日々 コレ 自動車修理!①&② @【チェイサー・オデッセイ・アウディQ5etc】 

日々、自動車の修理作業に勤しんでおりますが

そのなかでもスポットライトを浴びることなく

静かに過ぎていく作業も往々にしてあるわけで・・・(^_^;)

そんな中からいくつかをピックアップしてみました。

複雑に入り組んだ自動車修理の世界をご覧くださいませ!

(^^)

まず最初はトヨタ チェイサー JZX100であります。

この車は「10万Km突破記念」の為、

「タイミングベルト」と「ウォーターポンプ」交換のプレゼントです(^^)

ラジエターを脱着した方が作業はとてもやり易いです。

外したラジエター。

古い方のウォターポンプはインペラーが樹脂でしたよ(^_^;)

ドッキング!(^^♪

お次は

ホンダのオデッセイです(^^)

オーナーのところで眠っていたレカロシートの取り付けです。

そのままオデッセイにボルトオンでは付きませんので

まずはシートレールを探します。が

シートの型式が印字してあるシールが擦れてて

解読するのにかなり苦労しましたよ。

(ーー;)

なんとか調べてシートレールをゲットしましたので

早速装着していきます。

ええ感じですばい!(^^)v

このレカロシートは電動シートなのですが「配線図」も全く無い状態(一一”)

なので独自にリレーを追加して配線も新たに引き直しました(^_^;)

思った以上に時間も手間も掛かりました(ーー;)

おまけに

加速時に「ガンッ」と大きなショックがくるので調べてみると

右サイドの「エンジンマウント」がちぎれてました(ーー;)

リヤのエンジンマウントも切れていたので「同時交換」

おかげであの不快なショックは嘘のように消え去りました。

「エンジンマウント」の交換は効果絶大です!(^^)

お次は

アウディQ5です。

リヤのガラスにスモーク貼りのご依頼でした。

その間に各部をチェック。

実はこのエンジン、

2000ccの直噴みたいなんですが

めっちゃ走ります(゜o゜)

アウディさまをナメてました。

重い車体を感じさせないぐらいほんとにパワフルです!

エンジンとATのマッチングがいいんでしょうか?

国産のタルい直噴エンジンとは全然違います。

(^^)

オイラ的にはアウディの高感度大幅アップです!

それから純正のHDDナビが付いているので

外して調べてみると新しいタイプみたいで

当然ながら走行中のナビ操作やTV視聴は出来ないみたいです(^_^;)

そして

プリンス スカイライン54Bです。

点検中!

キチンと手入れしてキレイに乗ってはります。

ほとんど何もなかったんですが

番号灯が点かなかったので分解するとランプ内が水没・・・(>_<)

年式的にもゴム類が劣化してきているので仕方ないです。

ランプを抜いて

サーキットテスターで計測してみると導通してません

なので中の錆をキレイしてから組みなおしました。

これからもいろいろと大変でしょうが

末永く乗り続けて頂きたいです。

お次は

ホンダ ビートでございます。

ブレーキ関係を「リフレッシュ」。

分解中!

この「バブルのもうし子」も18歳になりました。

(^_^;)

もうこんなサイズでバイクのように回るエンジンをリヤに積んだ

オープンスタイルの軽自動車は中々出てこないんじゃないでしょうか?

是非、時間と手間とお金をかけていい状態をキープして頂きたいです。

(^^)

そして

ちょっと大きくなった「弟分」がコレでした!

ホンダ S2000です。

良い車なんですけど・・・ (^_^;)

スタイルもいいし(^_^;)

ホンダ唯一の「VーTEC」で「FR車」ですし!(^_^;)

なので是非とも大事にしてくださいませ!(^_^;)

そして

「車上荒らし」にあいましたのは

ダイハツ ハイゼットカーゴ S320Vであります(+_+)

キーシリンダーが潰されて困るのことなので

早速 修理していきましょう!

まずは

ドアトリムを脱着しましてキーシリンダーを脱着。

外したキーシリンダー(右側)は見事に粉砕!(゜o゜)

新しいキーシリンダーの内部を組替えてドアパネルを「簡易的」に修正しました。

そしてキーシリンダーを組付たら

作業完了です!(^_^;)

しかし

ほんとに「車上荒らし」が多いです(--〆)

イモビライザーが付いてようが関係ないくらいヤラれてます。

メーカーオプションのナビでも盗難されると「ウン十万」なので

高いですけど「車両保険」のありがたみがよくわかります。

そして

修理作業ではないですがダイハツ新型タントの講習会です。

パワースライドドア関係。

部品点数も多く、構造も複雑すぎます。

故障した時は修理代が「高額」になるのだけはよくわかりました(笑)

オイラたち整備業はこういう講習会等で

新しいクルマのエンジンや構造等を学んでいるんであります

(^_^;)

KFエンジン。

最後は

チャイナ生まれの「バタンコ」

オイラも初めて見ましたよ(゜o゜)

三輪車でハンドルもエンジンもまんま「バイク」です(笑)

オーナー曰く、

「リヤのブレーキからオイル漏れしているので直してほしい」と

来社されました。

見るとリヤの配管を分岐するところから漏れるみたいで

御自分でコーキングしておられました。

(゜o゜)

「新車で買ってから1週間くらいで漏れてきた」らしいのですが

とにもかくにも危ないので

オイラは「配管を作りなおすので時間を頂きたいんですが?」と聞くと

オーナーは

「仕事で使ってるのでなかなか時間を空けられない」というので

とりあえず点検してみることに・・・。

配管を分解してよく観察してみます。

そして判ったことは

ジョイント部分の左側の凸だけが何故か小さいのに対し、

銅パイプの先が大きく「シングルフレア」になっており

どう見てもサイズが合っていないので漏れてるみたいです。

ていうか

全てにおいて「雑」な作りです。(^_^;)

しかし何とかなりそうなので早速作業にかかります。

ブレーキの銅パイプのフレア部分をカットし、相手の凸に対して

ダブルフレアさせていきます。

フレアナットは工場に「ニッサン用」の新品を

在庫してましたのでそれを使い

組付けたらブレーキフルードを入替えて完了!

(^^)v

ブレーキフルードが漏れてこないのを確認!

なんとかその日の内に納車することが

出来ました。(^^)

オーナには

「フロントのブレーキも全然効いてない状態で危ないので早急に修理して下さい」と

お話ししておきました(^_^;)

オーナーは「今からフロントのブレーキを探しに行ってきます」と言って

オイラの工場から「パタ パタ パタ」と走り去って行きました。

今回もいろんな車を修理できて中々に楽しかったです。

ということで

それではまたお会いしましょう!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは

    バタンコ、おもろい乗り物ですよね(笑)

    わたしもはじめて触りましたが・・・。

    ちょっと「ブレーキ」が

    プアな感じを受けました。

    ベースがバイクなので仕方がないですが。

    またいつでもお越し下さいませ! 

  2. seisan より:

    SECRET: 0
    PASS:
    四国でバタンコに乗っている者です
    こんな所までサイズ違いとは 驚きました
    情報が少ない乗り物なので 勝手ながら みんなに知らしてしまいました 事後報告に成りますが 写真1枚もらいました すみません
    また寄せて頂きます。