パワステフルードを交換してみた!@ スバル レガシィ(BP5)【点検&メンテナンス!】 

まいど!(^^)

暑いのか?寒いのか?よくわからね気候のココ@大阪!

みなさま、お元気でしょうか(^^)

服装も重ね着したりTシャツに短パンの「完全常夏?」仕様だったり

クルマを運転してもエアコンを付けたり消したり

窓を開けたり閉めたりと忙しいったらありゃしねぇ((+_+))

そんなこんなで

「町工場 ふんとうき!」

今回もはじめるぞ~!

(^o^)丿

スバル レガシィ(BP5)であります!(^^)

パワステフルードの交換で入庫デス!

お約束?なカバークリップ欠損。

かなりの確率で旅立たれておりんす(笑)

カバーを外して準備にかかります。

(゜o゜)

サブタンクの水位がLOWレベルより下がっておりました。

水漏れした跡がないので

とりあえず注水して様子見します(^_^.)

「ついでに?」というには程遠いプラグ交換の追加依頼(笑)

しかもこのタイプは「エアーポンプ」が付いており

更に作業性の悪さをアップさせてくれてますぜ!(ーー;)

邪魔するものは全て撤去!コレ定説。

外したプラグ。

メチャ締まっており緩めるときにいつもヒヤヒヤします(ーー;)

プラグのチビリ具合を見ると出来れば5万ケロくらいで交換希望。

スバル車共通?なIGコイルのボルトのサビ!

コレも固く締まっており、毎度毎度ヤル気を削いでくれます(ーー;)

やっと「片バンク」完成!(^^)

もう片方のバンクもプラグ交換。

新品プラグ(右側)と比べるとよくわかるのだ!(^^)

プラグ交換が無事に終わったら

本題の「パワーステアリングフルード」の交換作業に移りましょう!

ラック本体から

古いフルードを抜きます。

かなり汚れておりますな!(^^)

パワステのポンプ

漏れてるポンプを取り外し

カチカチに仕上がったリターンホースは要交換!

 

タンク内の汚れを出来るだけ綺麗に洗浄します。

ココ トテモ 大事アルゼ!(^^)

かなり汚れております。

かなり洗浄しましたよ!(^_^.)

マウントから切り離し

差し入れのポンプをばドッキング!

ガスケットは必ず交換しましょう!

リターンホース

ポンプを組付けてホースも配管したら

新しいフルードを注入!

後はエンジンを始動してしっかりエアー抜きを行います。

エアーが抜けたら規定量に合わせ

テスト走行だべ~(^^)

工場に戻ってきてフルード漏れが無いのと

ステアリングを切った時に違和感が無いのを

確認出来れば

コレにて全ての作業が完了!(^^♪

待ちわびるオーナーにも無事に納車させていただきましたぜ!

(^^)

パワステポンプを交換される場合、

ポン付けで「交換」するのではなく

配管およびタンク内の洗浄がとても大事です。

チェンジャー等の機械任せじゃなく

アナログ的で確かに手間と時間はかかりますが

手間をかけただけクルマは必ず良くなると

オイラはいつも思っております。

ということで

今回はここまで!

それじゃ またな!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク