異音修理(ウォーターポンプ交換)@ メルセデス ベンツV230

今回はエンジンから異音がするとのことで「秘密工場」へご依頼頂きましたのは

ベンツV230の「ウォーターポンプ交換」作業でございます。

必要な部品はオーナーからの差し入れ。それじゃ早速作業をはじめましょう(^o^)丿

リフトアップ!

「FF車」なのでエンジンルームはギッシリ。オーナーからはついでに?ということで

ベルトとテンショナーとダンパーの交換を依頼されましたがこれが後で分かるのですが

全然「ついで」ではありませんでしたよ(ーー;)

フロントグリルを外すと

こんな感じです。ベルトを交換するにも余り「スキマ」がありません(ーー;)

エアクリーナーを外しますが

とにかく「狭い!」(>_<) 下から見ると

素敵なところにウォーターポンプが付いていて感激です(゜゜)

クランクプーリーが邪魔なので取り外します。

ウォーターポンプを外しに掛かります。ですが

コレを設計した人は「一体、ナニを考えてるんですか?」というくらい

ウォターポンプを止めてるボルトが長すぎます。あんまりです(>_<)

狭い隙間を「知恵の輪」のようにしながらなんとか取り外しました。

ちなみにウォーターポンプに入っている3本のホースのうち、

一番短いホースはとてもやり難いので「同時交換」したほうが無難だと思います。

(他の2本はあとからでも出来ます)

ですが今回震災の関係でモノが来ず再使用となりました(*_*)

取り外したウォーターポンプさまです。

ガタガタでベアリングが完全に逝かれておりました(ーー;)

オーナーから「差し入れ」のウォーターポンプです。

ドンドン組み付けていきまして次に「ついでに!」と言われたベルトテンショナーと

ダンパーを交換します。

見ての通りフレームとのスキマが余りなく、この子たちもお約束のように簡単には抜けません。

本当にコレを設計した人に目の前でやらせてやりたい(`´)

四苦八苦してなんとか抜きましたよ!

取り外した「テンショナー&ダンパー&プーリー」(左:新品)

全て組みつけてベルトを張ります。

「異音」がないのを確認したらやっと完成です。

ということでコレにて全ての作業が完了!(^^♪

待ちわびるオーナーへ無事に納車させて頂きました。

しかし今回は思っている以上に手こずりましてめっちゃ疲れました(ーー;)

 

エンジン始動不良? @メルセデス ベンツ バネオ(W414)
ベンツバネオのエンジンが始動出来なくなり入庫。しかし点検&診断をしてみたが決定打がありません。ふとしたことで燃料ポンプの故障とフィルターの詰まりそして配線の焼けを発見し修理していきます

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント