エアコンの点検&修理 @ ホンダ ステップワゴン(RG1)

先日、いつも仕事中に流している「FMラジオ」のDJ様が

「さぁ~、今日からゴールデンウィークも後半戦に突入ですね」と

チカラいっぱい叫んでるのを聴いた店主は

「後半戦って・・・。こっちはまだ休みにも入ってないぜよ!」と

一人 工場の片隅にて心静かに作業しながら呟いておりました(ーー;)

そんなこんなで「ゴールデンウィーク」。

お休みが長ーい人も短い人も、はたまた「休みなんかあるかい!」って人も(笑)

「家族サービス」「旅行にBBQ」「映画にドライヴ ツーリング!」or お仕事に

せっせと励んでもらいましょう!

それじゃ今回も自動車のエアコンの「点検・診断・修理」を始めるぞ~(^o^)丿

img_6951.jpg

ホンダ ステップワゴン(RG1)でございます。

img_7092.jpg

現在の走行距離は「96,000km」ほど。オーナーに症状をお聴きしてみますと

「エアコンを入れて最初は効いているのですが、暫くすると全く効かなくなるんです」と

そして中古車の「販売業者」の紹介で「エアコンの点検&修理」をしてもらおうと

その修理業者のところに持っていたのですが・・・。

「ガスが減っているだけで問題ない」とガスチャージだけでされて返されたそうです。

img_6979.jpg

img_6977.jpg

それじゃカーエアコンの点検を開始していきましょう。

まずはマニホールドゲージを接続してガス圧を調べます。

確かにエアコンをONにして暫くの間はよく冷えています

img_6988.jpg

しかしオーナーが言ってたとおり突然、急にエアコンが切れてしまいました。

確かにこれじゃ真夏は熱すぎて乗れたもんじゃねぇです(ーー;)

img_6977.jpg

ガスも減ってるようなので一度「真空引き」してから規定量のガスと蛍光剤を投入!

img_6976.jpg

定番の低圧パイプのチャージバルブから漏れてきてましたよ(゜゜)

img_6985.jpg

そして本命のエアコンが切れてしまう故障を探求!

ガス圧をずっとチェックしていると大体の原因が判りました。

どうもコンプレッサーの圧縮不良みたいですね。

このステップワゴンのコンプレッサーは

img_6994.jpg

オルタネーターの下側あたりに鎮座しており結構面倒です。

img_6995.jpg

脱着中!

img_6997.jpg

分解中!

img_6999.jpg
img_7000.jpg

脱着したコンプレッサー。ツインエアコンなので

大きくて結構重いですがなんとか外しましたよ(*´з`)

パイプ内も粉が廻ってないみたいで良かった!

よく粉が廻ったままで「コンプレッサーだけ」を交換するのを

見聞きしますが悲しい哉、必ずまた逝ってしまいます(ーー;)

エアコンシステムが「全滅」になるその前にキチンとトラブルシュートが

出来るところで点検&診断&修理をしてもらって下さいませ!(^^)

分解中!

img_7004.jpg
img_7001.jpg

コンデンサーも脱着!

img_7002.jpg

コンデンサー横にある「リキッドタンク」なるフィルターを同時交換します。

コレ大事です(^^)



img_7008.jpg

新品のリキタンです。

最近はコストの関係からかコンデンサー&リキタンの一体型が多く

「コンデンサーAssy」交換のパターンが普通みたいになってますが

このステップワゴンはリキタンだけの交換が可能でした。

とりあえずホンダ、ナイスです!(^^)

img_7010.jpg

Oリングも必ず交換!

img_7013.jpg

ドッキング!

img_7014.jpg
img_7019.jpg

車体に組み付けます。ちなみに

img_7011.jpg

新品

img_7012.jpg

使用済み。23gほど重くなってました。

img_7015.jpg

オーナーからコンプレッサーの差し入れが届きましたので

img_7016.jpg

早速 組んでいくぞ!(^^)

img_7022.jpg

Oリングを交換してパイプも合体!

img_7024.jpg

あとはファンベルトを張ればOK!

漏れていたチャージバルブも交換したら

img_7026.jpg

時間をかけて真空引き。これがとても大事!(^^♪

img_7028.jpg

この状態でしばらく放置しておきます。コレもとても大事(^^♪

img_7031.jpg

時が来たらじっくりと慌てずガスチャージしていきましょう。

img_7038.jpg
img_7037.jpg
img_7041.jpg

このステップワゴンは「ツインエアコン」ですので

この時点でフロント&リヤのブロアーファンを全開状態にしてテストしてます。

img_7061.jpgimg_7067.jpg

寒い~(>_<) これだけ冷えれば全く問題ないのですがこれは工場内での数値なので

実際はその日の気温や走行状態、まわりの状況によっても変わります。

肝心なのは「カーエアコン」も「家庭のエアコン」も「冷やして」ナンボのもんです。

img_7072.jpg

テストコースにて実走してエアコンの実力を試します。

img_7070.jpg

この日は車が多く敢えて渋滞気味のところや信号待ちで

フロント&リヤともに「Dレンジ・MAXCOOL・ブロアーファン」全開でテスト。

img_7081.jpg

充分涼しいです (^^)

img_7083.jpg
img_7084.jpg

走行すると更に温度が下がり寒いゾーンに突入!(゜゜)

このまま走り続けると後部座席の方々が寒すぎて風邪を引いてしまいます(笑)

勿論、これだけ冷えれば大丈夫でしょう。

img_7115.jpg

ということでコレにて全ての作業が完了!(^^ゞ

ステップワゴンのオーナーにも無事に納車させて頂きました。

これから本格的に「エアコンの夏」がやってきます。

車内で「熱中症」になるその前に

適切なカーエアコンの「点検」&「診断」&「修理」にて

涼しく快適な「夏」をお過ごし下さいませ!

それじゃ またな!(^o^)丿

 

予防整備は大事デス!@ ホンダ ステップワゴン(RF3)
ステップワゴン(RF3)の予防整備作業をご紹介。オーナーのご依頼によりラジエター&ウォターポンプの交換・オルタネーターの交換等 特に悪くはないのですがリフレッシュ作業をさせて頂きました

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント