日々 コレ 自動車修理!⑲ @【点検&メンテナンス!】

「年齢」をば重ねる毎に

やること為すことが「億劫」「臆病」になっている今日この頃 (ーー;)

そして

「こうやって人って老けていくんやな~」と工場の片隅でチェアーに腰かけ

修理中の車をポカーンと見つめながら

「オイラの人生とは?」と哲学的に

一人考え込む店主 (-。-)y-゜゜゜

しかし

電話のベルが鳴った瞬間、現実に戻り

「そうや!こんなところで老けこんでる場合ではないぜよ!」(`´)

「人生」はもっと楽しいハズ!\(^o^)/(ビバ!)

常に新しいことを「妄想 or 創造!」しつつ頭の中を活性化!\(^o^)/

なんせ「知的好奇心」こそが若さの秘訣ダロ?\(^o^)/

ということで

「日々 コレ 自動車修理!⑲」

はじまるよ~!

(^o^)丿

img_2936.jpg

スバル レガシィ(BP5)でございます(^^)

「車検&2年点検」で入庫!

img_2937.jpg

リフトアップして点検していきますが

特に何も無い感じ (^_^;)

img_2938.jpgimg_2939.jpg

エンジンオイルを交換。

結構汚れておりますな!(^^)

img_2947.jpg

ドレンガスケットは交換しましょう!

img_2948.jpg

ふと目が止まったのは

img_2949.jpgimg_2950.jpg

スタビライザーのブッシュ!ではなくて

img_2951.jpgimg_2952.jpg

リンクのブーツ破れでした (^^)

img_2954.jpg

右が新品のスタビブッシュ。かなりヘタってますぜ!(^_^;)

img_2955.jpgimg_2956.jpgimg_2957.jpg

リンクもブッシュも交換してすっきり~!(^^)

img_2958.jpg

ブレーキフルードも抜き替えて

img_2960.jpgimg_2962.jpg

排気ガスをチェックしたら一丁あがり~!(^^)

img_2806.jpg

ダイハツ ミラV(L250V)でございます(^^)

「各部の点検&整備」で入庫!

img_2807.jpg

お、お、お約束ナンダナ(^_^;)

img_2808.jpg

知らず知らずのうちにタペットカバーからオイルが漏れ漏れでございましたよ!

(ーー;)

img_2809.jpg

レッツ!洗浄たいむ (^_^;)

img_2810.jpg

カバー脱着!

img_2812.jpg

カバーパッキン。

img_2813.jpg

交換したら

img_2814.jpg

組付け!

img_2815.jpg

カチカチのパリンパリンに成り果てたカバーパッキン。

そりゃ漏れますって(ーー;)

img_2816.jpgimg_2817.jpgimg_2818.jpg

ちびったプラグも交換しときましょう!(^^)

img_2819.jpgimg_2820.jpg

リヤのホイールシリンダーはオーバーホール。

ドラムのロックナットワッシャー。

よく締めすぎで潰れてますのでご確認を!(^^)

img_3269.jpg

スズキさんちのワゴンR(MH21)であります!

「車検」及び「2年点検」の為、入庫!

img_3352.jpg

年式からいくと そんなには走ってはないですね(^_^;)

img_3270.jpgimg_3271.jpg

リヤブレーキ

img_3272.jpg

フロントブレーキ

img_3273.jpg

???

img_3274.jpg

エンジンオイルが漏れ漏れなのを発見!

こんな時、安易に「OX漏れ剤」等の「ケミカル商品」を注入しないで(笑)

さっさと修理屋さんへ「GO」ですぜ!(^^)

img_3275.jpg

どうやら漏れてる箇所は「クランクシール」からみたいッス!(゜o゜)

img_3277.jpgimg_3296.jpg

リヤブレーキをオーバーホールすべく

img_3297.jpg

分解しておきます(^^)

img_3333.jpg

脱着したクランクプーリー

img_3334.jpgimg_3335.jpg

オイル漏れの原因は思ったとおりクランクのシールでした。

img_3337.jpgimg_3338.jpgimg_3339.jpg

シャフトに傷をつけないように細心の注意をしながらオイルシールを抜きます!

(^_^;)

img_3340.jpg

焦らずに時間をかけて新しいシールを圧入します

img_3341.jpgimg_3342.jpg

組付けたらベルトを張ってエンジンを始動!

オイル漏れがないかチェックします。

img_3344.jpg

其の間にさっさとリヤのシリンダーをオーバーホール!

img_3345.jpgimg_3346.jpg

ブレーキ調整をしたら完成!(^^)

img_3347.jpg

エンジンオイルの漏れも止まったようなので

修理完了! (^^♪

img_3348.jpg

あとはブレーキフルードをきっちり抜き替えて

img_3349.jpgimg_3350.jpgimg_3353.jpgimg_3357.jpg

各データーをチェックして問題がなさそうでしたら

img_3359.jpg

点検&整備&修理作業が完了でございます!

(^^♪

img_2479.jpg

ダイハツ ハイゼットカーゴ(S320V)でございます。

「オイル漏れ」の為、入庫しましたよ(^^)

img_2480.jpg

エンジン下部に結構なオイル漏れがしていたので

「お約束」のバルブカバーガスケットかと思いきや・・・

img_2481.jpg

どうも、この「フタ?」から漏れてきているのがわかりましたよ(゜o゜)

img_2505.jpg

気持ちよく抜いてみたらこんなシャフトになっており

img_2506.jpg

Oリングが完全に「ぺちゃんこ」になっちまってました (゜o゜)

これじゃ漏れるなというほうが無理デス (ーー;)

img_2507.jpg

右が新品のシャフトですがどうも「OCV=オイルコントロールバルブ」が

付いていない車両にはこれを突っ込んであるみたい(^_^;)

img_2508.jpgimg_2510.jpgimg_2511.jpg

組付けてオイル漏れが無いのを確認したら完成ダス!

(^^♪

img_3717.jpg

三菱 EKワゴンであります。

何やら「異音?」がするとのことで入庫!(^^)

img_3718.jpg

点検してみると確かに「カチャカチャ」と

定期的にエンジンルームから「音」が聴こえてきます(^_^;)

?????(?_?)

img_3720.jpg

「音」のする方を探っていたら「ファンベルト」の背面部分が切れているのを発見!

(゜o゜)

img_3721.jpg

どうもこの「オートテンショナー」があやしいので

img_3724.jpgimg_3725.jpg

脱着しみたらベアリング部分が焼き付いてゴリゴリでした

(゜o゜)

ファンベルトは削れて薄くなって裂けたみたい(゜o゜)

ほんと、あぶねえところでしたよ!(^_^;)

img_3729.jpgimg_3731.jpg

新品のオートテンショナーをドッキング!

img_3732.jpg

そして新品のファンベルトを張ったら・・・

img_3734.jpg

あーら不思議! あの「カタカタ音」は完全に消え去りましたよ!

ええ感じでございまする

(^^♪

img_2765.jpg

最後は

ニッサン スカイライン(ER34)でございます。

オーナー曰く

「サービスエリアで休憩していたら臭い排気ガスが車内に入ってくる?」らしい

ディーラーにも何回か出したらしいですが診断機つないで「特に問題なし」で終了?

っていうか、もう既に排気ガスで目が痛いんですけど~(ーー;)

img_2612.jpg

現在の走行距離は「魅惑」の25万kmオーバー!

まだまだこれからデス(笑)

img_2751.jpg

もう既に「臭くて目が痛い」排気ガスですが現状を知るために

テスターで測定します。

img_2732.jpg

思ったとおり「HC」が出過ぎです (ーー;)

テスターでデーターを見てみると「O2センサー」が「リーン」側に張り付いたままで

戻ってきません(゜o゜)

これじゃ「空燃比」はズレて排気ガスも臭くなりますぜ!(ーー;)

img_2630.jpg

「異常」があっても「異常なし」(^_^;)

img_2636.jpg

もう少し調べてみます(^^)

img_2637.jpg

電圧は無問題。

img_2656.jpg

オシロで診てみるとセンサーは一応動いているみたいですな(^_^;)

img_2616.jpgimg_2615.jpgimg_2620.jpg

O2センサー脱着。

固着していて緩めるのが大変でしたよ!(+_+)

img_2623.jpgimg_2625.jpg

導通したり断線したりと不安定極まりなし(+_+)

以上の結果から「O2センサー不良」と判断しましたので新品のセンサーに交換!

img_2728.jpg

交換後は「張り付き」もなくなり、キチンと仕事をしてくれてます(^^♪

img_2731.jpg

再度、排気ガスを測定!

img_2744.jpg

だいぶと良くなりました(^^♪

この時点では少しだけ臭いが残ってますが目が痛くなることはなくなりました(^^♪

img_2634.jpg

AACバルブの数値が少し高めなので清掃します。

img_2733.jpg

スロットルボディも汚れているのでキレイに清掃しましょう!

img_2734.jpg

基本的に触らなくてよいスロットルのストッパー部分が弄られた跡がありました。

img_2735.jpg

AACバルブを脱着!

img_2736.jpgimg_2737.jpg

稼動部分は結構ススがこびり付いてましたのでキレイに洗浄しておきましょう!(^^)

エアースクリューもキレイにします(^^)

img_2740.jpg

そして

AACバルブの数値が下がりました。

img_2644.jpg

走行テストで各部の調子を診ます。

img_2643.jpg

戻ってきたら

img_2731.jpg

再度、排気ガスを測定!(^^♪

img_2752.jpg

ほとんど排気ガスの臭いもせず、

エエ感じになったと思います!(^^♪

img_2766.jpg

コレにて全ての作業が完了!(^^ゞ

排気ガスの「臭い」もほとんどなくなり

ER34オーナーにも喜んで頂いたのでこちらも作業した甲斐がありました(^^♪

ということで

今回の「日々 コレ 自動車修理⑲」は

ココまででございます!(^^)

いつの日か またお会いしましょう!

それじゃ~ またな~!

(^o^)丿

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>