ホーム

日進月歩でとても複雑な自動車の整備&修理の世界を

少しでも多くの方々に知って頂き尚且つ

世の整備士たちが汗まみれ油まみれそして涙にまみれながらも

人々の足となっているクルマたちを持てる技術を駆使し

安心して安全に走らす為に日夜努力していることを

少しでも知って頂けたらコレ幸いでございます<(_ _)>

車検・定期点検(1年・2年)・中古車の点検

車検は継続の場合、自家用乗用車及び軽自動車、2輪車は2年ごと。

貨物車は1年ごとに受けなければなりません。

こちらでは国の車検場へ持ち込んで受検しておりますので

「保安基準」に適合しない車両につきましては申し訳ありませんが

お断りしております。また「車検」、

「定期点検」及び「中古車の点検作業」のご依頼は

随時お受けしております。

(^^♪

カーエアコンの点検・診断・修理作業!

車のエアコンの点検・診断・修理も「外注」ではなく

全て自社で行っております。冷えない原因を探すことなく

エアコンガスだけを注入してしまうような

間違った対処によるカーエアコンの故障修理は

結果的に高額になりやすいので

車のエアコンの冷えが悪いなと感じたら

お早めにお問い合わせください

(^^ゞ

オイル漏れ修理!

オイル漏れといってもエンジンオイル、ATFやCVT、

ギヤオイルにフルード関係とクルマには用途に応じて

様々なオイルが使われており、どの個所もオイル漏れした状態では

いずれ大事になる可能性があります。

修理代を安く上げたいが為に「漏れ止め剤」等を注入するのを

推奨する業者もいるみたいですがコチラではおすすめしません。

それよりもオイル漏れを発見したら早めに点検して対処する方が

良い結果になることが多いです。

(^^)

タイミングベルトの交換!

最近はタイミングチェーンを採用しているクルマが多いですが

未だタイミングベルトのクルマも多く走っております。

タイミングベルトはメーカーから「10万km」で交換指定されて

おり、実際には結構丈夫なのですがいつ切れたりコマ飛びしたり

するのかは予測出来ない代物でもあり最悪の場合、

切れるとバルブを突くクルマもありますのでその時点で

エンジンはストップして動けなくなります。

特にオーバーヒートやオイル漏れ過多のクルマに関しては

早めに交換して下さいとコチラではお伝えしております。

(^_^;)

ブレーキの修理!

自動車の「走る」「曲がる」「止まる」の中で

「止まる」が一番大事なことだと考えております。

何トンもの車重に加えてスピードの出る乗り物を

たった4輪のブレーキで止めるということは

どれだけブレーキシステムに負担が掛かっているのか?

想像を絶するストレスだと思います。

上記のことを踏まえてコチラではブレーキを

トータルで整備するようにしております。

また距離を走っているクルマや年式の経たクルマ等は

ブレーキ関係のリフレッシュをおすすめしております。

(^^♪

各部のメンテナンス!

クルマは消耗品の塊です。

なので定期的なメンテナンスは絶対に必要です。

運行前にボンネット開けてエンジンルームを見渡す。

走行中たまには音楽やラジオを止めて

異音がないか?聞いてみるのも大事。

常日頃、愛車の状態を把握して出来るだけ手をかけて

あげてほしいと思います。そして

もしもこれから先、お車のメンテナンス等で

お困りの際はいつでもお問い合わせ下さい。

(^o^)丿

シェアする

フォローする