車検&タイミングベルト交換 @ ダイハツ タント(L350S)

前回「エンジンの不調」を修理したダイハツ タント(L350S)。

その数ヶ月後に予定通り「車検」にて再入庫しました。

距離的に少し早いですが遠方なこともありオーナーと協議の結果、

この機会にタイミングベルトの交換や他の気になるところも

「一気にやりましょう」ということに決定!

ということで早速スタートです(^o^)丿

作業がし易いように分解していきますぜ。


ケースを外せばタイミングベルトがこんちくわ!結構タイミングベルト弛んでました。

オートテンショナーじゃないので仕方がナイですね。

「開けてビックリ玉手箱」じゃないですけど分解してみた結果良かったかも(^^)


ウォーターポンプ脱着。

本当はローターヘッドだけの交換でいいんですが・・・。

「お約束」ですが純正のガスケット&Oリングを使って交換します。

ウォーターポンプの当たり面をキレイにしてから

新しいウォーターポンプを組付けます。


カムシールの打替え


クランクシールの打替え

どちらのシールも硬化して「カチカチ」で抜くのが大変でしたよ(ーー;)


タイミングベルトをキチンと張って元に戻していきます。


「エンジンマウント」を交換します。実はこのタント「Dレンジ」や「Rレンジ」に

シフトすると「ガタガタガタッ」と とても不快な振動が発生しておりました。

折角の機会なので修理してしまいましょう。

右サイド


新品のエンジンマウント

こんな感じで

組付けます。

続いて反対側のマウントも交換します。

左サイド

脱着!

新品のマウント(右側)

古いマウントは切れてきておりました。

こちらは新品のエンジンマウント。

ドッキング!

そして最後はリヤのマウント。これがメチャやり難い(>_<)

固定してるボルトもメチャ固いしスペースがないのでほんとに大変です(>_<)


何とか脱着!

(右:新品)

いろんな技を使って外しましたよ(ーー;)

やっとのことでドッキング!見た目よりもほんとに大変。

しかしこの「エンジンマウント交換」の効果は絶大で

あの不快な振動はほとんど消え去りました。

まだ少し固いですがもう少し走り込んで馴染めば更に良くなると思います(^^♪


ブレーキ関係でございます。フロントのブレーキパッドがかなり減ってましたが

先にハンドルを切る度に「バキバキバキバキ!」と鳴るのを修理していきます。


足まわりを分解中!

左右のドラシャ抜きました。


抜きにくそうなデフシールをどうしようか少し迷いましたが


やっぱり先のことを考えて打替えましたよ。

リビルトのドライブシャフト。


ドライブシャフト組付け。

そして

フロントブレーキローター&パッド

コレだけ減ってました。

フロントブレーキOK!

リヤブレーキ分解。

リヤのライニング組替え作業。

ホイールシリンダーをオーバーホールして組付けていきます。

サイドブレーキの調整及びブレーキフルード入れ替え!

後は

元通り組付けていけば

タントさま 復活!(^^♪

ヘッドライトの調整作業

かなり「上向き」でしたので調整したら

光度がかなりアップ!(^^♪

反対側のヘッドも調整すると


ご覧のとおり良い結果となりました。

生憎の雨でしたが外へテスト走行へ行きました。Dレンジでの信号待ちでも

不快な振動はほとんど無く交差点でハンドルを切ってもあのバキバキ音は消え

天候が回復してから再度テストしてみてもアイドリングもOK!

アクセル全開しても無問題。ブレーキもイイ感じ!

そして車検にも無事に合格したところで

これにて全ての作業が完了です(^^ゞ オーナーには引き渡しの時に

「今現在、発見した不具合は大体は修理しましたので次回からは気になる

「アレとコレとソレ」を段階的にやっていくといいかもしれません」と

お話させて頂きました。

手を掛けたクルマたちが一つずつひとつずつ仕上がって調子が良くなっていくのを

毎回見る度に店主も思わず嬉しくなるんです。

でわでわ(^^♪

 

エアコン修理 顛末記➁ @ ダイハツ タント(L350S)
タントのエアコン修理です。冷えないのはコンプレッサーの圧縮不良と診断。しかし外したコンプレッサーからは金属の粉が。コンプ・コンデンサー・エキパン&エバポ交換のエアコン全滅パターン確定。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント