エンジンが吹けないんです @ フレイザー【車検と車の修理@東大阪!】

ある日のこと

お店を開店してからしばらくすると

「クルマのエンジンの調子が悪いから診てほしい」とお客様がご来店!(^^)

クルマは「フレイザー」というニュージーランド生まれのマシーンです。

(^_^;)

早速テスト走行に行きましてアクセルを踏んでいくと時折

「バーン、バッバババババーン」と

バック&アフターファイヤーの嵐で正直「乗ってられません」

(>_<)

直ぐに工場に戻って診断開始!

このフレイザーに搭載されているエンジンはフォードの4発で

燃料はキャブで制御されております。

点火系は今ではあまり見かけなくなりました

デストリビューターが付いております。

(^_^;)

「燃料系」か「点火系」のどちらに原因があるのか絞る為に

「エンジンスコープ」をセット!

最近はOBDⅡテスターが主流なのであまり出番がないですが

こういうレトロな点火システムには

俄然、チカラを発揮する頼もしいヤツであります(^^)

点火波形を見ながらトラブルシュートを進めていきます。

アイドリング状態から軽く吹かすと

ほんの一瞬、1番と2番の波形が乱れることが判明!(゜o゜)

プラグがスパークする手前で電圧がリークしているようです。

直ぐにプラグ、プラグコード、デスキャップ、ローター等を点検!

しかし

サーキットテスターで測定した感じでは抵抗値も悪くないし

辺りを見まわしてもリーク跡さえ見当たらない(+_+)

だけどもエンジンスコープは確実にエンジンの不調を捕らえて

一瞬の電圧リークも表示していた(゜゜)

オイラは「プラグコード」と「プラグキャップ」が一番怪しいと思い

在庫していた国産車用のプラグコード&キャップを

無理から差し替えてみると・・・

先程まで「ぐずっていた」エンジンが嘘のように吹き上がった!

良かった!(^^)

折角なので「バイク用」の高級プラグコードを少し改造して奢ってやりました(笑)

本当に点火系のリークするのが一瞬の出来事なので

その「瞬間」を捕らえられるかに全てが掛かってきます。

今回のケースの場合、「目視」や「サーキットテスター」による

「抵抗値の測定」だけでは故障診断はかなり厳しいです。

ということで

出番はかなり減りましたけど古い輸入車や国産の旧車なども

まだまだいろいろと走ってますので

機会があればコレからも

「エンジンスコープ」や「オシロスコープ」等が

現役で使えそうでありがたいです。

(^^)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク