こんなこともあるんです @ スバル サンバー(KV3)【点検&修理!】

ある日の昼下がり、

「走行中にエンジンが止まってしまい始動出来ないので点検&修理して貰いたい」との

ご依頼がありましたので早速レッカーにて秘密工場まで運び込まれて来ましたのは

スバル サンバー(KV3)でございます。

img_3143.jpg

可愛いい顔した27歳でございます(^^)

このくらいの年式になってくると修理というより

ほぼ「レストア」みたいな感じになってきますね(笑)

このサンバーさまをレッカーしてきたお兄さん曰く

「セルは一応回っているので、たぶんタイミングベルト切れだと思われます」

とのことですので今回も「町工場 奮闘記!」

はじめるぞ~!(^o^)丿

img_3124.jpg

とりあえず「関係者」皆さまがお帰り遊ばされてから(笑)

一人孤独にひっそりと「故障探求」の旅に出るのデス(^^♪

img_3125.jpg

しばらく放置しておきましたら、何やらキチャない液体が床に落ちてきました。

何気によく見てみると「冷却水」でしたよ!(゜o゜)

img_3144.jpgimg_3126.jpg

一年くらい前にタイミングベルトが交換されていたみたいで

「タイベル交換したぜ!シール」が貼られておりました (゜o゜)

しかし、そんなに簡単に「タイミングベルトが切れる?」とは思われず

もう一度サンバーのオーナーに詳しくお話しを聞くことに・・・(^_^;)

すると

タイミングベルト交換時にお店の人がウォーターポンプを交換しておらず(゜o゜)

タイミングベルトだけしか交換していないことが判明!(゜o゜)

原因はそのあたりにあると推測!っていうか

そこしかねーだろ!(笑)

img_3147.jpg

まずは現在のエンジンの様子を伺うために圧縮を測定します。

img_3149.jpg

一番は少し低い(ーー;)

img_3150.jpgimg_3152.jpg

2番と3番はOK!(^^)

img_3155.jpgimg_3156.jpg

4番は完全に圧縮が足らず「アウチ!」(+_+)

確かにこれじゃエンジンは始動出来ません(+_+)

img_3157.jpg

最悪の場合「シリンダーヘッド」をオーバーホールすることを前提に

オーナーに了承頂いてから作業開始デス(^o^)丿

img_3158.jpgimg_3228.jpg

まずはタイミングベルトを確認します。

img_3229.jpgimg_3230.jpg

クランクプーリーが固くて抜けません(+_+)

img_3231.jpgimg_3232.jpg

プーラーを使って抜きましたが

img_3233.jpgimg_3234.jpg

プーリーの中はサビだらけ(+_+)

img_3235.jpgimg_3236.jpg

クランクシャフトもサビでベッタリですが

それよりもなんかケース内外がベトベトしてます(゜o゜)

img_3238.jpgimg_3239.jpg

タイミングケースを開けてみたら何かの粉と固形物が溜まっており

明らかに異常事態デス(゜o゜)

img_3241.jpg

おぞましくヘドロなケース裏(゜o゜)

img_3242.jpgimg_3245.jpgimg_3246.jpg

そして思っていたように「タイミングベルト」は切れておらず

よく見るとカムプーリーとケースとの「合いマーク」が

かなりズレておりました。

エンジンの「圧縮抜け」はこれが原因なのでは?(゜o゜)

img_3247.jpg

そして

何故に「プーリーの合いマーク」がズレたのか?

それを知るためにタイミングベルトを外してみると・・・

img_3248.jpg

(゜o゜)?

img_3249.jpg

タイミングベルトの背面が擦れて溶けて(゜o゜)

その溶けたゴムが歯のほうへ流れ込み、カムプーリーのギヤ山を

ジャンプ↑(>_<)

結果、タイミングがズレてエンジンが始動不能になったと

いうことが判明しました(ーー;)

img_3251.jpg

そして更に「タイミングベルト」の背面が擦れて溶けた原因が

img_3252.jpg

この真ん中にある「ウォーターポンプ」が焼きついてロックした為でした(ーー;)

ほんとタイミングベルトと「同時交換」してたら無事に済んだかもしれない(ーー;)

img_3265.jpg

たしかこのエンジンはタイミングベルトが切れてもバルブを突かないはず?と

いうことを思い出しましたが、もしかしたらと思い「胃カメラ」で覗いてみましたよ!

(^_^;)

img_3266.jpgimg_3267.jpgimg_3268.jpg

画像左上側にあるのが「バルブフェイス」でクラッシュした跡もなく、

クランクを回すとちゃんと作動しており、圧縮上死点でもピストンと干渉しません。

これで「シリンダーヘッド」を剥ぐ必要もなくなりました(^^)

img_3278.jpg

原因も分かったことなので作業を開始していきます!(^^♪

img_3279.jpgimg_3280.jpg

あまりにキチャないので強力洗浄中!(^^)

img_3281.jpgimg_3282.jpgimg_3283.jpg

ウォーターポンプを外します。

img_3284.jpgimg_3285.jpg

ウォーターポンプは完全に「ロック状態」(゜o゜)

img_3286.jpg

img_3287.jpg

クランクシール。交換された様子はないのですが何故か

黒のシール材が塗られてます(゜o゜)

img_3288.jpg

こちらはカムシール。もちろんカチカチに硬化してました(ーー;)

こちらもタペットカバー付近にべったりと黒いシール材が塗られてましたよ(+_+)

img_3289.jpgimg_3290.jpgimg_3291.jpg

カムシャフトのサビも出来るだけ落とします。

img_3292.jpgimg_3293.jpg

カムシール打ち込み!

img_3294.jpgimg_3295.jpg

クランクシール打ち込み!

img_3299.jpgimg_3300.jpg

取り付け面をキレイにしたら新しいウォーターポンプを組み付けます(^^♪

img_3301.jpgimg_3303.jpgimg_3304.jpg

クランク&カムギヤ部分にタイミングベルトが溶けた「カス」が焼き付いており

コレが結構取れない(+_+)

img_3305.jpgimg_3306.jpg

新しいタイミングベルトを張ればいい感じになりましたよ(^^♪

img_3307.jpgimg_3308.jpgimg_3309.jpg

ケースカバー等を元に戻していけば完成です(^^)

img_3311.jpgimg_3312.jpg

プラグも交換。

img_3315.jpgimg_3316.jpg

エンジンオイル&ドレンパッキンも交換し

img_3317.jpg

オイルエレメントも交換します(^◇^)

img_3318.jpg

ファンベルト等を張りましたら

img_3319.jpg

「水漏れ」の状態で走っていたので予防的?にサーモスタットも交換しておきます。

img_3320.jpg

ケースを止めてるボルト。

サビて固着しておりました(+_+)

img_3321.jpgimg_3322.jpg

サーモスタット

img_3323.jpg

全部組付けたらクーラントを注入!(^^)

img_3324.jpg

そしてエンジンが無事に始動したのを確認!(^^ゞ

あとは「アイドリング」や「水温」が安定するまで

各部の「漏れ」や「異音」等がないか?

じっくりとチェックしていきます(^^♪

img_3326.jpg

img_3327.jpg

img_3328.jpg

そして準備が整いましたら いざテスト走行へ!(^^♪

img_3446.jpg

このサンバーさま、スーパーチャージャー付きなのでよく走りますぜ!(^^)

img_3449.jpg

img_3453.jpg

絶好調~!(^^♪

img_3411.jpg

秘密工場に戻ってきて最終チェック!

特に問題もなさそうなのでコレにて修理作業が完了!(^^ゞ

待ちわびるオーナーにも喜んでもらえて無事に納車となりました!

(^^♪

そして数ヶ月後・・・

img_3880.jpg

再び あの娘がやって来ました(^^)

今回は「定期点検」のご依頼デス。

エンジン関係は前回に作業しておりますので

ブレーキ関係を点検していきますと・・・

img_3881.jpg

リヤブレーキ点検中!

img_3883.jpg

ホイールシリンダーが片方はフルード漏れが有り

もう片方は内部がサビで固着してるみたいで完全にアウチ!(゜o゜)

img_4023.jpg

img_4024.jpg

逝かれたシリンダーを外し

img_4025.jpg

Newのシリンダをドッキング!(^^)

img_4028.jpg

こちらは漏れ漏れ(゜o゜)

img_4029.jpg

こちらはサビてピストンが固着しておりました(ーー;)

img_4031.jpg

反対側も同じように交換したらブレーキを調整します。

img_4032.jpg

あとはブレーキフルードを各部からキチンと抜き替えるだけ!(^^♪

img_3461.jpg

ということでコレにて全ての作業が完了!(^^ゞ

これでまだまだ暫くは乗れると思います。

ずいぶん手間が掛かりましたが(笑)

またお会い出来るのを楽しみにしておりますぜ!(^^♪

それじゃ~またな~!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク