エンジンからの異音?@ トヨタ クラウン(JZS155)

午後のひと時にゆったりとお仕事をしていると

「なんかエンジンのところからガラガラと音がしてる。怖いから一度見てほしい」と

突然のご依頼!とりあえず車を店主のところまで持って来てもらいました。

車はトヨタ クラウン(JZS155)であります(^^)

早速、エンジンをかけてみると「ガラッ ガラッ ガラッ」と今にも壊れそうな凄い音です。

オーナーも「エンジンが壊れるんじゃないか?」と心配そうな顔で見ておりました。

とにかく異音の出所を探さないと始まりません。なのでサウンドスコープで各部の音を聴いて

いきます。そしてしばらくしてからこの異音の原因を発見!

オーナーからも早く修理してほしいとのことなので早速 修理作業の開始です。

(^o^)丿

エンジンは名機「2JZ」でございます。

この車は「ファン・AC・パワステを」一本のベルトで駆動しております。

そのベルトを一定のテンションをかけて張っているのがこのオートテンショナーであります。

そしてコレが今回の「異音」の原因でもありました。

このプーリーのベアリングが逝ってるみたいでベアリングだけ交換したいのですが残念ながら

「アッセンブリ」しかありません。とにもかくにもバラしていきましょう!

このテンショナー交換するのにはタイミングケースを外さないとできません。

外したオートテンショナー(左:新品)

元通り組付けて

ベルトを張って異音がなければ完成です!コレで納車しようと思ったら

ヒーターからクーラントが漏れているのを発見!(゜゜)

オーナーに伝えますと「ついでに修理してください」とのことですので

全く「ついで」ではないですが早速 修理に掛かりましょう。

ホース自体も硬くなっており「ヒーターコック」からも漏れていました。

しかしこのホースが固着しておりなかなか抜けません( 一一)

新しいヒーターホースと「コック」を組んだら

LLCクーラントを入れてエンジンを回してエア抜き。

最終的に漏れを確認して「無問題」でしたのでこれにて全ての作業が完了!(^^ゞ

オーナーさまへ無事に納車できました。

いつも言うのですが「音」に関する修理は難しい。

でも「経験値」を積んでいくと「音」を聴いただけで大体どこの部分から鳴っているのか?

ある程度は判断出来るようにもなります(^^)

一般の人が言う「異音」は意外とたいしたことがない場合が多くて逆に大した「音」

じゃないけど・・・と言う「異音」の方が大事な場合や「致命的」な場合が多々ありました。

「音」はドライバーに何かを知らせているサインですので早く気づいて手を打つようにして

下さい。「後悔は先に立たず」ですぜ!

(^o^)丿

 

原因の探求!@ トヨタ クラウン(JZS171)
クラウンの故障修理です。最初は異音修理の依頼でしたがエンジンからのオイル漏れが酷いのでこれも直すことになりました。タイミングベルトは交換されてましたがオイルシールは未交換みたいでした。

 

自動車の

「車検・点検・メンテナンス・整備・修理」等に関する

ご依頼は「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

<(_ _)>

コメント