電子制御の弊害?@トヨタ プログレ

今回入庫してきたのは「トヨタ プログレ」であります。

オーナー曰く

「エンジンをかけてエアコンをかけるとカチャカチャと異音がする」

更に

「しばらくすると消える。でもまた不意に鳴り出す」

だもんで

「運転中も気になって困るので修理してほしい!」とご依頼頂きました。

それじゃ早速診断していきます。

まずはエンジンをかけてチェックしますが

「全く異音が鳴りません」(ーー;)

走ったりしてもやはり「鳴りません」。

オーナーは「すぐに鳴ります」とは言っていたが・・・。

それからもいろいろ試したがやはり異音は「鳴らず」。

途方に暮れてしばらくの間「放置プレイ」

(^^;)

それから何時間か過ぎて今日のお仕事も終わろうとしていたその時、

「フッと」プログレのことを

思い出したのですぐにエンジンを「始動」してみた!

するとすぐに「カチャカチャ」と音が鳴り出しましたよ(゜゜)

しかもオーナーが言っていたとおりに確かにこれは「気になる!」

すぐに

車内から出てエンジンルーム内の音を聞くと

全く鳴っておりませんでした。

ということはここへきて室内で異音が鳴っているのが確定!

さぁ~これからが本番であります

(^^♪

室内に原因があるのは判りましたので

これからその「音源」を探してゆくワケですが

こんな時よく使う手は「指先」を対象物に当てながら

微かに振動している箇所を探っていきます。

どうしても「聴覚」だけにたよるとハマることもありますので・・・

そうこうしているとあることに気がつきました。

オートエアコンを操作すると「音」が変化したのです(゜゜)

更に追求すると

「20℃~22.5℃」のあたりが特に変化することが判明!

そして更に

オートエアコンを操作しながら音の振動を「指先」で追っていくと

どうも運転席の足元、左側のヒーターユニットのところから

響いてきます。

とりあえず確認するのにセンターコンソールを分解。

足元に頭を突っ込んで覗きこむと

そこにはあの不快な「異音」の原因がありました(゜゜)

「オートエアコン用エアミックスアクチュエーター」って代物。

これは

エアコンの温度調節をしているものでこのプログレには3個付いております。

それぞれが設定された「温度や吹き出し口」になるように

電子制御にてユニット内のフラップ(仕切り板)を

動かして空気の流れを制御しています。

今回は制御はしようとしているのですが

アクチュエーター内のモーターが弱っているみたいで

フラップを最後まで引くことが出来ず

結果的に「引いては戻り」を繰り返し

それが「カチャカチャ」という異音を

生み出しておりました。

(^^)

早速この黒い箱を取り外しますが思ったより大変です!

足踏み式のサイドブレーキのレバーを外さないと

アクチュエータが外せません。

めんどくさいです!( 一一)

これがその「アクチュエータ」。

(左が新品 右が故障品)

白いアームが上下してフラップを動かします。

対策品なのか品番が変わっておりましたよ。

早速

新品のアクチュエータを組み込んでエアコンを操作してみました。

すると

完全にあの「異音」が消えてなくなりました。

よかった!(^^)

しばらくテスト走行したりしても「異音」は出ませんので

これにて「完治」と致しましてプログレオーナーに無事に納車致しました。

自画自賛ではないですが

人間の持つ「力」はどんな優れたテスターよりも凄いと感じます。

自分がこの業界に入ったとき、

古い町工場に最新のテスターなどある筈もなく

いつも先輩メカに怒られながら

「目視」「音」「振動」「排気ガスの匂い」等に

常にアンテナを張って考え、無い知恵を必死になって「絞り」

手探りで自動車の修理に明け暮れておりました

(ーー;)

そんな経験から

最近の電子制御の塊である自動車でも「アナログ」的な修理方法で解決する

ことが多々あります。

そんな時はもうめちゃくちゃ嬉しくなるのです

(^^♪

そしていつも思いだすのは

「自動車の修理に大事なのは多くの経験とその経験にもとづく「勘」や!」 と

常に言っていた先輩メカの「言葉」なのです!

(^o^)丿

 

エアコン修理はコレからです♪ @ トヨタ ランドクルーザー プラド(KZJ71)
ランドクルーザープラドのエアコンが冷えないので入庫。ヒューズが飛ぶので調べたらマグネットクラッチ側でのショートでした。コンプレッサー&ドライヤを交換。カーエアコンの修理はハッコーカーズ

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント