ダイハツ ハイゼットカーゴ(S320V)@ 異音修理(ハブベアリング交換)【車検と車の修理@東大阪!】

ある日のこと

「ハンドルを切ったらカタカタカタッ?と変な音がするので点検してください」と

ご依頼頂きました(^^)

お車はダイハツ ハイゼットカーゴ(S320V)であります(^^)

オーナーによくよくお話を聞いてみますと

「通常走行時には音はしないのだけど駐車場とかでハンドルを切って

バックしたりすると結構な音が鳴るんです」とのこと。

なので

近所にある秘密の「パーキングテスト会場」にて

何度も何度も気が遠くなるくらい車庫入れしてみると

「カリカリカリッ!」と運転席の下くらいから聞こえてきました(゜o゜)

たぶんこの音だと判断したので

早速リフトアップして調べます。

すぐに異音の原因を発見!(笑)

なんと泥除けを取り付けるプラスティック製のクリップがどこかへ旅立った為に

ハンドルを切ってバックした時だけタイヤと泥除けが干渉していたみたいです(^_^.)

やれやれと思いオーナーに連絡!すると

「ドライブシャフトのブーツが破れてるのでついでに修理して下さい」と

言うではありませんか(^_^;)

見ると過去に「分割式」のブーツで修理されてたみたいですが

パックリと割れてグリスが散乱してました(^_^;)

折角なので今回は「分割式じゃない」純正のブーツを使います。

まずは


修理作業の基本、邪魔するものは全て撤去!

そしてドライブシャフトを抜きにかかりますが・・・

全くビクともせず(>_<)


重いですがとりあえずハブ付きで抜きました(ーー;)

ここから「あの手この手奥の手」をフルに駆使しましたが

それでも全くビクともせず(+_+)

どうもドライブシャフトとハブのスプライン部分ががサビで完全に固着しているみたいで

油圧プレスで押し込んでも全くビクともしませんでした(T_T)

おまけに



フロントのアッパーマウントからも異音がしていたのでストラットも脱着!

ストラットは分解するとして

ドラシャとハブはどうしようもないのでオーナーと要相談(^_^;)

数日後、

オーナーから「中古」の足回りが差し入れされました(^_^;)

ドラシャの方は「リビルト品」で対応です。

しかしこの足回り、「ボルトオン!」とはなりませんで


一番肝心なスプライン部分だけじゃ飽き足らず、そこら辺が「サビ」だらけです(+_+)

しかも

ハブベアリングが「ゴリゴリ」でご臨終ですよ(T_T)

たぶん、どこぞの原っぱに「野ざらし」放置プレイだったのでしょう。

いくら何でもあんまりです(T_T)

泣き言を言っても前には進まねぇので作業を続行します。

見れば見るほど酷い有様。

ハブベアリングは交換、ハブ本体は再利用する算段ですが・・・




抜けたハブに「お約束」のレースが残りまして案の定コレが抜けない(+_+)

仕方がないので出来るだけキズをつけないようにレースに切り身を入れていって

縁を切って外します(^_^.)

ナックル

ナックルからハブベアリングを抜きます。

コレで一応、全部分解しました。

この時点で既にオッサンは汗だくでグッタリしています(+_+)

兎に角この「サビ」をどげんかせんといかんので



ブラストで飛ばします


だいぶキレイになりますたよ!(^^)

ついでにボルト関係もキレイにしましょう。

サビ止めの為に少しお化粧します(^^)

プレスを使って

新品のベアリングを圧入!

その後にハブも圧入します!

差し入れの中古ストラットAssy

ストラットを分解!(^_^.)

アッパーマウントやベアリング、スプリングシートなどの消耗品を全て交換して


組み付けしたら完成!(^^)

やっとココまできました。

お次は


デフのオイルシール


打ち替え!

エンドブーツ

きちゃないグリスを洗浄してから

新しいエンドブーツを組付けます。

ロアアームのブーツ

グリスがチョコレートみたいになってました(^_^;)

新しいロアブーツに交換。


差し入れのドライブシャフト!


ドッキング!

サビていたバックプレートも組付け

やっと様になってきました(^_^;)



全て組付けたら完成です(^^)


一番最初の「異音」の原因を忘れてました(笑)

コレにて全ての作業が完了!(^^ゞ

納車時にこのハイゼットカーゴのオーナーにだけは今後の為になる?

「オッサンの四方山話し」をお伝えさせて頂きましたよ!(^_^.)

ということで

やっとのことで オッサンの「長ーい」一日が無事に終わりを告げました

(^^)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせ下さいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    Rotarycoupeさま こんばんわ。

    まだ旧車とまではいきませんが(笑)

    でも 再利用(リサイクル?)は ボルトオンならリーズナブルでGOOD!ですが 今回みたいに 思った以上に手間がかかることもあります。

    私も「アイドリングストップ車」 未だ馴染めません(^_^;)

    太古の昔から「男はMT」と決め付けてきましたが
    最近は「男もAT限定」が多いみたいですね(-_-;)

    「MTに乗れる女性」ですか いいですね!
    是非これからも乗り続けてくださいませ!

  2. Rotarycoupe より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ここまでくると、修理じゃなくて旧車再生みたいです。

    私のように、アイドリングストップに馴染めない人は少なくないと思います。古いMT車を再生するだけで、それなりの需要はあるかと。MTに乗れる女性はカッコ良い、なんて言われたこともありましたね。

  3. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    てんてんさま ありがとうございます

    持ち込みも新品ならまだいいですが 中古は・・・・・(T_T)

    でも もったいないので これからも 使えるものは

    使いたいと 思っておりますです。(^_^;)

  4. てんてん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    なるほどね!と言う目で見てました。
    持ち込み部品は手間が掛かるんですね、でも見事です。
    これこそ修理だと思います。