オイル漏れには御用心(前編)@トヨタ カローラ レビン(AE111)

春なのに~♪ お別れですか~♪

ということで世の中にとうとう「春」が到来したようでございます!(^^)

冬の寒さが長く厳しければ尚更、暖かい春の到来がめちゃ嬉しい!

中にはいろんな「理由」で春がキライな人もいらっしゃるかもしれねぇが

店主は誰よりも「春」が大好きだ~!

ということで今回も始めるぞ~(^o^)丿

img_1987.jpg

トヨタ カローラ レビン(AE111)でございます。

名機「4AーG」に「5バルブ」ヘッドを積んだマシーンです。

img_2399.jpg

走行は20万kmを少し超えたところでしたが

オーナー曰く「オイル漏れがしているので点検して貰いたい」との依頼でしたので

早速点検していきますとエンジン周りがオイルで「ベトベト」になっており

しかもエンジンを始動した瞬間に秘密な工場の床に「ボトボトボトッ」と

すごい勢いでオイルが漏れてきましたよ!(゜゜)

「こりゃダメだわ!」

他にも漏れてそうな個所がある為オーナーに「どうします?」と尋ねてみますと

「修理してください!ついでにタイミングベルトの交換と後・・・」

とのことですので急遽,緊急入院することになりましたよ(^^;)

img_2026.jpg
img_2028.jpg

リフトアップして何度も洗浄。まだかなりの漏れたオイルが残ってます(゜゜)

img_2035.jpg

大量に漏れたエンジンオイルがこのフロントパイプにかかり

メチャ焼けた「匂い」がしてきて堪らなく臭いっす(+_+)

img_1988.jpg

まずは「20万km突破記念」でもあるタイミングベルト交換と

オイルシール打ち替え作業から始めてみます。

img_2113.jpg
img_2114.jpg

タイミングベルトがこんちくわ!(^o^)丿

img_2227.jpg

ヘッドカバーを外してみると・・・

img_2230.jpg

こんがり焼けた「日サロ」仕様になってました(笑)

つくづくオイル交換は大事なんだなと思う今日この頃。

img_2233.jpg

分解中!

img_2237.jpg
img_2238.jpg
img_2240.jpg

クランクプーリーを脱着するのに毎度のことながらサビがまわっておりまして

なかなか抜けずかなり難儀しましたよ(+_+)

img_2249.jpg
img_2255.jpg

タイミングベルトとご対面!

img_2256.jpg

しかしウォーターポンプのプーリーが外れません(*_*)

img_2258.jpg

クランクギア

img_2261.jpg

コチラもこの状態から抜けません(ーー;)

img_2265.jpg
img_2266.jpg

クランクのギアがやっと抜けた!ここもサビに侵食されて中々抜けませんでした。

img_2267.jpg
img_2269.jpg

ウォーターポンプ脱着!

img_2270.jpg

ウォーターポンプ裏にある水パイプ。クーラントの漏れた跡がありました(゜゜)

img_2274.jpg

この矢印の個所にはこの短い「水ホース」が刺さるのですがとても作業しにくい(ーー;)

だけど後々のことを考えると敢えて同時交換を推奨します。

img_2275.jpg
img_2276.jpg

カムシール。想定していた通りに漏れてきておりました(゜゜)

img_2278.jpg

古いカムシールを抜き取るのですが

img_2279.jpg

コレが「パリンパリン」の「カチカチ」で中々抜けず(ーー;)

しかもオイルシールのカス?ヘッド側に残って全然取れません(>_<)

前回のタイミングベルト交換時にカムシールを交換していないような感じです。

img_2294.jpg

あの手この手でカムシールの残りを除去!そして新品のカムシールを打ち込み。

矢印の「Oリング」も同時交換しないと後で漏れてきて必ず後悔しますぜ!

img_2289.jpg

古いシールを抜き取り

img_2292.jpg

新しいクランクシールに打ち替え!

img_2291.jpg

これが泣かされたオイルシールたち(ーー;)

img_2304.jpg

さっきのカムシャフトのところのOリング。視力検査みたいです(笑)

img_2307.jpg

Oリング交換!

img_2298.jpg

サーモケースは花満開!

img_2300.jpg

ウォーターポンプの取り付け面をキレイにしてから組み付け!

img_2301.jpg

新品の「水ホース」も合体!

img_2308.jpg

どんどん組み付けていきましょう(^^)

img_2231.jpg

ブローバイも詰まり放題のきちゃないタペットカバーもキレイにしましょう(^^)

img_2241.jpg

まずはお風呂を沸かします。

img_2246.jpg
img_2252.jpg

入浴させるとキチャないのがどんどん剥がれていきます(^^)

img_2263.jpg

かなり「長風呂」でしたがブローバイの通路もきれいになりましたよ!(^^♪

img_2309.jpg

新品のガスケットを装備したら

img_2310.jpg

ドッキング!

img_2311.jpg

タイミングベルトを組み付けて調整します(^^)

img_2318.jpg
img_2319.jpg

タイミングケースのオイルでふやけたパッキンも全部交換!

img_2321.jpg
img_2329.jpg

元通りに組み付けていきます

img_2326.jpg
img_2327.jpg
img_2328.jpg

オイルレベルゲージのOリング。何度も言いますが視力検査ではないデス(^^;

img_2325.jpg

エンジンマウントを組み付けたらタイミングベルト&シール関係の修理は完了!

まだまだやりたいとこですがとりあえず今回はココまで!

ということで次回へと続きます(^o^)丿

 

オイル漏れには御用心(後編) @ トヨタ カローラ レビン(AE111)
カローラ レビン(AE111)の前回のつづきです。とめどなくエンジンオイルが漏れてくる原因は「オイルクーラー」の劣化したOリングからでした。折角なので今回はブレーキも修理しておきます

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント

  1. 店主 より:

    加賀さま まいどです!
    4AG+5バルブ+4スロは ほんまにいいですね!
    もうこんなパッケージで世に出てくることはないでしょうね(^_^;)
    修理で預かる車たちを診る度に オイル交換の
    サイクルが長いのが目に付きます(^_^;)
    なので オイル関係は
    出来るだけ キチンと交換してほしいモンス!(^^)  

  2. 加賀 より:

    ヽ(*’0’*)ツ ワァオォ!!名機ですね。回りもよくてないすなエンジンでした。あちきも101のってました~いい車だったな~( ̄▽ ̄)。o0○
    ほんとオイル交換は何はなくても重要ですね。うちも4000サイクルでなるべくやってますテヘヘッ(*゜ー゜)>果たして続きはどこがもれてるのか?きになります。パワステホースとかもありそうワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワク