エアコン修理は熱いのです!@トヨタ ハイラックス

ハロー(^o^)丿

あまりの熱さに毎日が「熱中症?」なココ@大阪!

みなさま、暑中お見舞い申し上げます<(_ _)>

おかげさまでオイラのとこの「青空工場」、

予想以上の熱さで 朝の11時頃には「50℃超え」(ーー;)

おまけにエアコン修理や他の修理でエンジンを焚いてる日にゃ

「フッ」と意識が飛んでしまいそうに・・・(ーー;)

ということで

入庫してきたのは以前に修理した事のある

トヨタ ハイラックスでございます。

「エアコンが冷えない?」とのことでお預かりしました。

実際に点検してみると全然冷えていないわけではないですが

ちょい冷えが足らねみたいデス!

(^_^.)

兎にも角にもゲージをセットして調べていきます。

とりあえずガスは入ってるみたいですが

「高圧側」及び「低圧側」共に圧力が足りません

どうもコンプレッサーがダメみたいです(一一”)

コンプレッサーが逝かれてる時に一番大事なのは中の状態を確認することです。

コレでエアコンの故障がどこまで「波及しているのか?」を診断していきます。

ちなみにこのハイラックスさま、何とか耐えてくれてました(^_^.)

プレッシャースイッチ

リキッドタンクも交換します

高圧側からも少し滲んでますのでOリング関係は交換します。

元々「R12」仕様のクルマですが何処かでレトロフィット化されて

現在の「R134a」仕様になっておりました(^_^.)

高圧パイプを外して

リキッドタンクも外します。

コンデンサーの出口調査をしてもいけそうです!(^^)

圧力スイッチも交換しておきます

組付け!(^^)

コンプレッサー脱着。

結構でかい!(゜o゜)

リビルトのコンプレッサー

車体に組付け!

高低圧パイプ組付け。

パイプ関係は出来るだけ洗浄してOリングは全交換しておきます(^^)

全ての準備が整いましたら

じっくりと焦らず真空引き作業を開始!

真空引きした状態で一晩、放置しておきました。

朝から車内はこの気温!熱い!(゜o゜)

ということで早速 ガスチャージ開始!

いい感じにガス圧が安定してきました。

低圧パイプが水びたし(^^♪

冷えている証拠デス!

アイドリングで結構冷えてきましたぜ!と

ここまでは良かったのですが・・・

更に気温が上がると高圧側がキツイ!

涼しいのは涼しいのですが

もう少し「キーン」とした冷たさが欲しい!(^_^.)

実際にロードテストに出発!

走行しているとさすがによく冷えますが

信号待ちや渋滞にはまると

途端にこんな感じになります。

冷えてるのですけどね(^_^.)

意外と「ヘタリ」に気がつかないカップリング。

これ以上さらに冷やすとしたら

カップリングやコンデンサーをもっと冷えるように対策することが

必要かもしれないことをオーナーにはお話しさせていただきました。

(^_^.)

ということで

コレにて今回のエアコン修理は完了!(^^♪

待ちわびるオーナーにも無事に納車させていただきましたよ!

(^^)

これからまだまだ「熱い夏」が続くかもしれませんが

「水分&塩分補給」と「快適なカーエアコン」で

乗り切っていただきたいと思います。

それじゃ またな!

(^o^)丿

ハイラックスの車検&整備作業のご紹介。点検後にプラグの交換やドライブシャフトのブーツを交換したりリヤブレーキをオーバーホールしてみました。年式的にもそろそろ旧車の仲間入りですね。

愛車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>