タイミングベルト交換&オイル漏れ修理!@ ニッサン バネットトラック

ここのところ寒さが堪える毎日ですが皆様、如何お過ごしでしょうか。

店主率いる秘密な工場は冬の間はずっと「極寒!」(ーー;)

手足が悴んで仕事をするのも億劫になります。しかしどんなに世間が寒くても

「世の為」「人の為」「生活の為」今日も店主は頑張るのです。

ということで今回もスタートするのです(^^)

「お仕事に」「引越しに」「デート」や「旅行に」

大活躍のニッサン バネットトラックであります(^^)

実はマツダのボンゴくんのOEM車であったりもします。

今回10万km突破記念でもある「タイミングベルトの交換」と

オイル漏れの修理のご依頼でございます。

今も昔も相も変わらずキャブオーバー車は作業性悪いです(ーー;)

キャビンが跳ね上がってくれりゃメチャ楽なんですけどね。

取り敢えず邪魔するやつらを片っ端から取っ払いましょう。


ラジエターを脱着

ドンドン外していくとやっとのことで

タイミングベルトとご対面!意外といろんなところが干渉したりしてやり難い(ーー;)


クランクの「合いマーク」を合わせるのですが何度やってもカムプーリーの

「合いマーク」が半コマほどズレます(゜゜) とても精神的によろしくないです。

どんどんと作業していくのですが


エンジンオイルでジャジャ漏れ&コテコテです(゜゜)

たぶんオイル漏れの原因であろう「タペットカバー」のガスケットを交換します。

ところでこのタイプの車両、結構 漏れてるのではなかろうか?

「設計の問題」か若しくは「材質」のクォリティか?

真偽の程は店主にゃ分かりませんが・・・。

最近じゃほとんどのクルマがオイルや冷却水が漏れてきても「アンダーカバー」で

ワンクッション置くので漏れの発見が遅れる傾向にあると思います。

いつも言うように「大ゴト」になるその前に是非とも定期的に点検してください。

カバー脱着

キレイなカムシャフトまわり。見ていて気持ちがいい!(^^)

エンジンオイルを定期的に交換している結果がこういうふうに形になって現れます。

「新車」から何年か乗ったらすぐに乗り替える人には全く関係ないでしょうが(笑)

クルマを「長~く使い続ける」人には定期的なオイル交換は必須だと思います。

 

タペットカバー。見たとおりコテコテです。

出来るだけ洗浄してみましたよ

内部は問題なくキレイですが表のコテコテの油汚れはなかなかに強固!

ガスケットを交換したらドッキング!終わったらタイミングベルト関係に戻りましょう。

 

ところが、なんということでしょう!

クランクギアが噛み付いて抜けません(>_<)

プーラーで何とか抜きましたがかなり大変でしたよ。

オイルが滲んでいたクランクシールを

抜き取って洗浄!

そしてクランクシールを打替えました。同じようにオイルが滲んでいたカムシールも

抜き取ってキレイに洗浄してから

新しいオイルシールに打替えます。

ウォーターポンプを外して

当たり面をキレイに均してから

新しいウォーターポンプを組付けます。

タイミングベルトを組付けたら張りを調整するのですが

何度か組み直してはみましたがやっぱりプーリーの「合いマーク」は

半コマずれた状態でした。よくわかんね(ーー;)

 

ファンクラッチを組み付けようとした時、何故かプーリーを止めるナットが回りません。

おかしいと思いよくよく見てみると

スタッドボルトが微妙に歪んでる?そういや緩める時に「なんか固いな」とは

思ってましたが・・・(ーー;)

 

新品のスタッドボルトが単品補給でありました!

 

SSTを使って脱着していきます。

 

左側が新品のスタッドボルト。見比べると明らかに歪んでるのが判ります。

全て組替えましたら完成!(^^)

そしてエンジン始動!オイル漏れがないのが確認出来ましたら完成です(^^ゞ

コレでこれからもガンガンお仕事にお使い頂きたいと思います。

ということで今回はココまで!

それじゃ またな!(^o^)丿

 

オイル漏れを修理する@ニッサンバネットトラック(SK82TN)
バネットトラックのオイル漏れ修理です。漏れの原因はリヤのクランクシール及びエンジンのオイルパンからでした。AT&オイルパンを脱着。シールを交換したり液体ガスケットを塗り直して完治です。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント