レガシィをリフレッシュする!@ スバル レガシィ B4

店主の秘密工場に西の遥か彼方から遠路はるばるお越しになられたのは

スバル レガシィB4でございます(^^♪

今回のご依頼の内容は

「タイミングベルト交換」「ATF交換」「パワステポンプ交換」「プラグ交換」と

コレからまだまだ乗り続ける為のリフレッシュ作業メニューです。

それでは早速作業を開始しましょう。

ボンネットを開けて養生していきます。

保護テープを巻いたらリフトアップ。

ターボなしの「水平対向エンジン」

シンプルで作業性が良いです。

ラジエター脱着!

邪魔する物を外すとタイミングベルトとご対面(゜゜) OHCなのでシンプルです。

ベルトもウォーターポンプもオイルシールも全て交換します。

(下:新品)

(純正品)

(社外品)

コチラは社外品のウォーターポンプなんですが付属されているガスケットが大体「紙製」なので

店主のとこでは社外品を組む時は出来るだけ純正の「メタルタイプ」を別で注文して

組み付けてます。

左バンクのカムシール

右バンクのカムシール

クランクシール

オイルシールたち

シール抜く

キレイにする

全て打ち替える

ウォーターポンプも組み付けます。ウォーターポンプの交換時には

後で泣きを見ないようにこのバイパスホースを同時交換しておきます。

タイミングベルトを張りまして

カバーを組み付けます。

ラジエターホースとサーモスタットも交換。

プラグの交換。結構減っておりましたよ(゜゜)

メーカーは「10万km交換指定」を謳ってますが店主のところでは

大体「5万km」で交換しております。

パワステポンプも脱着。シャフトのシール部分から漏れておりましたので

差し入れのリビルト品で対応します。

新しいポンプのほうへパーツを組み替えてドッキング!

全てを組み付けたら冷却水を張りエンジンを始動!

テスターを接続して水温やその他を確認するのですがいつものテスターがこのクルマの

詳しい情報にアクセス出来ません(゜゜)

なので違うテスターで再度チャレンジすると無事にアクセス成功!

しかし何か知りませんが色々と「フォルトコード」が出てきましたが

とりあえず記録してから一旦、全消去。あとは

エンジンを回して水温をモニターしながら適温になったら水を抜き

また水を入れてエンジンを回すを繰り返して何度か冷却水の入れ替えをします。

それが終わればお待ちかねのATF交換であります。

当ブログでも一番問い合わせの多い作業の一つでございます。

このレガシィさま、現在の距離が「約130,000km」

これまで一度も「ATF」の交換をしたことがないそうです。

手始めにとりあえずオイルパンのドレンボルトからATFを抜きます。

見事に真っ黒でございました(゜゜)

ATのオイルパンを剥ぎます。

ストレーナーがこんちくは!

(右:新品)

ATのストレーナーは銀粉まみれでした。

剥がしたオイルパンには液体ガスケットがベッタリ。

いつものように地味に液体ガスケットを剥がし(これが大変!)

キレイに洗浄してストレーナーを組み付けます。

更にATF用のエレメントを交換します。

ATFにもカートリッジ型のエレメントを装備していることを考えると

スバルの技術陣はよく考えていると思います。ATのことを考えたら

早めに定期的にこのATF用のエレメントも交換したほうがいいと思います。

純正のATFを注入して

ATFの油温を見張りながら

フロントデフと

リヤデフのデフオイルも交換。

テスターを繋いだまま

ロードテストにレッツゴー!(^o^)丿

最終的に秘密工場へ戻ってきてオイル&水漏れ等が無いのを確認出来ましたら

全ての作業が完了です!(^^ゞ

そして長い間待って頂いたレガシィのオーナーには修理内容と少し気になる点をお伝えして

納車させて頂きました。無事にリフレッシュ作業を終えたレガシィさまは元気良く

遠い遠い西の彼方へと戻って行かれました。(^o^)丿

 

スバル レガシィ(BE5)@ 足まわりのリフレッシュ!
スバル レガシィB4の足まわりのリフレッシュ作業のご紹介。今回は知らず知らずのうちに弱っているサスペンション関係を修理していきます。スタビライザーのブッシュ交換は意外と効きますよ。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント