スバル レガシィ(BG5) @ ブレーキのリフレッシュ作戦!

今回は

 

スバル レガシィ(BG5) @ 燃料漏れは大変でした!
スバル レガシィの燃料漏れ修理です。燃料タンクを降ろしたりパイプを製作したりと大変な修理作業でしたがオーナーにも喜んで頂けて良かったです。スバル車のメンテナンスはハッコーカーズへ

 

で作業を依頼されたレガシィのオーナーからの新しいご依頼です。

前回お預かりした時にブレーキがあまり効いておらずオーナーに尋ねると

「自分はあまり気にならないのですが奥さんからはメチャ怖いって言われる」

とのこと。オーナー自身も

「ブレーキのキャリパーを以前、他でO/Hして貰ったりしたのですが・・・」

おーけー! それじゃブレーキのリフレッシュメンテナンス始めるぞ~(^^♪

お車はスバル レガシィ(BG5)です。

かなり年月を経ましたが今なお現役で走り続けております(^^)

とりあえず点検していきましょう!

まずはフロントブレーキですがローターが少し減っていたりサビが多少見受けられますが

別段問題ないような感じ。

お次はリヤブレーキ。

ローターとパッドがキチンと当たっていないようなのとキャリパーが激サビでした(゜゜)

この時点で嫌な予感しかしない。

まずはフロントブレーキを分解していきます。

ブレーキパッドの残量はありましたがロックボルトとシムはサビサビです。

そしてリヤブレーキを分解していきます。

思ったとおりにブレーキローターの裏側は半分くらいしか接地面がありません(゜゜)

そりゃブレーキの制動力も落ちますって。

反対側のブレーキに至ってはもっと酷い状態でした(一一”)

外したリヤのキャリパー。

ピストンが飛び出したままこれ以上元へ戻りません。親不孝な奴です(笑)

こちらのキャリパーなんかは見た目にもサビにやられた感がハンパない(一一”)

リヤのブレーキキャリパーを分解してみます。

抜いたピストン。ブーツが入るところだけでなく飛び出して戻らない部分も

サビに侵食されて再生不能。新品のピストンに交換します。

フロントのブレーキキャリパー。こちらも2ポットの片方が飛び出して戻ってきません(゜゜)

押し込んでも入りません。なのでほぼブレーキが引きずっていたのでしょうね。

フロントのブレーキキャリパーを分解します。

外側から見た時はそんなに大したことのないような感じでしたが実際にキャリパーを

外してみればこちらも酷いサビ状態。

フロントキャリパーのピストンも再利用は厳しいです((+_+))

リヤのキャリパー。全てを新品に交換したいくらいのサビ具合ですが

「文明の利器」を使って出来るだけ修正を試みてみます。

かなり時間が掛かりましたが結構キレイになりました。

かな~り時間が掛かりましたけどね(一一”)

フロントのブレーキキャリパー。

こちらもリヤ程ではないですがピストンの入口付近がかなりサビに侵食されております。

同じように文明の機器によってサビ取りをしてみました。

大体のサビは落とせますが頑固なサビは最終的に手作業にて削り落としてやります。

新しいピストンが到着しましたので

早速組み付けまして

出し入れテストをしてピストンがスムーズに動くかをチェックします。

これメチャ大事ですぜ!(^^♪

リヤキャリパー用にも新しいピストンが届きましたので組付けたら

コチラもピストンの動きをしっかりチェック。

リヤのバックプレート。サビをある程度落としてから錆止めを吹いておきます。

フロントのハブ&バックプレートも同じく錆止めを吹いておきました。

オーバーホールした各キャリパーは養生して塗装して乾燥させておきます。

その間にブレーキホースをステンメッシュ化していきましょう。

ブレーキパイプのナットもサビに侵食されて固着しております。

フロント側

リヤ側

スライドピンやホースクリップなどは全て新しい物に交換しておきます。

フロント側のブレーキローターとお化粧したサポートをドッキング!

お化粧が済んだキャリパーを組み付けたら

新しいユニオンボルトにて

ブレーキホースを固定します。コレにてフロント側のブレーキは完成!(^^ゞ

リヤ側もフロントと同じように組付ければ完成!(^^ゞ

マスターシリンダーもO/Hします。

マスターシリンダー脱着!

分解して洗浄後、インナー部分を組み替えします。

O/Hしたマスターシリンダーを車体に組付けたらブレーキフルードを注入して各車輪から

エアを抜いていきます。

全てのことが整いましたらテスト走行へ行くべし!

ブレーキにある程度アタリがつくまで少し時間をかけて走ってみます。

おかげさまで最初の頃の踏んでも止まらない恐ろしいブレーキから

踏めばギュッと止まるブレーキへと劇的に進化しましたよ!(笑)

ということでこれにて全ての作業が完了しました(^^ゞ

遠い東の国で待ちわびるオーナーさまにも無事に納車させて頂き、

後々に感謝のメールまで頂きまして自動車修理業として感無量でございます(^^♪

自動車のブレーキは知らず知らずのうちにダメージを蓄積していきます。

こちらへ初めて愛車を持ち込んでくる方々のほとんどが今までキチンと「ディーラー」や「

整備工場」等でメンテナンスをしておられたみたいですが年月を経た車や走行距離を鑑みて

「ブレーキパッドの交換だけ」「キャリパーO/Hだけ」ではなくブレーキの整備は

システム全体でのリフレッシュ&メンテナンスが必要だと思います。

そして公私ともにいろいろあったね2020年もあと僅かとなりました。

来年もゆったりゆらゆら ゆらりんことマイペースで不定期更新して

いきますので良かったら偶には覗いてやって下さい。

それではみなさま、良いお年を!(*´з`)

 

スバル レガシィ(BG5)@ サスペンション交換(オイル漏れ・整備編)
大阪のハッコーカーズです。今回はスバル レガシィ(BG5)の修理作業です。ショック本体からのオイル漏れが発覚しこれを機にダンパー及びマウント&ブッシュ関係をリフレッシュしました。

 

愛車の「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼はお問い合わせフォームよりお願い致します<(_ _)>

 

 

https://twitter.com/hakkocars

こちらでもいろいろとつぶやいておりまする(^^;)

コメント