オイル漏れもいろいろです@スバル レガシィB4(BE5)【車検&24ヶ月点検!】

ちゃお!(^o^)丿

あんなに暑かった日常が少しずつ涼しくなってきた

ココ@大阪!

みなさま 如何お過ごしでしょうか(^_^.)

今年はあまりの熱さのせいで「カーエアコン」の故障、

故障、そして故障?でクルマの整備・修理業界は大変みた

いですがオイラのところもご他聞に漏れず、未だに

エアコン修理に追われているのが実情でございます(^_^.)

とはいえ

並行して他の作業もしているのですがコレも一向に捗らない(ーー;)

う~ん、いろいろもどかしい。

それでも一歩ずつでも進んで行くしかねぇ!

ということで

スバル レガシィB4(BE5)でございます(^^)

数年ほど前に中古車で購入されたみたいで今回

「24ヶ月点検」&「車検」にて入庫してきました。

オーナー曰く「いろいろとオイル漏れがしていると他店で

指摘されたのですが気に入ってるので直るなら修理してもらい

たい」とのこと(^_^.)

それじゃ~まずは点検していきましょうぜ!

見慣れたエンジンルーム。

リフトアップして診ていきます

エンジンマウント及びメンバー付近がオイルでベッタリしてます(゜o゜)

タペットカバー付近も多少は滲んでおりますが

コレが原因ではないですね。

オイルパンもベタベタ(゜o゜)

タイミングケースの裏側からも垂れてきておりんす。

なんとなく思い当たることがありましたので

とりあえず一旦、

きちゃない部分をキレイに洗浄してから

インタークーラーに接続されているホースバンドを締めて

いくと・・・

めちゃめちゃ緩んでるがな!(゜o゜)

たぶん過去にインタークーラーを外した際にきちんと締めてなかった?

これが各部に現れた「オイル漏れ」の原因かと(^^♪

なので

全てのホースバンドをしっかり締めておきます。

そして、ご依頼のプラグ交換。

相も変わらず

サビついてるボルト。

エエ感じで

チビッます。

新品のプラグ

このボルトのサビが本当にムカつくのです(`´)

全部組付けたら元に戻します。

そして

何気にエンジンルームを見ていたら気がつきました。

このラジエターキャップ、年式によって「ラジエター側」

に付くシロモノで圧力が高くないとリリーフしないので

結果、沸点は上がりますが逆に今まで規定値の108kpaで

圧力を逃がしていたものがなかなかリリーフせず((+_+))

またエンジンが冷えた時にはラジエターホースが

「ペシャンコ!」((+_+))

と なってしまいますので気をつけてください。

壊れる前に規定値のラジエターキャップに交換しておきました(^_^.)

たかがラジエターキャップと思うなかれ!

エンジンオイル交換。

ブレーキフルード入替え。

もうひとつの「オイル漏れ」

リヤデフまわりがべトべトっす(゜o゜)

どうやらフロントのシールから漏れてるみたいなので

バラしていくべし!(^^)

ところが・・・

このナットがめちゃくちゃ固く締まっており

緩めるのがメチャ大変!((+_+))

やればわかりますぜ!

 

このフランジもなかなか抜けず・・・

やっとシールとご対面!

気持ちええくらい漏れてましたよ(笑)

新品のシール

シールを抜いたら

新しいシールを打ち込むべし!

リヤデフオイルも全交換!

全て組付けたら完成!(^^♪

フロントデフのオイルも交換。

この辺りもオイルが垂れていたので

キレイに洗浄しておきます(^^♪

排気ガス測定!

ちょいとHCが出てるな

全部組めたら

生憎の雨の中、

独特な「ドロドロ音」を響かせながらB4は

快調に走ります。

車検場へ到着!

ということで

無事に車検にも合格しましたので

コレにて全てのミッションをクリアー!(^^ゞ

この時点でオイルが漏れてる様子もなさそうなので

待ちわびるオーナーへ納車させていただきました

(^^♪

ひと口に「オイル漏れ」といってもいろいろありますが

何事も早めの処置が結局は愛車を長持ちさせる唯一の方法

じゃないかとオイラは思うんであります。

でわでわ!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク