スバル レガシィー(BH5)@ チェックランプ点灯(ノックセンサー不良)【車検と車の修理@東大阪!】

ある日のこと

「メーターの中のチェックランプが点灯したんですけど」と

お電話を頂きました(^^)

詳しくお話を聞くと「チェックランプが点いたり消えたりしてるけど

エンジンは別に何ともなく普通に走れているんです」

とのことでした。

早速、オイラの工場の方へ来て頂きましてテスターにて点検してみますと

「ノックセンサー」がダメだぜ!って教えてくれました(^_^;)

なので一旦 消去(^^)

コレで走って頂いてまた同じトラブルコードが出たら

ほぼ「ノックセンサー」に間違いないということでご了承頂きまして

お車を一度返却(^_^;)

それから暫くして

「またチェックランプが点灯しました。同じように点いたり消えたりして

メチャ気になるので修理をお願いします」とあらためてご依頼いただきました

(^^)

今回のマシーンは

スバル レガシィー(BH5)でございます。

まずはもう一度テスターを繋いで点検してみます。


やっぱり「ノックセンサー」が記憶されてました。

診断の結果、ほぼ間違いないと思いますので早速作業を開始しましょう!

(^^)

見慣れた「水平対向エンジン」でございます(^^)

その「ノックセンサー」ですが有難いことに

とてもとても、とてーも深い場所におられます

(^_^;)

何とか「最短・最小限」の労力でノックセンサーの交換が可能にならないか?

いろいろ考えながら作業をしてましたがかなり現実は厳しそうです

(+_+)

インタークーラーを外します。というか外さないと出来ない。

インタークーラーを外すのだけでも一苦労です(+_+)

ミドリの矢印のところにセンサーがあるのですが

ヒーターホースやパイプが邪魔をしてほぼ見えません(ーー;)

結局のところ、ある程度ヒーターホースやパイプを抜いたりズラしたりしないと

センサーのトコロへもアクセスすら出来ず・・・。

新品のノックセンサー

やっとのことで取り出した「ノックセンサー」。

スロットルへ吹き返してきた?ブローバイが滴ってか知りませんが

ベタベタのドロドロ。配線はカチカチだし

しかも心なしか「膨らんでる?」感じがします。

こりゃダメだわ(+_+)

取り付けるのもひと苦労(ーー;)

エンジンのブロックへドッキング!

しかし、わざわざこんなに作業のやり難いところへ設置しなくても

もっと他にスペースがあるだろうに・・・。

ホンマ、これを設計したやつに目の前で作業させてやりたいですわ!

(`´)

カチカチのホース

ブヨブヨに膨らんだホース

外したヒーターホースやバイパスホースたち。

長い年月をかけて熱に晒されふやけてサイズが1,5倍くらいになってましたよ(笑)

オイラ的には気になるので目に付いたところは出来るだけ交換しておきます。

(^^)

全てのホースも組替えたら

元のように全部組み付けて

冷却水を注入。

エンジンを始動させたらオーバーヒートさせないように見張ります(^^)

そして

秘密のテストコースにて最終チェック!

「チェックランプ」が点灯しないのを確認!

もう一度テスターをつないで最終点検!

問題なさげなので

コレにて全ての作業が完了です(^^♪

待ちわびるオーナーには少しだけ気になったことをお話しさせて頂きまして

無事に納車となりました。

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

hakkocars@gmail.com

もしくは

06ー4308ー4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク