日々コレ自動車修理!⑱ @ (プリウスα・ムーブ・ワゴンR etc)【車検&整備@東大阪】

寒い~(>_<)

とうとう熱燗とお鍋がおいしい季節になってきました。

冬はキライですが食べる物は美味しいしお酒も旨し!

そして何よりも美味しい物や美味しいお酒を頂く為にオヤジは日夜「奮闘」しておるのデス!(

しかしお酒がいくら美味いからといって「飲酒運転」はもちろんダメですぜ!(`´)

「おみやげは無事故でいいのよ お父さん!」

ということで今回もはじめるぞ~!

(^o^)丿

img_2157.jpg

トヨタ プリウスα(ZVW41W)であります

言わずと知れた「HV車」でございます。

「車検」&「24ヶ月点検」の為に入庫!

img_2158.jpg

なにわともあれ「感電?」しないように気をつけます(^_^;)

img_2159.jpgimg_2160.jpg

しかしブレーキパッドの減ってないこと。

回生ブレーキのおかげでしょうね(^_^;)

img_2161.jpgimg_2162.jpg

エンジンのファンベルトやクーラーベルトが無いっす。

「HV車」にとっちゃ、エンジンは只の「発電機」なんだな(^_^;)

img_2163.jpg

ブレーキフルードを抜き替えますが

これが普通の車のようにはいきませぬ!(゜o゜)

img_2164.jpg

まずはテスターを使って「今からエアー抜きしますよ!」って教えてあげます(^_^;)

img_2165.jpg

あとはテスターの指示に従って作業していきます。

img_2167.jpgimg_2168.jpg

各ブレーキのキャリパーから順番にフルードを抜いていきます。

メチャ勢いよくフルードが飛び出してきますので

気をつけないと「アッ」という間にタンクが空になってエアーが混入します。

結構 時間がかかります

img_2170.jpg

やっと終わった。

めんどくせー!(>_<)

img_2173.jpg

フルードのレベルを合わせます。

最後に「エラーコード」が入ったので消去しておきます

img_2177.jpg

OK!

過去に入ったエラーコードもついでに消去!

img_2179.jpg

もう一度チェックをかけてみて全体にエラーコードが出ないのを確認!

img_2190.jpgimg_2191.jpg

排気ガスを測定したりヘッドライトの調整するにも

エンジンをずっと運転させるために

img_2192.jpg

「整備モード」へ移行させておきます(^_^;)

img_2211.jpg

そんなこんなで無事に「車検」&「24ヶ月点検」完了!(^^)

とりあえず何とか「感電」しないで済みましたよ(笑)

img_1681.jpg

お次はダイハツムーブ(L175S)でございます(^^)

img_1682.jpg

「車検」&「24ヶ月点検」でお預かりしましたが・・・

突然、エンジンが「ぶるぶる、ぶるぶる」してきました(゜o゜)

img_1683.jpg

診断してみると定番の「アレ」でございました。

img_1684.jpg

右側のエンジンマウント。

一部砕けてました。こりゃだめだ~!(゜o゜)

気持ちよくクラックが入っておりました。

これではエンジンの振動は受け止めれません。

img_1688.jpg

左側が新品のエンジンマウント

古いほうはセンターがズレてます

img_1693.jpg

ドッキング!

img_1694.jpg

エンジンの「ぶるぶる」は見事に消えました (^^)

お次は

img_2212.jpg

「三菱 EKワゴン」であります(^^)

「車検」&「24ヶ月点検」で入庫!

img_2213.jpgimg_2214.jpg

キレイなもんです!

img_2215.jpg

特に何もなさそうでしたが・・・

img_2216.jpg

分解中!

img_2217.jpgimg_2218.jpg

リヤのホイルシリンダー

img_2219.jpgimg_2220.jpg

ブレーキフルードが滲んできてました

img_2222.jpg

img_2221.jpg

サクッと「リヤブレーキ オーバーホール」完了!(^_^;)

そして

img_2223.jpgimg_2224.jpg

タイヤを付けようとしたら裏側に「画鋲」が刺さってるのを発見!(゜o゜)

img_2225.jpg

もしかしたら「ギリで助かってるんじゃねぇ?」と思って

なんの躊躇もなく画鋲を抜いたら

img_2226.jpg

「シュゥゥゥゥゥーーー」って完全にアウチ!(>_<)

img_2227.jpg

横っ腹なので修理できるかどうか?微妙でしたが

何とかエア漏れは止まったみたいダス (^_^;)

img_2228.jpg

来るべき寒い冬に備えてバッテリーも交換しておきます。

img_2229.jpg

スモール球も切れてます

img_2230.jpg

排気ガスを測定

img_2231.jpg

思ったより出てるなー(^_^;)

img_2232.jpg

テスターで何かエラーコードがないか調べます

img_2235.jpg

img_2236.jpgimg_2237.jpg

いろいろしてたら数値が下がりましたよ(笑)

そして

img_0574.jpg

スズキさんちのワゴンR(CT51S)でございます(^^)

メインのキーが抜けないようになるので全ての「Key」を

交換してくれろとご依頼されましたが・・・

img_0575.jpg

とりあえず分解して原因を調べていきます(^^♪

img_0576.jpgimg_0577.jpg

どうも「シフトロック」が悪さをしてる感じ(^^♪

img_0578.jpgimg_0607.jpg

新品のシフトロックワイヤー

古いほうのワイヤーは少し伸びており、コレが原因かと(^^♪

img_0609.jpgimg_0610.jpg

ブレーキのストップランプスイッチ。

img_0611.jpg

一応、生きてるのですが常に「ON&OFF」してる部分なので交換しておきます

(^^♪

img_0613.jpg

組付け!(^^♪

img_0614.jpgimg_0615.jpgimg_0616.jpg

何度も「Key」を抜き差しして直ったのを確認しましたら元に戻して完了デス!

(^^♪

お次は

img_2135.jpg

スバル レガシィ(BH5)であります(^^)

今回のご依頼は

・オイル漏れ?

・水漏れ?

・エンジンの異音?

でございます(^^)

img_2137.jpgimg_2140.jpgimg_2145.jpg

よく観察してみると、オイル漏れは右バンク側の「シールワッシャ」からみたい。

img_2146.jpg

水漏れ確認の為にテスターで圧力をかけます!

img_2147.jpgimg_2148.jpgimg_2149.jpgimg_2150.jpg

どうも水漏れはロアホースからみたい (^_^;)

img_2151.jpg

水漏れはホースバンドを増し締め!(^_^;)

img_2153.jpg

エンジンからの異音はベルトがかなり緩んでましたので

張っておきました!(^_^;)

ソレよりもエアコンのコンプからコンプオイルが滲んできてる?

img_2154.jpgimg_2155.jpg

オイル漏れの原因であろうシールワッシャーを交換するのに

分解していきましょう!

img_2156.jpgimg_2182.jpg

これが「シールワッシャー」。

8本もあり 結構めんどくさい(+_+)

img_2183.jpg

全部交換しましたよ!(^_^.)

img_2184.jpg

「そういえば今年はエアコンの冷えが弱かったような・・・」と言われるので

オーナーと協議した結果、エアコンのガスとコンプオイルを注入することに!

img_2185.jpg

img_2186.jpgimg_2187.jpg

バルブコアを交換するのはお約束(^_^;)

img_2188.jpgimg_2189.jpg

真空引きをしてからガスチャージ!

img_2195.jpgimg_2196.jpgimg_2197.jpgimg_2198.jpgimg_2199.jpg

時期が時期だけに全ドアを開けてても冷えすぎて寒い~(+_+)

img_2200.jpg

img_2201.jpg

最後にオイル漏れがないのを確認したら完了です!(^^♪

そして

img_1860.jpg

スバル レガシィ(BP5)でございます。

走行してると後ろから異音がするとのことで入庫!(^^)

実際に走行テストしてみると左後ろから「ゴトゴト」と異音がするのを確認!

img_1862.jpg

リフトアップして調べるとハブのあたりがガタガタ(+_+)

リヤの「ハブベアリング」が逝かれてると判断しましたので分解していきます。

img_1861.jpgimg_1885.jpgimg_1886.jpg

サビがなかなか酷いので先行きが不安になります(^_^;)

img_1891.jpg

ブレーキのローターも酷い状態。

img_1892.jpgimg_1893.jpg

パーキングブレーキあたりも「サビ&サビ!」(+_+)

img_1896.jpgimg_1897.jpgimg_1899.jpgimg_1900.jpg

パーキングブレーキも分解!

img_1902.jpgimg_1903.jpgimg_1904.jpg

一番危惧していたことが現実になったぜよ!(>_<)

サビのおかげでドライブシャフトがハブから抜けません。

なのでドラシャごと抜くはめに・・・

img_1905.jpg

ドラシャごと交換するしかないと思いましたが一縷の望みをかけて

img_1907.jpgimg_1908.jpg

浸透剤をタップリ注入して、しばらくしてからプレスで押してみると・・・

img_1909.jpg

おおっ~!動いた!\(^o^)/

img_1910.jpg

無事に抜けました!助かった!\(^o^)/

しかし見事にスプラインが錆付いてました。

そりゃ抜けませんって(>_<)

img_1911.jpg

逝かれた「ハブベアリング」。

ゴリゴリでガタガタでした(゜o゜)

img_1912.jpgimg_1913.jpgimg_1915.jpg

ハブの入るところをばキレイにして

img_1917.jpg

スプラインのサビも出来るだけ落としておきます!

img_1919.jpg

サビて「再使用」したくないボルトは交換しときます(^_^;)

img_1920.jpg

ハブベアリング組み付け!

img_1921.jpg

どんどん組付けていきます

img_1922.jpgimg_1923.jpg

全部組付けたら実際に走行テストして異音が無いのを確認!(^^)

img_1924.jpg

ということで

コレにてすべての依頼が完了デス!(^^♪

待ちわびるオーナーたちにも無事に納車させていただきましたので

これまで以上に

これからも愛車を可愛いがってあげて下さいませ!

ということで 今回はココまで!

それじゃ~!またな~!

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク