オーバーヒートには御用心?@ スバル フォレスター【車検と車の修理@東大阪!】

「オーバーヒートしました。修理してもらいたいので車を持っていきたいんですけど」

とのことで

キャリアカーに積まれた「スバル フォレスター」が

オイラの「秘密工場」へ運びこまれてきました

(^^)

c5aba350173bc546d14481b9ec433bcb

オーナー曰く

「前の修理の時にオイラに「水漏れ」を指摘されていたんですが気がついたら

水温計の針が「HOT」になってました。すぐにエンジンを止めて

冷やして水を入れながらゆっくりと戻ってきたんです」

オイラは

「前にも言いましたがオーバーヒートはエンジンに一番悪い!ヘタしたら

エンジンを一発で壊してしまうこともザラにあります。

オーバーヒートして一番多いのは「シリンダーヘッドの歪み」

「ヘッドガスケット抜け」です。

今回のフォレスターももしかしたらガスケットが抜けてるかもしれません。

とりあえず点検してみて連絡します」と言って了解を得ました(^_^;)

ということで

18efe994a476dc564318efef40bbfd36

リフトアップして見ていきます。

エンジンルームにはクーラントが飛び散った跡がいっぱいで

クーラントの焼けたニオイがプンプンしております(>_<)

51aef49298eeca253806182e963aabf1

早速、水漏れを探るためにテスターで圧力をかけます。

471696f53d78f3a85c2da77d59deb1c3

837f74e7d98816de08eafa39941ee894

ラジエターのアッパータンクからバッチリ漏れてきました(゜o゜)

しかし問題はこれからです。

エンジンのヘッドガスケット抜けを判断するのに

ラジエターが漏れていては水が張れず、なかなかむずかしいです。

なので簡易的に水漏れ箇所をふさぎながら水を張り

エンジンをかけて良否を判断します。

43ba40b27e4191b97cbeb982c479b82b

水温に注意しながらじっくりと探ります。

しかし

もう少しのところで冷却水が噴き出してきてこれ以上は続行不可能!

ということで

時間をかけて点検した結果は「五分五分?」

ほんまに微妙なところです(ーー;)

なので

このフォレスターのオーナーに連絡をとり

「エンジンがいけるかどうかはオイラ的には五分五分やと思います。

オイラのなかではたぶんいけると思ってますがちゃんと水を張れる状態で

ないとわかりません」とお答えしました(ーー;)

オーナーは

「それやったらどうしたらいいですか?」と言われたので

オイラは

「例えば中古のラジエターを探して組付ける。それで問題なかったら

ホース類も交換する。その代わり、もしエンジンのガスケットが逝ってたら

中古のラジエターは無駄になります。それでもやりますか?」と答えました。

フォレスターのオーナーは

「それでお願いします。17万kmも乗ってるけどいっぱい思い入れのある車なので

もし直るんだったら直してあげたい。いけるとこまでこれからも乗ってやりたい」

オイラはオーナーのこの思いに「グッ」ときました(^^)

「わかりました。それやったら中古のラジエターを探して持ち込んでください。

それまで待ってますから」とお伝えしました(^^)

それから数日後

オーナーから電話があり

「中古のラジエターが結構高くてそれやったら社外品の新品ラジエターと

値段が変わらないのでそれを購入したので持っていきます」とのこと。

そしてその日の夜に奥さんとお子さんを連れてラジエターを持ってきてくれました。

奥さんも「思い入れのある車なんで出来れば直ってほしいです」とお話しておりました

ということで全てのことが整いましたので

みなさんのご期待に応えるべく

作業開始です!

(^o^)丿

まずは

1efe08b010e91d4cd1b344b252ab1e90

612f0ca5baaae521df96a2aff063c64d

ラジエターを脱着。

22f7a7e9ffa5a0e9db825fcee47e2322

電動ファンが生きてるか?

確認します。

0eaa9a8b5fbbf722f7e0dc9a1baf54ba

「ブ~ン」という音とともに元気よく回りましたので

とりあえずOK(^^)

d7a41a580579e6313dc31353551bea71

オーナーから持ち込んでもらった社外品のラジエター

d33dc31501cecd4d28c86c9aac2ea481

6103de27e4824e27fc5fac0189ffe9dc

全部組替えておきます(^^)

ラジエター関係が完成したら

ひとまず置いといて

サーモスタットを交換します。

852a9e8643cd098f4b84ad5e6243c1e2

0d55d8eec32ed42c74a0f05e099382c0

5c6191df51d7be8d3848c9bf26172f7c

スバルの「水平対向エンジン」はここからよく漏れている車が多いです

(^_^;)

6ba45325f2756e67ffaaeafeb88b406b

そしてサーモスタットを交換です。

サーモに付いているジグルバルブの位置に気をつけてセットします。

6a2d6a62f7f83a608d9793ce22be2fc7

そしてラジエターホースも交換して

2ca77d9dc12be1e98d52d2920b8a09ea

ラジエターを組付けて冷却水を注入!(^^♪

エンジンを完全に暖気しながら冷却システムのエアーを抜いていきます。

そして時間をかけて調べた結果・・・

エンジンは助かってましたよ!

よかった!\(^o^)/

それもこれも車がオーバーヒートした時に

オーナーが「ヒート」したままいたずらに走らせなかったのもよかった!

しかし喜んでエンジンをずっとかけていたら足元に緑色した液体が・・・(゜o゜)

びっくりしてエンジンルームを覗くと

dcc9a2024868525be4a4df7bec343d8d

ラジエターの別体タンクからラジエター本体をつなぐバイパスホースから

突然、漏れてきました(ーー;)

仕方がないのですぐにホースを手配して交換。

最終的に水の量と水漏れがないのを確認して

a9fe24bf625bb35d6462f97dfddca111

全ての任務が完了!(^^ゞ

これでまたしばらくは乗れることでしょう。

後日引き取りにきたオーナーにも喜んでいただいて

ほんと

気持ちのよいお仕事をさせていただきました。

(^^)v

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク