めざせ!20万km (タイミングベルト交換) @ トヨタ セルシオ(UCF31)【車検と車の修理@東大阪!】

という訳で

「世界」のセルシオさま でございます(^^)

「バブル時代」に生まれたセルシオさま。

あまりのコストパフォーマンスの良さにその当時世界中の自動車メーカーが

「追いつき追い越せ!」とお手本にしたぐらいのある意味「名車」かもしれません。

そして年月をかけて

何度か「深化」していきましたがある時トヨタが

ベンツやBMWのような「高級車 志向」で売りたい?

おなじ土俵に立てる「ブランド力」が「欲しい」と考えて

その為には「豊田 レクサス」をどうしても世に広げなイカン!

コレからのトヨタの高級車は「豊田 レクサス」だけでいいんじゃね!

ということで

セルシオさまがおったらいつまでも「豊田 レクサス」が「ナンバー1」になられへんのじゃ!

ってな感じで

ほぼ無理やりに当時すでに「超ドル箱」だった高級車のセルシオさまを

この世から消滅させました(^_^;)

この強引なやり方は各地のセルシオさまを扱っていたディーラーと

かなり激しいドンパチがあったみたいです(゜o゜)

なのでこの型をもってセルシオさまは最終となります。

そんなどうでもいい?ヒストリーは置いといて

今回「24ヶ月点検&車検」でお預かりしましたが

オーナーから「20万km乗れるようにしといてください」と依頼されましたので

各部をしっかり点検!(^_^;)

しかし、このままでも余裕で20万km越えしそうです(笑)

唯一残されているのはそう「10万km突破記念」であります

「タイミングベルト交換」でした(^_^;)

それじゃ いくべ~!

(^o^)丿

エンジンは「V8 4,3L」のアメリカンなやつです。

作業がしやすいように外せるものはドンドン外していきましょう!

もちろんラジエターも外します。

だいぶガラガラになりました。

そして

やっとのことでタイミングベルトさんが「こんちくわ!」

右バンク

左バンク

タイミングベルトをはずしたところ(^^)

次に真ん中にあるウォターポンプを外します。

ウォーターポンプも結構ゴリゴリしてましたので

丁度良い時期だったと思います。

取り付け面をキレイにしてから

新品のウォーターポンプを組付け!(^^)

あとは

ベアリングやテンショナーなどを組付けてタイミングベルトをかけていきます。

合いマークを合わせていき

ベルトを張ります。

そして

カバーを組付けていきます。

プーリー関係も組付けてファンベルトも張ってしまいましょう(^^)

折角ココまでバラシましたのでサーモスタットも交換!

元通りに組付けます。

そして冷却水を回す前に

もう一つの「10万kmオーバー記念」であります

プラグも交換!

8本もあると結構しんどい(ーー;)

全てが整いましたら

クーラントを注入してエンジンを始動!

冷却システムのエアーが完全に抜けるまで回し続けます。

全ての作業が完了しましたら

化粧カバーをつけて

完成です!(^_^)v

これで「20万km」まで余裕でいけることでしょう

その時にまたオーナーから依頼があれば

30万km越えを狙っていきたいと思います(^^)

ありがとうございました。

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク