみます(^^)

img_6999.jpg

ケーブル等をセットしているその時に「あること」に気がついた!(゜o゜)

プラグに刺さるゴム部分が通常は乾いているのに・・・

img_7002.jpg

片バンクの1気筒だけが何故か湿っている?

もすかして?と思い引っこ抜いてみると・・・・・

img_7001.jpg

「ドバッー!」とオイルが漏れてきましたぜ!(゜o゜)

img_7004.jpg

エンジンオイルの「プール」に浸かっていたプラグコード。

たぶん失火の原因はコレでしょう!(^^)

本来はこんな感じでカラッとしてます(^^)

img_7008.jpg

反対側のバンクにも湿ってるのを発見!

img_7009.jpg

キャップを抜いたら同じようにオイルがドバッーと垂れてきましたよ(゜o゜)

img_7010.jpg

早速 オーナーに点検&診断の結果報告したら修理作業 続行デス!(^o^)丿

img_7193.jpg
img_7201.jpg

べちゃべちゃダス (^_^;)



img_7287.jpg

プラグコードだけ交換しても再度「オイル漬け」になりますので

根本的に「オイル漏れ」を修理しなけりゃなりませぬ。

img_7292.jpg
img_7291.jpg
img_7290.jpg

タペットカバーを剥いだところ。定期的にキチンとオイル交換されてるみたいでキレイです!

(^^♪

img_7295.jpg

このプラグホールのオイルシールが今回の元凶です。

img_7294.jpg
img_7298.jpg

タペットカバーのガスケット関係。

全てカッチカチでシール効果は限りなく「ゼロ!」

img_7297.jpg
img_7296.jpg
img_7301.jpg

変形ロボ

img_7300.jpg

右バンクのガスケットはパリンパリンで割れましたよ (^_^;)

img_7299.jpg

イリジュウムプラグの電極部分が減ってました。

img_7304.jpg
img_7303.jpg

左:新品

img_7307.jpg

両バンクのプラグコードが湿っていた気筒のプラグだけが電極が減ってました。

オーナーは失速したまま乗り続けてたみたい?デス(^_^;)

img_7310.jpg

折角なのでフィラーパイプのOリングも交換。

img_7313.jpg

カチカチ山のブローバイホース

img_7312.jpg

キレイにしてから

img_7314.jpg

ガスケットを組付け!

img_7315.jpg

ドッキング!

img_7316.jpg

右バンク

img_7317.jpg

左バンク

img_7318.jpg

おニューのプラグコード


img_7320.jpg

おニューのブローバイホース

img_7321.jpg

合体!

img_7323.jpg

合体!

img_7324.jpg

全て組付けたら

img_7325.jpg

ドドーンと

img_7329.jpg

テスト走行へ!(^^)

img_7330.jpg

アイドリングも安定してるしアクセルを踏み込んで加速しても

「失速」しません!(^^♪

img_7331.jpg

最終点検!

img_7332.jpg

各部から「オイル漏れ」がないのを確認したら

img_7333.jpg
img_7334.jpg

コレにて全ての作業が完了!(^^)v

img_6984.jpg

「西の彼方」にて待ちわびるオーナーにも無事に納車させていただきました (^^)

ガスケットやパッキンにOリング、各ホース関係等の「ゴム部品」が自動車にも

かなり使用されていますが

年月が経てば今回のように「パリンパリン」の「カチンカチン」になり

思わぬ故障やトラブルを引き起こしたりします (ーー;)

なので これからも

ながーくクルマを乗り続けるのであれば

そのメーカーに「部品」があるうちに

出来るだけ交換しておいたほうがいいと

ことあるごとに

オイラはオーナーにお伝えてしておりマス!

でわでわ!

(^^ゞ

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>