「漏れ」と「にじみ」の境界線 @ スバル レガシィ(BHE)【エンジンオイル漏れ修理!】

ある日のこと

一台のスバル レガシィがオイラの秘密工場に来社!(^^)

オーナーから詳しくお話を聞いてみると

「エンジンオイルが漏れているので修理してもらえませんか?」とのことでした。

更に

「ディーラーで前回フロントカバーからのオイル漏れを修理してもらったのです

が・・・」

「百聞は一見に如かず」なので早速 点検していきましょ~!

(^o^)丿

img_4037.jpg

スバル レガシィ(BHE)

img_4202.jpg

現在の走行距離は「170,000km」ほど。

そして なんとこのクルマ、

img_4038.jpg
img_4039.jpg

「希少種?」の「6発」でございます!(^^)

世界広しといえど「水平対向」の6気筒は

ドイツの「ポルシェ」か日本の「スバル」だけでしょう。

なので

オイラはこの「スバルの6発」のことを

「フロント ポルシェ」

と呼んでおります(^_^;)

img_4040.jpg

しかしこのレガシィさま、

BHの車体に無理から全長の長い6発をインストールしているもんだから

ラジエターの電動ファンとエンジンのフロントカバーとの隙間がほとんどありません(ーー;)

img_4041.jpg

しかも「タイミングベルト」ではなく「タイミングチェーン」であります! (^_^;)

img_4043.jpg

リフトアップ!

img_4044.jpg
img_4045.jpg

アンダーカバーを外したら

img_4047.jpg

左バンク側はキレイ。

img_4048.jpg

チェーンケース下側に少し「滲み」アリ!

img_4049.jpg

そして

img_4050.jpg

右バンク

img_4051.jpg

タペットカバーからとオイルクーラーから漏れてきてる感じ

img_4053.jpg

チェーンケースの裏側からも少し滲んできてるみたいです(^_^;)

オーナー自身がディーラーで指摘された「チェーンケース」からの漏れですが

オイラはそれよりもタペットカバー&オイルクーラーからの「漏れ」のほうが

よっぽど「アウト!」と判断しました (^^)

上記に加えて

img_4056.jpg
img_4057.jpg

ロアアームのブッシュからも「シリコン?」が漏れてきてますので

合わせて修理していきましょう!

(^o^)丿

img_4060.jpg
img_4061.jpg
img_4064.jpg

見た目「IGコイル」もヤレてる感じ(^_^;)

img_4065.jpg
img_4069.jpg
img_4070.jpg
img_4072.jpg

オイルエレメントを外し

img_4074.jpg

タペットカバーも外す!(^_^;)

img_4075.jpg
img_4079.jpg

思いっきり液体ガスケットが塗ってあり

嫌な予感がタップリ(ーー;)

img_4084.jpg

地道に

img_4085.jpg

液体ガスケットを削り取っていくんですが・・・

img_4086.jpg

このヘッド後ろに「サーキュラー」が2個ありまして

そこのガスケットを剥がすのがほんと大変!(>_<)

img_4088.jpg
img_4091.jpg

これがその「サーキュラー」。

img_4089.jpg

新しいガスケットに交換したら

img_4095.jpg

さっさと組んでしまいましょう!(笑)

img_4100.jpg

分解中!

オイルクーラー脱着!


img_4104.jpg

漏れてコテコテ (>_<)

ここの個所は結構な圧力が掛かるところなので

発見次第「早期治療」をお勧めします!

img_4105.jpg

オイルクーラーのアタリ面を磨いてキレイにしておきます(^^)

新しいガスケット

img_4109.jpg

古いガスケットはぺちゃんこでした!(^_^;)

そりゃ~漏れますって(笑)

img_4110.jpg

ドッキング!(^^)

オイルエレメントを組んだら

img_4115.jpg

エンジンオイルとクーラントを注入して

キーON!(^^)

img_4119.jpg
img_4121.jpg
img_4123.jpg

各部の「オイル漏れ」が無ければ

img_4120.jpg

エンジンのオイル漏れ修理が完成!(^^♪

そして

img_4124.jpg
img_4126.jpg

フロントのロアアームを脱着!


ゴム部分が割れてオイルが漏れてます

img_4131.jpg

新品のブッシュ

img_4132.jpg
img_4133.jpg

メチャクチャ固く締まっていたボルトたち(>_<)

img_4136.jpg

ドッキング!(^^)

img_4140.jpg

左側も交換します

めちゃ割れてました(笑)

img_4141.jpg

こちらも完成!(^^♪

それじゃ~行くべ~!

img_4151.jpg

「水平対向6発」はとても静か!(^^)

加速もとても滑らかですし

ほんと「大人のレガシィ」ですね!(^^♪

img_4153.jpg
img_4149.jpg

オーナーからの依頼もあって「エアコンの効き」もチェック!

img_4150.jpg

かなり「涼しい~!」(^^)

img_4155.jpg

テスト走行から戻ってきたら

ピットにて下まわりを再チェック!

img_4159.jpg
img_4161.jpg

「漏れ」は止まったみたい(^^)

img_4162.jpg
img_4164.jpg

確かに「漏れ」はなくなりましたが

チェーンケースからの「滲み」はあります。

とりあえずコレは定期的に見守っていきましょう(^_^;)

img_4166.jpg
img_4167.jpg

交換してロアアームもいい感じ。

ということで

コレにて全ての作業が完了!

(^^ゞ

img_4157.jpg

このレガシィのオーナーには

これからのことをお話させて頂きまして

無事に納車させていただきました!

(^^)

「漏れ」と「にじみ」

どう判断するか?

それが一番むずかしい(^_^;)

それじゃ アディオース!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    メバリングさま コメント見逃してました
    ごめんなさい(笑) おっしゃるとおり
    レガスィには「フロントポルシェ」が あるんです
    よ! (^^)
    整備性はともかく とてもジェントルな走りです。
    こんな時代だからこそ 乗り続けていただきたいと
    ぼくも思ってます (^^)v

  2. メバリング より:

    お久しぶりです&お疲れ様です^_^
    レガスィに6発あるなんて知りませんでした・・・
    かなりの希少車っすね、整備性はともかくこういう車見るとやっぱエコだのハイブリッドだけじゃー面白く無いから頑張ってもらいたいですね!

  3. 店主 より:

    あれっくすさま おひさです (^^)
    レガスィの「6発」 想像以上に
    とても良いです。 ほんまに
    個性的なクルマなので 出来るだけ 長~く
    乗り続けてほしいですね!
    (^^) 

  4. あれっくす より:

    またレアな車が登場しますね。
    6発はとっても魅力的なお車です。
    親分の手で長生きさせてあげてくださな。