ニッサン パルサーGTi-R @ オーバーヒート修理作業!

ここのところ、

店主の「秘密工場」に心地よい風が吹き込んできたり

突然、赤トンボが舞い込んできたり

何処からともなく箱いっぱいに野菜を詰め込んだ若人が訪問してきたりと

「秋」がすぐ近くまでやって来ているようでございます(^^)

今回は

ニッサン パルサーGTiーR であります。

懐かしい!店主も久々にお目にかかりましたよ

(^^)

小さな車体に

「排気量2000cc+インタークーラー+ターボ&4WDシステム」+「男の5MT」を

その当時 大衆車であったパルサーに無理やり詰め込んだスペシャルマシーンです。

(゜゜)

このパルサーのオーナーからのご依頼は

「渋滞時にオーバーヒート気味になるのでラジエター&サーモスタットの交換をしてほしい」

とのことです!

それでは始めましょう

(^o^)丿

まずはリフトアップして冷却水を落とします。

メンテナンスのことは一切考えていないような

ギッシリ詰まったエンジンルーム(笑)

ラジエターを

脱着して

いきます(^^)

外したラジエター。とりあえず置いといて

先にサーモスタットのほうの作業を開始していきましょう。

サーモハウジングを分解したら

サーモスタットとご対面!

外したサーモスタット。

完全に「開きっぱなし」になっており

オーナーが差し入れてきた「ローテンプ サーモ」よりも「ローテンプ」でしたよ(笑)


サーモケースには液体パッキンが飛び散っていました(゜゜)

一体、どんな塗り方をしたんでしょうかね。

サーモスタット&ハウジング

ケースの当たり面をキレイにさらいます。

オーナーの差し入れ「ニスモ」のローテンプサーモ!

開き始めは62℃。

古いサーモは76.5℃から。

相手側の当たり面もキレイにしましょう!

ドッキング!

これまたオーナー差し入れのラジエター。

「コア増し」されたラジエター。

かなり厚みがあり冷えそうです。

電動ファン関係をコンバート!

組付け中!(^^)

タービン&パイプとのクリアランスがあまりなく

厚みが増した分、組み付けるのも一苦労。

そして

差し入れの「SAMCO風」ラジエターホース。

これはロア側。

問題のアッパー側。

メチャ長いです(^_^;)

仕方がねえのでオーナーに連絡。

気持ちよくカットして組付けました(^^)

あとは

いつもの如く

テスターにて水温を監視しながら冷却水を廻します。

そして

いつものテストコースにて最終点検&走行テスト!

気温が高い日中に

ワザと渋滞にハマったり、ずーっと停車したりしてみましたが

オーバーヒートもすることなく水温も安定!(^^♪

最終的に各部から水漏れがないのを確認しましたので

コレにて今回の任務完了!(^^ゞ

しかし、ある意味「贅沢」なこんなクルマは

「ECO」一辺倒の今の世の中ではたぶん発売されないと

店主は勝手に思っていますので

国産、輸入車 問わずこんな感じの「希少種」に乗られてる方々には

気張ってこれからも乗り続けてほしいと

切に願っておりまする。

でわでわ!

(^o^)丿

 

現象現れず?@ ニッサン スカイライン(R32タイプM)
R32スカイラインのRBエンジンが偶に始動出来ないとのことで入庫。しかし現象が確認出来ず。やっと症状が現れて予想どおり燃料ポンプが不良でした。時々しか出ない症状は修理屋泣かせです。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント