修理でGO!@ スバル レガシィ(BG5)【水漏れ修理!】

みなさま まいどでございます!(^^)

前々回から「車検でGO!」「点検でGO!」ときて

今回は「修理でGO!」でございます。

今の世は「自動車」ってやつは

供すればすぐに「乗り替え」という風潮でございますが

どっこい!そんな人ばかりではございません(^_^;)

御自分が気に入ったクルマに「時間」と「手間」と「費用」を掛けて

出来るだけ乗り続ける!

そんな素敵な御仁もたくさんいらっしゃるのです(^^)

「どちらがいいのか?」オイラにゃ正直判りませんが(笑)

只、いつまでも「使い捨て」ではなくて

家でもクルマでも服でも本当に「良い物」を大事にする「文化」が

少しずつでもこの「日の本」で育ってほしいと願うだけでございます(^^)

ということで今回入庫してきましたのは

スバル レガシィ(BG5)でございます(^^)

早いものでこの「BG系」も既に「二十歳」!

晴れて大人の仲間入り?

ほ~んと アッという間ですね(^^♪

img_6844.jpg

現在の走行はたったの10万kmをちょいと出たばかり(^^)

img_5788.jpg

ということでオーナーからのご依頼は「10万km突破記念」である

「タイミングベルトの交換」

そして・・・

ラジエターの水が減る?とのことなので調べてみます(^^)

img_5800.jpg

テスターにて冷却水のシステムに圧力を掛けていきます。

img_5801.jpg

するとどうでしょう!

img_5804.jpg

(゜゜)!

img_5802.jpg

緑色の液体が落ちてきました!(゜o゜)

img_5805.jpg

ウォーターポンプでしょうかね?

img_6522.jpg

もしかしてラジエターからも?(゜゜)

img_6512.jpg

とにかく原因を追求する為にラジエターを外します。

img_6538.jpg

分解中!

img_6541.jpg

外したラジエター。

img_6543.jpg

(゜゜)!

img_6542.jpg

ラジエターの右側のサイドタンクが割れてクーラントが漏れてました。

(>_<)

img_6544.jpg

パワステのポンプからもフルードがジャジャ漏れ!

img_6545.jpg
img_6546.jpg

ポンプを外したらこの有様 (^_^;)

img_6547.jpg

オイル溜り

img_6548.jpg

洗浄&分解中!

img_6549.jpg

分解中!

img_6550.jpg

タイミングベルトがこんにちは!(^^)

img_6551.jpg

img_6553.jpg

パワステのポンプから漏れたフルードがケース内に侵入して

タイミングベルトにかかってましたよ!(゜o゜)

フルードが漏れてるのを発見したら「早期治療」を!(゜o゜)

img_6558.jpg

分解中!

img_6560.jpg

img_6561.jpg

必ず同じところがサビに侵食されている「クランクプーリー」&「クランクギア」

(ーー;)

img_6562.jpgimg_6563.jpg

カムシールからはオイル漏れは無く、滲みくらいでした。

img_6564.jpg
img_6565.jpg

逆にクランクシールからは結構漏れてました(^_^.)

img_6567.jpg

img_6568.jpg

img_6569.jpg

このエルボー型したバイパスホースはウォーターポンプの交換時には

同時交換しておいた方が吉です。

img_6570.jpg

取り付け面はきれいにしておくのはお約束!(^^♪

img_6571.jpg

面を研磨しておきます。

img_6572.jpg

作業しにくい左バンクのプラグ交換

img_6573.jpg

邪魔するものは出来るだけ外すのが鉄則!

img_6577.jpg

プラグも一応「10万km」交換指定でございます。

img_6574.jpg

古いプラグ

img_6576.jpg

新しいプラグ

img_6584.jpg

左バンク プラグ交換完了!

img_6594.jpg

右バンクの方が少しマシです。

img_6591.jpg

カチカチ山のカムシール。

いつ漏れても不思議ではありませんでしたよ(^_^.)

img_6592.jpg
img_6595.jpg

オイルシールを抜いてきれいに洗浄しておきます。

img_6596.jpg

クランクシールも抜きます。

img_6597.jpg

新しいカムシール

img_6599.jpg

オイルシールをガンガン打ち込んでいきます!

(^^)

img_6600.jpg

左バンク

img_6601.jpg

右バンク

img_6602.jpg

クランクシャフト。

レガシィさまは何故か必ずこの部分がサビてます(ーー;)

img_6604.jpg

純正のガスケット。

img_6607.jpg

ウォーターポンプを組み付け。

img_6608.jpg

エルボー型の水ホースも組み付けます。

img_6609.jpg

カチカチ山な「ATF」用のホースも交換して差し上げました(^_^;)

img_6611.jpg

img_6612.jpg
img_6613.jpg

オイラの嫌いな樹脂製のカムプーリー。

img_6614.jpg
img_6615.jpg

サーモスタットも交換しておきましょう!(^^♪

img_6620.jpg

新しいタイミングベルトを張ったら

img_6621.jpg

カバーを組み付け。

折角やるなら出来るだけホース類は交換すべし!(^_^;)

img_6623.jpg

パワステ用のホース

img_6624.jpg
img_6625.jpg
img_6626.jpg

ここまで来たらひと安心(^^)

img_6627.jpg

届いた差し入れのラジエター

img_6628.jpg

電動ファンとその一味を新しいラジエターへ移設します。

img_6629.jpg

OK!(^^)

img_6630.jpg

あとは少しでも冷却効率を上げる為に隙間にクッション材を貼ります!

img_6631.jpg
img_6633.jpg

ラジエターをドッキング!(^^♪

img_6634.jpg

リビルトのパワステポンプ。

コレもこのままじゃダメなので

img_6635.jpg
img_6636.jpg

古いポンプからプーリー&マウントを脱着して

img_6637.jpg
img_6638.jpg

洗浄してから

img_6639.jpg

ドッキング!(^^)

しかし、この時点で何かパワステに少し違和感を感じていたのですが・・・

img_6640.jpg
img_6641.jpg

このバイパスホースもよく後から漏れるので交換しておきます。

img_6642.jpg

あとはクーラントを注入して

img_6643.jpg

水温を監視しながら暫くエンジンを掛けておきます(^_^.)

img_6667.jpg

お次はブレーキ関係を修理していきます(^^)

img_6668.jpg

分解中!

img_6669.jpg

フロントローターも結構痛んでます。

img_6670.jpg
img_6671.jpg

ハブ部分のサビが酷くてブレーキローターが中々抜けませんでした!(ーー;)

ローターの裏側。

かなり削れてます(゜o゜)

img_6676.jpg

リヤブレーキ

img_6677.jpg

分解中!

img_6678.jpg

こちらのブレーキローターも減ってます。

img_6679.jpg

サイドブレーキは後で調整してガツン!と効かせますぜ!

img_6680.jpg

img_6682.jpg

差し入れのブレーキローター

新しいブレーキパッド

img_6706.jpg

サビサビのハブ。

このままじゃ新品のローターがちゃんと座らないので

img_6705.jpg

削り込んでみました。

img_6707.jpg

組み付け中!

img_6709.jpg

ここまできたらキャリパーも「オーバーホール」した方が良かったんじゃね?

img_6710.jpg

半端なくストレスがかかっている「ブレーキ」は

「システム全体」で考えたほうがイイです。

img_6711.jpg
img_6712.jpg
img_6713.jpg

フロントブレーキ完成(^^)

img_6714.jpg

リヤブレーキ完成(^^)

img_6717.jpg
img_6719.jpg

各キャリパーからブレーキフルードを抜き替えします。

img_6720.jpg

車体をリフトから降ろしてみると

何やらステアリングが重い?というかすごい違和感があります(゜o゜)

img_6721.jpg

もしかして「リビルト」のポンプか?

img_6722.jpg

リフトアップしてステアリングを切ると軽い・・・

img_6824.jpg

ということはやっぱり「リビルト」のポンプがアウトじゃない!(`´)

組んだ時の嫌な予感が的中!(ーー;)

泣いていても直らないので すぐにオーナーに連絡!

しばらくしてオーナーから

「リビルト屋からオイラのところへ直接連絡があると思いますので詳しい状況を

説明してもらえないか」とのこと。

了解して待っているとリビルト屋から連絡があり

何か知らないけど色々と聞かれたがこちらには全く非はないので

「別段、壊れてもいないオイル漏れしているだけのポンプを交換しただけですが!」と

言ったら相手も納得したみたいで急いで代替のポンプを送ってきました(^^)

img_6827.jpg

二度手間ですが再度分解していきます。(ーー;)

img_6830.jpg

img_6832.jpg

送られてきた「リビルト」のポンプ(左側)。

これも壊れてたら赦されない!(`´)

img_6833.jpg
img_6836.jpg

組み付け完了!

img_6841.jpg

フルードを注入してきちんとエア抜きをしてみると

img_6835.jpg

今度はちゃんとパワステが効くようになりました!(^^)

img_6842.jpg

あとは「びゅいーん」と

img_6845.jpg

走ってみて

img_6847.jpg

img_6853.jpg

ピットにて「オイル漏れ」「水漏れ」等がないのを確認したら

img_6510.jpg

これにて全ての任務が完了!(^^ゞ

これでまだまだ乗れるハズ。

というかこれからもっともっと乗り続けて頂きましょう!

それじゃ またな!

(^o^)丿

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4818-4818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    スバルスキーさま コメありがとうございます。
    毎回100~120枚くらい写真を撮っておりますが昔々は一々現像に出しに行ってましたから
    それから比べると「デジカメ」はめちゃありがたいっす(^_^;)
    拙いヨゴレ?な当ブログですが良ければこれからも見ていただければ幸いデス(^^)

  2. スバルスキー より:

    写真を撮りながらの整備作業は大変でしょうね。
    丁寧な仕事ぶりに敬服します。

  3. 店主 より:

    あれっくすさま こんちくわ!(^^)
    「リビルト品」
    確かにハズレ多いような気がします(^_^;)
    組んでみないと分からないものが多いので困ります
    「ネタ?」はいらないのでまともな「リビルト品」
    を(ーー;)

  4. あれっくす より:

    おやびん、なんかリビルドのハズレ率高くないっすか?(読者の感想・・・)
    ハズレだからネタになってるのか???
    頑張ってくださいまし<(_ _)>