ダイハツ ハイゼットカーゴ(S320V) @(オイル漏れ修理・4WD修理)【車検と車の修理@東大阪!】

オイラが

汗だくだくの「ヘロヘロ」になった前回の作業から

数ヵ月後のこと(^_^;)

今度は「エンジンからオイルが漏れてるので点検してください」と

シルバーなアイツが「I‘LL BE BACK」

もう会うこともないと思ってましたが・・・(笑)

再度、ご来店でございます(^_^;)

そうダイハツ ハイゼットカーゴ(S320V)であります。

とにかく何も考えずに直ぐに「リフトアップ!」

ハイッ!エンジンオイルが漏れてます(゜o゜)

しかも気持ちいいくらい漏れてます(笑)

一見、エレメントから漏れているように見えますが


どうも更に奥にある「オイルクーラー」から漏れてる感じ。

なので

なんの躊躇もなく「ドーン!」と外しましたぜ(^_^;)

これが件のオイルクーラー。

Oリングが「カチカチ」で「ペッタンコ」でした(^^)

そりゃ漏れますね(^_^.)

当たり面を少し研磨して新品のOリングを合体!

ブロック側の当たり面も少しキレイにしてからOリングを交換!

パイプのガスケットも交換。

ドッキング! (^^)

オイルエレメントも組付けて

エンジンオイルを注入してオイル漏れが無いのを確認したら

一丁あがりでゴンス!(^o^)丿

「フゥ~」、やれやれと思いオーナーに連絡すると・・・

「実はこの間、あるところで4WDに切り替わらず危ない目にあったんです」

「ついでに点検してくれませんか」とのこと。

「マジか~!ハイゼット」(^^)

「お前さんは何でそんなに周りの人を困らせるねん」(`´)

工場の片隅で一人、そんなことを喚いてる素敵なオイラを見た

近所の人たちや通りすがりの人たちからは

「あのおにいさん、とうとう・・・」と完全に変人扱い(ーー;)

ということで、それじゃ早速始めましょうぞ!

このハイゼットくん

ボタンひとつで「4WD」に切り替わる「パートタイム4WD」なんであります。

なのでスイッチ関係を調べましたが無問題!

となると

思ったとおりバキュームホースが抜けてました(^_^;)

たったコレだけで「4WD」に切り替わらないのです。

よくあるのですが意外に気づかないもんです(^^)

原因がわかったところで

パキパキになったバキュームホースたちを交換していきましょう。

基本、バキュームホースは元の長さに合わせてカットしていきます。



全部組み付けてから「恐る 恐る」スイッチを押すと、

「ガッッキーン!」という感じで4WDに切り替わりました.

「う~ん、気持ちええ!」(^^)

コレでやっとハイゼットカーゴさまとお別れ出来る(笑)

そして

全ての作業が完了しましたのでオーナーに無事に納車できました!

さようならハイゼットカーゴ!

(^^)/~~~

しかしこの世にクルマってやつがある限り

オッサンの熱い闘いは

まだまだ終わらないのであった。

(完)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    カガさま コメありがとうございます。

    「差し入れ」についてですが(笑) 
    メーカー純正品じゃない優良部品やリビルト品等は探せばネットで安く?売られていることもありますので こちらへ修理を依頼されるオーナーには 好きなほうを選んで頂いてる次第であります。只、オーナーがパーツを用意出来ないのであればこちらで用意することも可能です。

    よろしくお願いします 

  2. カガ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    よく拝見させていただいております
    修理部品がオーナーからの差し入れがおおいのはそのほうが安く済むからなのでしょうか?もし自分で用意できないときはそういった部品探してもらうこととかも出来るのでしょうか?いきなりで恐縮ですが教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします