ありえない出来事! @ スズキ エブリィ(DA62V)

ある日のこと、お知り合いから「クルマを点検してほしい」と頼まれました。

しかも自分のクルマじゃなくて自分のお客さんのクルマみたいです(^^;)

しばらくしてレッカー車に載せられたその故障車が店主のところへやってきました。

クルマはスズキのエブリィバン(DA62V)です。

知り合い曰く、

「ブレーキフルードが前輪から漏れてきてスカスカや!本当に危ない!」

確かにクルマからはブレーキフルードのニオイがプンプンしております(゜゜)

とりあえず原因追求の為にリフトアップします。

タンク内のフルードもほとんど残っておりませんでした(゜゜)

下から点検すると知り合いが言っていた通り右前輪からフルードが垂れてきております。

ブレーキフルードでボトボトになっている「フロントキャリパー&ブレーキローター」

店主はたぶんキャリパーシールから漏れてるんだろうと思っていたのですが・・・

そしてこのブレーキのキャリパーを開けたことによって店主とその知り合いは

「驚愕の事実」を知りました!

えええっ!(゜゜)

おわかりでしょうか?そうです、ピストンが半分以上「削れて」ありません(゜゜)

なんでこんなことになったのかというと

おわかりでしょうか?

そうです。ブレーキパッドが片方しかありません(゜゜)

例えば構造上、パッドが粉々になったとしてもバックプレートは抜けて出ることはありません。

必ず「残骸」が残ります。「何も残っていない」ということは本当にあってはならないこと

ですがブレーキパッドの「入れ忘れ」としか考えられません!(ーー;)

しかももう片方のパッドの残量がほぼ新品みたいなので最近交換した可能性が高い!(ーー;)

もしコレが整備のプロが作業したのであれば完全に「信用問題」になることでしょう。

どうしても気になったので「立会い」していたお知り合いにその場でこのクルマのオーナーに

聞いてもらいました結果、やはり最近自分でブレーキパッドを交換されたみたいでした(ーー;)

とりあえず事故を起こさなかったことが救いでしたよ。

しかしご自分でやったことに対するツケは高額の修理代になってちゃんと跳ね返ってくるのです。

飛び出したピストンはローターを直接押しては削れ

押しては削れてキャリパーもディスクローターもダメにしてしまいました(ーー;)

おまけにブレーキのパッドも「一枚だけ」は売っていません。

改めてセットで交換になりますのでご自分で交換したブレーキパッドは全くの無駄になりました。

(右:新品)

全てを組付けてエアー抜きをしたら

任務完了です(^^ゞ

ご自分の愛車をご自分で「整備」されるのもいいですが

今回みたいに一つ間違えれば大変なことになっていたかもしれない。

このクルマのオーナーも今回のことで少しは懲りたことでしょう。

正に「生兵法は怪我のもと」デス!

(*´з`)

 

点検でGO!@ スズキ エブリィ(DA64V)
エブリィのリフレッシュメンテナンスです。今までは車検時にきちんと整備をしてなかったとのことでしたのでブレーキのオーバーホールや各オイルの交換にプラグ・バッテリー交換と作業してみました。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント