水漏れ修理(ラジエター交換)@メルセデス ベンツC200(W202)【車検と車の修理@東大阪!】

ある日のこと

冷却水漏れの為、ベンツのC200が入庫してきました

(^^)

とりあえずエンジンルーム内を見てみると

ラジエターのLLCクーラント(緑色)が漏れた跡が見えます

どうも

ラジエター本体から漏れてきてる感じです。

(^_^;)

そのままお預かりして

早速リフトアップします

アンダーカバーを外すと

こんな風になっていました。

ジャジャ漏れっす

(ーー;)

まずはクーラントを抜きます。

ドレンのところにホースを差込み

コックを緩めクーラントを排出!

次に

各ホース類を外して

ラジエターのシュラウドを外すのですが

ココでいつものクーリングファンが邪魔をします

(・へ・)

このファンクラッチをSSTで回り止めをして

センターの大きなナットを緩めるのですが

このナットが「めちゃくちゃ」固く締まっていて

全く緩みません

(>_<)

なので

ファンを残したままチカラ技にてシュラウドを抜き取ることに・・・。

しかし

コレが意外とうまくいき「ほっ」と一安心デス(笑)

ラジエターを引き出してエアコンのコンデンサーと分離します。

外したラジエター。

漏れてるのは

サイドタンクのところからでした。

そして

新品のラジエター(オーナーからの差し入れデス!)

新旧のラジエターを並べて「ホース&パイプ」を組み替えます。

組み替えたら元通りに組みつけていきます。

シュラウドを組みつけて

水を注入したらエンジンをかけて暖気します。

更に回転を上げて水をまわして

熱いうちにドレンから水を抜きます。

(^_^;)

これを何回か繰り返してキレイになったところで

新しいクーラントを注入!

最終的に水漏れがないのを確認出来たら

完成です!

(^^)v

このW202、もう結構「いい歳」ですが

あらためてマジマジと見てみると

メンテナンスに関してはよく考えてあり

非常にシンプルに出来てます。

(^_^;)

逆に最近の国産車のほうが

メンテナンスしにくいんじゃねぇか(笑)

何事にも「シンプル イズ ベスト」だと

常にオイラは思っているんですが

今回このベンツを整備してみたら

車は古くなっても「古臭くない?」

欧州車のクルマづくりの考え方に脱帽です。

(^_^;)

オイラは

「MADE IN JAPAN」の車が

最高だと思い今日まで精一杯メンテナンスしてきましたが

どうも「井の中の蛙」だったみたいです

(^_^;)

やっぱり世界は広いのです!

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク