O2センサー交換 @ ダイハツ ハイゼットカーゴ(S200V)  

車検の為、ダイハツ ハイゼットカーゴ(S200V)をお預かりしました。

キッチリと「点検&整備」してタイヤを付けてリフトから下ろし移動させようと

ンジンを始動したその時でした「ぶる ぶる ぶるっ」とアイドリングが突然上下に振り出し

しかも回転も低く安定しません(゜゜) 先程までエンジンをかけて冷却水関係のエア抜きを

しており全く問題がなかったのに・・・

まさかオレンジ色の「チェックランプ」が点灯!(゜゜)

早速テスターにて調べます。

すると前側と後側の2個の「O2センサー」が異常だと?(゜゜)

突然のトラブルに涙しかないです(T_T) しかし泣いてばかりいられませんので

とりあえず本当にO2センサーがダメなのかを調べます。

テスターにて排気ガスを測定!

CO7.5/HC 700って・・・ _| ̄|○

このクルマの排気ガスの基準値は「CO2.0/ HC 500」

ですので完全にアウト!(>_<) 更に調べると

フロントO2センサーが全く動いておりません。コレにてO2センサーの故障が確定(ToT)

ちなみにO2センサーは結構なお値段がします。しかも一度に両方逝くなんて悲しすぎる(ToT)

追加修理のため、この車のオーナーにコトの顛末を話しセンサーを交換しないと

排気ガスのテストで引っかかり車検に合格しない旨を伝えますと

お決まりのセリフ「どこも悪くなかったのに云々・・・」(ーー;)

このお言葉を聞く時が一番堪えます。でもこちらもどうしようもないので

とにもかくにも了承をいただいて作業を再開!

フロント

ススだらけ。

リヤ

こちらもススけてます。

外したセンサーを測定。

フロントは完全に断線。

リヤもメガΩと抵抗過大。ということでやっぱりアウチ!((+_+))

新品のO2センサー

組み付けたら

フロント&リヤセンサーともに正常に作動!

あらためて排気ガスを測定します。結果は

数値はグッと下がりエンジンのアイドリングも安定致しました。

おかげさまでコレにて無事に車検にも合格。突然の故障でチョイとびっくりしましたが

終わりよければ全て良しってことで(^^;)

めでたし めでたし!

 

開けてびっくり!@ ダイハツ ハイゼットカーゴ(S321V)
ハイゼット(S321V)の車検&整備時にリヤブレーキがデフオイルに浸かっておりました。原因はリヤのシャフトシールからのオイル漏れだったのでアクスルシャフトを抜いて修理させて頂きました。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント