スバル レガシィー(BG5)@ Tベルト交換&異音修理

ある日のこと

「エンジンからガラガラ音がしてるので診てもらいたいのですが・・・」

とのことなのでそれではと秘密工場まで来社して頂きまして

早速「点検&診断」を開始しました結果「オルタネーター」からの異音が発覚!(゜゜)

直ぐにオーナーに連絡。

「それじゃ、ついでにタイミングベルトの交換&オイル漏れも直してください」

と追加依頼も頂きましたのでそれじゃ今回もいってみましょう(^o^)丿

お車はスバル レガシィ(BG5)でございます。

リフトアップして下から覗くとアンダーカバーがオイルでベタベタです(゜゜)

アンダーカバーを脱着

アンダーカバーを外してみるといろんなところがエンジンオイルに塗れておりました(ーー;)

オーナー曰く、前から少し冷却水が減っているとのことだったので

テスターで圧力を掛けていきます。

(゜゜)!

緑色した液体を発見!

点検の結果、ウォーターポンプ&バイパスホースから漏れてきておりました。

異音の原因だった

オルタネーターも脱着

とりあえず分解中!

ブラシはまだいけそうですがコイルの絶縁が逝かれかけてます(+_+)

異音の原因はベアリングが逝ったというよりもケース本体がガタガタになっていました。

たぶん以前に何度かリビルトされたモノじゃないかと思われますが

ホントのところはわかりません。

今回は同じリビルトでも「日立製」でいきましょう。


ラジエターを脱着

どんどん分解していきましょう。

タイミングベルトとご対面!

左バンク

右バンク

ちなみにこのレガシィさま、現在の走行距離が30万キロオーバー!(゜゜)

店主のところでは初めてですが実に「三回目」のタイミングベルト交換です。

ホント大事にされてますね。

タイミングベルトを外したらカムギアを外します。

カムシールからエンジンオイルの漏れた跡がありました。

右バンクのカムシールも同じように漏れてます。


クランクシールからも漏れがあります。

バックプレートを外して


元の位置を忘れないようにこの状態で置いておきます。

車両の年式や走行距離を加味してホース関係も出来るだけ交換です。

タペットカバーも分解。キチンとオイル交換しておられるのでカム周りはとてもキレイ(^^)

しかし、タペットカバーのガスケットを交換しようとしましたが店主の前に作業したところが

「コレでもか!」っていうぐらい液体ガスケットを塗りたくってました(+_+)

このコーナーのガスケットを剥がすのが大変(>_<)

お陰さまで液体ガスケットを除去するのにかなり時間が掛かりました。

漏れるのが怖いのはわかりますがたくさん「塗ればいい」ってものでもないです。

逆に右バンク側はあまり塗ってなくてしかも必要なところに塗ってませんでした。

それと当たり面のあちらコチラに液体ガスケットの塗り残しがあって

ほんと「中途半端」な仕事っぷりには閉口です(`´)

ヘッド側の液体パッキンは大体除去出来ました。

ヘッドカバーもキレイにしたら

新しいパッキンを組付けます。

10万ケロ突破記念のプラグも交換。

ヘッドカバーを組付け!

逆バンクも組み付け!

ウォーターポンプに出入りしているバイパスホース。

ポンプ交換時には同時交換しておいた方が安心出来ます(^^)

ウォーターポンプ脱着。

オイルポンプも脱着!

ここに入っているOリングを交換!

しかしココも必要以上に液体ガスケット攻めされておりました。

外したオイルポンプ。キレイに洗浄しておきます。

組付ける前に当たり面をキレイに整地しておきます。

Oリングは勿論交換。

オイルポンプ組み付け!

クランクシールを打ち込みます

シールを抜いてきれいに清掃したら

新しいカムシールを打ち込みます。


右バンクも同じようにカムシールを打ち込み!

エンジンオイル用のレベルゲージパイプ。

ここのOリングも交換。

折角なんでレベルゲージのOリングなんかも交換しておきます(^^)

先程のバイパスホース交換。

ウォーターポンプをドッキング!

サーモスタットも同時交換しておきましょう。

サーモケースのサビもキレイに落としておきます。

カチカチでクーラントが滲んでくるバイパスホース。

勿論、交換しておきましょう。

割れたエアーのバイパスホース

(下側:新品)

水ホースや油ホースだけでなく触れば触るほどブローバイホースやバキュームホース関係が

割れたり折れたりするので終いには店主の心も折れましたよ(ーー;)

各プーリーやテンショナーを組付けてタイミングベルトを張ればひと安心(^^)

今回タイミングベルトを組み付けていた時にふと気づいたことがありました。

前回の作業時の組み付け方がよく見ると何か違うような・・・。

やはり基本は大事です。店主の経験値がまたOne Up!しましたよ。

サンクスです(^^♪

タイミングケースカバー取り付け。

新しいオルタネーターもドッキング!

コチラへ届いた新品のラジエター

電動ファンを組替えしておきます。

ラジエターも組付けたら

冷却水を注入!

適温になるまでエンジンを回します。

そしていつものテストコースにていろいろとチェック!

エンジンもいい感じで吹け上がるし音も振動も問題なし。

定期的にキチンと手を掛けてあげれば長く乗り続けられる良い例だと思います。

ココから更に40万kmオーバーを目指してもらいましょう!

水漏れ&オイル漏れも無し!(^^♪

アンダーカバーがボロボロなので交換することになりましたよ。

いい感じになりました(^^)

コレにて全ての任務が完了です!(^^ゞ

そして後日、オーナーからメールにて連絡がありその内容は

「エンジンがメチャ静かになりました ありがとうございます。只、あれから調子良く走って

いたのですが・・・。信号待ちでエアコンONしたままDレンジで止まってるとエンジンが

振るんです」ってマジですか!(゜゜)

なので即 再入院して頂きました。

オーナーに現象が出るようにいつもと同じようにしてもらうとエンジンルームから

エンジンのハンチングと同期して「パチパチ音」が聴こえてきました。

お陰ですぐに原因がわかったので修理していきます。


左バンク


右バンク

どうも右バンクのフロント側のIGコイルが逝ったみたいです(T_T)

判っていればタイミングベルト交換の時に作業していたのに(T_T)

泣いていても何も解決しませんのでオーナーと協議の結果、

IGコイル全交換。

追加で



ボロボロだったインシュレーターも交換。と今回もいろいろとありましたが

コレにて一件落着! ありがとうございました(^^)

 

スバル レガシィ(BG5) @ 燃料漏れは大変でした!
スバル レガシィの燃料漏れ修理です。燃料タンクを降ろしたりパイプを製作したりと大変な修理作業でしたがオーナーにも喜んで頂けて良かったです。スバル車のメンテナンスはハッコーカーズへ

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント