進まぬ理由?@ ニッサン グロリア(HBY33)【ブレーキオーバーホール!】 

「アクセルを踏んでもクルマがあんまり前に進まないんですが・・・」

ということで入庫してきましたのは

img_6316.jpg
ニッサン グロリア(HBY33)でございます。

オーナー曰く「何かリヤが引き摺ってる感じがするんです?」

とのことなので

それじゃ~早速 原因究明といきましょ~!(^o^)丿

img_6315.jpg

現在の走行は「約56、500km」

年式の割りにあんまり走ってません(^^)

実際に走行テストしてアクセルを踏んでみても確かに進まず「重い?」ので

どうもリヤブレーキが引き摺ってる感じデス。

img_6115.jpg

左リヤのブレーキ

img_6114.jpg

右リヤ

img_6116.jpg

???

img_6117.jpg

左リヤ

img_6118.jpg

右リヤ

img_6119.jpg

右リヤのキャリパーが飛び出して

img_6120.jpg

ブレーキパッドが「消滅」してます(^_^;)

img_6122.jpg

左リヤのローター。

特に問題なし!

img_6123.jpg

左リヤのブレーキ関係。

img_6124.jpg

ブレーキパッドも残ってます


img_6127.jpg

ローターの表側は問題なし

img_6128.jpg

でもローターの裏側は結構削れてる(^_^;)

右リヤブレーキ分解!

img_6130.jpg

キャリパーは飛び出したまま戻りません(ーー;)

img_6132.jpg
img_6133.jpg

ブレーキパッドは完全にアウチ!(ーー;)


外したローターにはおもいっきり「焼き」が入ってましたよ!(笑)

裏側は「気持ちいい!」くらい削れてました(笑)

img_6138.jpg
img_6139.jpg

見た感じまともそうな?左ブレーキのキャリパーは何とか分解出来ましたが

右ブレーキのキャリパーはピストンさえ抜くことが出来ませんでしたよ(>_<)

でもって抜けたピストンさえ「サビ&アナーキー」の為、ご臨終 (>_<)

シリンダー内部も「段」になるくらい かなり引っ掛かって削れた個所があり

結局、修復不能の為にサヨウナラ(>_<)

img_6145.jpg

なのでオーナーに「点検&診断」の結果を報告し

img_6297.jpg

素直に?

img_6298.jpg

気持ちよく

img_6299.jpg

両方とも
img_6300.jpg

メーカーに

img_6301.jpg

「在庫部品」があるうちに

img_6302.jpg

新品の

img_6303.jpg

キャリパーを

img_6305.jpg
img_6306.jpg

奮発して

img_6307.jpg

奢ってやりましたよ!(^^♪

img_6308.jpg

ブレーキフルードを

img_6310.jpg
img_6311.jpg
img_6312.jpg

キレイに抜き替えたら

img_6313.jpg
img_6314.jpg

完成ダス!(^^)

「クリープ」もするようになったし

「加速」も問題ないので

img_6317.jpg

コレにて全ての作業が完了でゴザイマス!(^^♪

待ちわびるオーナーにも無事に納車出来たのですが・・・・・

このグロリア「屋内保管?」の為、年式の割りに

塗装も各機関もキレイなのですが

「ブレーキ」関係はダメでした。

やはり「サビ」の侵攻は脅威であります(ーー;)

特に「車重」が重ければ重いほどブレーキシステムへの負担は「増大」しますので

いつも言うように

「楽しい思い出」が「苦く辛い思い出」になる前に

「手遅れ」とならないように適切なブレーキシステムの「点検&メンテナンス」を

心がけて頂きたいと思います。

(^^ゞ

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>