エアコン修理で快適な夏を!@ニッサン プリメーラ(HP10)【カーエアコン修理!】

「暑い」(>_<)

「呪文」のようにこの言霊が発せられている今日この頃。

家庭でもクルマでもエアコンのフル稼働の季節がやってきました

エアコンのない生活は「ナイスなバディ?」のオイラには考えられません(>_<)

エアコンの効いた「涼しい部屋」で「冷たいドリンク」を呑む為に

オッサンは日夜?がむばっておるのであります(^^ゞ

ということで

「エアコンレス」や「エアコン嫌い!」にゃ~ 用はねぇ!(`´)

凍えるくらい寒く冷やして この暑い、熱い夏を乗り越えるべし!

(^o^)丿

img_0720.jpg

ニッサン プリメーラ(HP10)であります (^^)

「エアコンが効かなくてさすがに乗ってられん」ということで入庫。

img_0924.jpg

走行は175,000ケロほど。

img_0618.jpg

早速、ゲージを入れて「点検&診断」

ガス圧はあるがコンプレッサーがONしない?

調べていくとあることに気が付いた!

室内のエアコンパネルのランプが点灯していません(゜o゜)

「10A」のヒューズが切れておりました(゜o゜)

新しいヒューズを入れてみるとコンプレッサーが動き

冷たい風が出てきました。

しばらくしても全然ヒューズが飛ばないのでオーナーに

「もしヒューズが飛んだら連絡ください」とお伝えして

一旦 クルマを返却 (^_^;)

15分くらいしてからオーナーから連絡があり

「やっぱりヒューズが飛んだみたいです」と

連絡がありました(^_^;)

img_0620.jpg

ということでクルマをお預かりして「ヒューズ切れ」の原因を探りましょう (^_^;)

なにわともあれ、一番あやすい「マグネットクラッチ」をば点検!

img_0622.jpg

電圧は問題なし。

img_0623.jpg

「電流計」を入れて調べます。

「10A」のところに「15A」ほどの電流が流れておりました。

これではすぐにヒューズも飛んでしまいますね、ゴメンなさい(^_^;)

こんな時によくあるのが

「10A」のヒューズが切れるから「15A」や「20A」等の

大きなヒューズを入れる方が

おられますが絶対にやめましょう!(`´)

マジで「車両火災」になりますので。

キチンと原因を掴んで修理してくださいな!(`´)

img_0720.jpg

img_0722.jpg

img_0723.jpg

マグネットクラッチの不良がわかったのでコンプレッサーを脱着していきます。

img_0728.jpg

ちなみにマグネットクラッチの抵抗を測ってみると完全にアウチ!(^_^;)

もちのロンで「リキタン」も交換デス!(^^)

外したコンプレッサー。

昔の車のコンプはデカいし重い!(^^)

img_0733.jpg

外したリキタン。

img_0737.jpg

img_0738.jpg

新品のリキタン。

まだ部品がありましたよ(^^)

img_0739.jpg

img_0740.jpg

img_0741.jpg

組付け!

img_0742.jpg

リビルトのコンプがきたのでコイルの抵抗を測ってみた。

img_0746.jpg

img_0747.jpg

リビルトのコンプレッサーをドッキング!(^^)

img_0748.jpg

img_0776.jpg

img_0777.jpg

img_0778.jpg

img_0779.jpg

img_0782.jpg

コンプを交換するにあたり「エキパン」も交換のため、クーリングボックスを脱着!

img_0783.jpg

img_0784.jpg

img_0785.jpg

img_0786.jpg

img_0787.jpg

ボックス分解。

img_0788.jpg

img_0789.jpg

埃やゴミがあってキチャない(ーー;)

ここを通った風が車内にいてる皆さんに届けられるわけですよ!

img_0790.jpg

エバ洗浄! 外側だけでなく内部も洗浄します。

パイプ内も洗浄。結構汚れてますぜ!(^^)

img_0820.jpg

新品のエキパン。まだあるのね (^_^;)

img_0821.jpg

img_0823.jpg

ヤレた感タツプリの古いエキパン。

img_0824.jpg

img_0826.jpg

ドッキング!(^^)

img_0828.jpg

img_0829.jpg

ボックスを元通り組付けたら

img_0771.jpg

img_0749.jpg

心ゆくまで

img_0750.jpg

真空引き!(^_^;)

img_0763.jpg

img_0764.jpg

ベルトも張ったら

img_0765.jpg

あとはガスチャージしていくだけ!

img_0767.jpg

img_0769.jpg

img_0770.jpg

規定量のガスをじっくりとチャージしていき冷えを確認。

ところが各部を点検していると・・・

img_0774.jpg

img_0772.jpg

???

img_0773.jpg

ええー? コンプレッサーからオイルが漏れてきましたよ!(゜o゜)

マジかよ~!(゜o゜)

ほんまに勘弁してほしいぜよ!(>_<)

img_0830.jpg

すぐに部品商を通じて同じ「リビルト会社」から

新しいコンプレッサーが送られてきましたが・・・

img_0831.jpg

箱から出して組付ける前に点検すると

なんかオイルが出てるんですけど~(゜o゜)

直ぐに部品商の担当の人に連絡。

そこからリビルト会社に話をしてもらうと

「それはコンプオイルではないので問題ない?」(゜o゜)

たとえベターっとしてるのがコンプオイルでなくても

こちらとしては組んで同じ目に合うのはゴメンなので

即効で返品!(`´)

「ご迷惑をおかけしました」と部品商の担当から

「別の」リビルト会社から新たなコンプを持ってきてくれた(^^)

今度のコンプはよさそうな感じなので早速組付けたのですが・・・

なんかおかしいぞ! (>_<)

img_0833.jpg

なので

組付けたリビルトのコンプレッサーをもう一度外して

古いコンプとまじまじと見比べてみました (^_^;)

img_0839.jpg

img_0840.jpg

img_0841.jpg

img_0842.jpg

低圧パイプの入るところが約4mmほどリビルトのコンプの方が大きくて

これじゃ使えねー (>_<)

img_0843.jpg

img_0844.jpg

高圧側はほぼ一緒でした (>_<)

img_0848.jpg

泣く泣くコンプレッサーを返却することになり、なんかあまりにツイてないので

しばし忘れる為に他のクルマの作業に没頭。

何日か経って担当の人から

「また別のリビルト会社から取り寄せようと思ったのですが最初のリビルト会社から

今度は完璧に?組むのでもう一度チャンスをもらえないか?と言ってきたのですが

どうしましょう?」ということでしたので

仏の?hakkocarsさんはそのココロをば汲んであげました(笑)

img_0892.jpg

新たに組まれてきたコンプレッサー。さすがに今度はよさそうです(笑)

img_0893.jpg

仏のhakkocarsさんの顔も三度まで(^^)

img_0895.jpg

img_0914.jpg

時間をかけて真空引きします。

img_0915.jpg

時間をかけてガスチャージ。

img_0916.jpgimg_0918.jpg

img_0920.jpg

今度はエエ具合に冷えていきます(^^)

img_0921.jpg

img_0925.jpg

img_0931.jpg

途中で窓を閉めてみると「霜」が出てきましたよ(゜o゜)

img_0936.jpg

もう充分「寒い」デス(^_^;)

img_0939.jpg

img_0941.jpg

img_0942.jpg

img_0946.jpg

最終チェックの為、お外で走行テスト!(^o^)丿

img_0947.jpg

img_0948.jpg

img_0949.jpg

img_0950.jpg

img_0952.jpg

img_0954.jpg

img_0975.jpg

img_0973.jpg

大阪のこの日のお昼の外気温が33℃。

修理したエアコンの真価を試すのに敢えて渋滞しているところに突入。

「ブロアーファン最大・MAXCooL・Dレンジ」で

9℃前後とめちゃ快適!(^^♪

img_0617.jpg

ということで

「ヒューズ」も飛ぶこともなく(笑)

コレにて泣かされました「カーエアコンの修理」は完了!

待ちわびるオーナーにも無事に納車させていただきました

(^^♪

これで来たる「熱い夏」も快適に越えられることでしょう!

それじゃ~ またな~ (^o^)丿

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>