エアコンの修理で快適に!@ 三菱デリカ スペースギア(PD6W)

ここんとこ夏に向かってジリジリと「暑さ」が増してきており

店主たち「メタボ族」にはとても辛い季節になってきました(^^;)

それと同時に自動車のエアコン修理も増えてくるのが世の常であります。

入庫してきたのは三菱 デリカ スペースギア(PD6W)でございます。

遡ることちょうど一年前に「エアコンが冷えない」とのことでご来店。

カーエアコンのシステムを点検&診断した結果、

少しガスが減っていたので「ガス漏れ」があることをお伝えして

エアコンガスと蛍光剤を注入して様子を見てもらうことに・・・。

そして今年になって

「またエアコンの効きが悪くなったので診てほしい」とご連絡を頂きました。

詳しくお話を聞くと

「フロント側は冷えたり冷えなかったりしてリヤだけが冷えている」とのこと。

またオーナーは少しばかしメカに詳しい方なので

「なにかフロントの温度センサーがダメになったんじゃないか?」とご指摘いただきました。

早速、お車を預かり点検&診断作業を開始していきます。

このデリカ スペースギアはフロントとリヤに別々にエアコンシステムがある

「ツイン エアコン」です。まずエンジンをかけてエアコンをON。

フロント側&リヤ側共にブロアー全開にしますがオーナーが言ってたとおりフロントからは

温い風しか出てこずリヤからは冷たい風が出てきております。

確かにこれでは運転席と助手席の人は暑くて乗ってられません。

なので「低圧パイプ」のところを点検。するとリヤ側の冷えているほうは水滴が滴って

おりましたがフロント側は全く水滴がありません。

これである程度絞り込めます。次にゲージを入れてエアコンの状態を確認。

低圧側が「ハンチング」しておりましたのでこの時点で店主はフロント側のエキパンの

不良と判断しましたので早速分解していきます。

分解中!

バッテリーを取っ払い、パイプを切り離します。

室内の

グローブボックスの周りを分解していきます。

クーリングユニットとご対面。

クーリングユニットを脱着!

エバポレーターにもべったりとホコリやら髪の毛やらがへばりついてます(゜゜)

ユニットを分解!

これがよく言われている「エバポレーター」とその仲間たちです。

そして真ん中に見えている黒い物体がエキスパンションバルブ、

通称「エキパン」であります。

何だかエバポのベッタリしてるのが気になったので特殊なメガネで見てみると

エバポのフィンのあちらこちらに去年に注入した「蛍光剤」が散らばってました。

これで「ガス漏れ」が確定!(^^♪ 即オーナーに連絡!

エバポレーターの交換も御了承いただきましたので

新品のエバポ(右側)ゲット!(^^)

左側の使用済みのエバポと比べてみてくださいませ。

どれだけ埃や髪の毛やペットの毛などがベッタリへばりついていることか・・・

これはまだキレイなほうですが酷いのになるとホコリが層になって風が出てこなくなります。

そしてココを通った風が皆さんの「顔や鼻や口や足や身体」に( 一一)

コヤツが元凶の「エキパン」くん。

慎重に組み付けていきます。

エバポレーターに組付けます。

ついでにサーミスタも交換しておきます(後で簡単に交換できませんので)

元通りに組付けします。

勿論「リキタン」も交換します。

これは活性炭の入った「フィルター」なので基本的に必ず交換します。

コレ大事です。全部の組付けが完了しましたら

時間をかけて真空引きをします。

真空引きが出来ましたらこの状態のまましばらくの間 放置プレイ。

ココがポイントです。そして次の日に漏れがないのを確認したら

ガスをチャージしていきます。

吹き出し口に温度計をセットしてガス圧と内外の温度及び湿度を見ながら調整していきます。

ドンドン下がっていきます。

ガス圧もいい感じです。

アイドリング状態でフロント&リヤのエアコン全開、窓全開でこれだけ冷えれば

問題ないでしょう。これにてデリカのエアコン修理が完了!

オーナーに修理内容を報告して無事に納車しました(^^)

デリカのオーナーから後日、

「エアコンってこんなに冷えるんやな(笑)寒いくらいやわ!ありがとう」って

お礼を言われました。コレでこれからの夏は快適に!海へ山へと出かけちゃってくださいな!

(^^♪

これから店主には辛い「暑い夏」がやってきます。そして皆さまにも熱い夏は平等にやってきます。

なのでエアコンが故障してるクルマは車内で「熱中症」になるその前にキチンと修理して

快適にお乗りくださいませ!

(^o^)丿

 

スズキ ワゴンR (MH21S) @ エアコン修理 夏の陣②
ワゴンRのエアコン修理です。診断するとコンプレッサーの故障が判明したので人柱的に「社外新品」のコンプレッサーを組み付けたところ圧縮不良で全然冷えず。安物買いの銭失いとなりました。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント