加速時の振動! @ スバル レガシィ(BHE)【ATFの交換】 

押忍! (^o^)丿

ここんとこ急激に秋めいてきましたが

みなさま 如何お過ごしでしょうか?

オイラは最近「釣り場」で出会った「ネコちゃんズ」に癒されております(^^)

そのポイントへ行く度にどこからともなく現れては

いつの間にか背後に「ステイ」し、釣りをしている間や移動中も

常に「ロック ON!」(^_^;)

お魚が釣れた瞬間、群がってきては

こちらが「やるぜ!」とも言ってないのに

針が付いたままのお魚を勝手に持っていこうとします(笑)

そんなかわぇぇ「ネコちゃんズ」との癒しの日々を過ごしていたら

img_5966.jpg

スバル レガシィ(BHE) 大人の「6発」が入庫してきました!(^^)

今回はエンジン関係のメンテナンスを依頼されていたのですが

オーナーから「発進時や交差点を曲がるときに異音&振動?が出るんです。

なので乗っていても全然楽しくない」と言われるので

「そりゃダメだべ~」と思い、お預かりして点検してみました (^^)

テスト走行してみるとオーナーの言うとおり、

発進時と交差点を曲がってアクセルを踏んだ時だけ

「ダッダッダッダッダッ・・・・」という感じで振動が伝わってきます。

その後は変速ショック等もなくスムーズにジェントルに走ります。

オイラはその振動の感じから「ペラシャフト?」か「AT?」だと思いました。

更に症状が出るように走ってみるとどうも「AT」があやしい ?

たぶん「センダーデフ(トランスファ)」じゃないのか?(゜o゜)

修理に関する案をいくつかオーナーに提示し、協議の結果

一度「ATF」の交換をしてみようということに・・・

今までも「ディーラ-等」で何回かATFの交換はしたことがあると

オーナーからは聞いておりましたが

img_5967.jpg

レベルゲージで見ただけでも汚れてます (ーー゛)

img_5968.jpg
img_5969.jpg

まずは
img_5971.jpg

オイルパンのドレンから抜きましょう!

img_5972.jpg
img_5973.jpg

あまりの汚れっぷりにエンジンオイルと間違えそうです。

ペラシャフトにも少しガタがありますが・・・(^_^;)

img_5975.jpg

AT用のエレメント。

交換されたような形跡はナッシング!(^_^;)

img_5976.jpg
img_5977.jpg
img_5978.jpg

銀色の粉?がいっぱい付着してます。

img_5979.jpg
img_5981.jpg

きちゃないATF。

一体、どこをどう交換したんでしょうかね(笑)

img_5982.jpg
img_5996.jpg

もちろん「オイルパン」も剥がないと意味がないでしょう~!(^^♪

img_5998.jpg
img_5999.jpg

ストレーナーがこんちくは!

img_6000.jpg
img_6001.jpg

予想どおり、銀粉が溜まりまくってましたよ!(^_^;)

img_6002.jpg

img_6005.jpg
img_6008.jpg
img_6011.jpg

外したストレーナー。

img_6012.jpg

網目も詰まり気味だし

img_6013.jpg

これだけ汚れてます。

ATFは「スバル純正」を1ペール使用します。

img_6051.jpg
img_6052.jpg
img_6053.jpg
img_6054.jpg

液体ガスケットをキレイにして

img_6055.jpg
img_6056.jpg


まわりを洗浄してから「ストレーナー」を交換。

img_6060.jpg
img_6061.jpg

きちゃない「バイパスパイプ」

img_6062.jpg
img_6064.jpg

ドッキング!

img_6065.jpg

あとはオイルパンにこびりついている銀粉をば

img_6066.jpg
img_6067.jpg

img_6069.jpg

キレイにしてあげるべし!(^^♪

img_6070.jpg

地味?で大変なガスケット剥がし作業(ーー;)

img_6071.jpg
img_6073.jpg

地味?で大変なボルトに付いた液体ガスケット除去作業(ーー;)

img_6074.jpg
img_6075.jpg

ドッキング!(^^♪

img_6076.jpg
img_6077.jpg

最初に抜いた古いATFが約「7,5L」なので

このATには推定であと「2L」ほど古いATFが残ってると思われるので

img_6083.jpg

自作ツールを使って新油のATFをガンガンほり込んで入れ替えてゆきます(^o^)丿

img_6081.jpg

きちゃないATFがドンドン排出されて

img_6094.jpg

最終的にはこんな感じ。

img_6085.jpg

ちなみにこれが「新品」のATFでござりんす!(^^)

img_6095.jpg

カチカチ山なATFのホースも交換!

img_6080.jpg
img_6098.jpg

いざテスト走行へ・・・

img_6101.jpg

かなりの時間をテスト走行に費やしました。

しかし、残念ながら振動は完全に消えず(ーー;)

わかったことは

img_6093.jpg

停止状態から

img_6102.jpg

アクセルを踏み込むとフロントに約30パーセントほどトルクをかけるみたいで

その時に必ず振動(ジャダー)が出ており

たぶんクラッチにスベリが発生しているものと判断

しました。
img_6106.jpg
img_6112.jpg

ATFが漏れていないのを確認したら

img_6109.jpg
img_6110.jpg
img_6107.jpg

とりあえず作業は完了でございます (ーー;)

これ以上は高額修理へまっしぐら?なのでオーナーは少し考えますとのこと(^_^;)

しかし「スバル レガシィ」の場合、「センターデフ」「トランスファ」は

AT内部に組み込まれているので

当然「ATF」にて制御されたり潤滑されたり冷却されたりとされているわけで・・・

巷でよくある「安価でしかも短時間でのATF交換」や「社外ATFによる交換」等ではなく

今回のように手間のかかる「オイルパン」を剥ぎ、スラッジをキレイにしたり

エレメントやストレーナーを交換し「純正ATF」を使用し、

出来るだけ全交換するように最初から作業していれば

こういう故障ももしかしたら防げたのかいな?と自問自答している次第であります。

(ーー゛)ウ∼ン

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 店主 より:

    Rotarycoupeさま こんにちはデス(^^)
    「CVTのメンテ推奨スケジュール」ってちゃんとあるんですね(笑)
    最近ではATFやCVTの「無交換指定」が多いですがいろいろとバラしているとほんとに無交換でええんかな~?と思うことのほうが多いデス。
    ディーラーにはディーラーの、町工場には町工場の?
    それぞれのやり方があるので一概にどれが良いとは言えませんが 要は「作動油」として劣化しているフルードを「定期的」にいろんな手段を講じて出来るだけキレイな新油に交換しようと考えるのが大事ではないんでしょうかね~?(^_^;)

  2. Rotarycoupe より:

    CVTのメンテ推奨スケジュール、ネットで分かる範囲で調べてみましたが、メーカーによってまったくバラバラですね。驚きました。
    極端な例では、全量の半分しか交換できないことをマニュアルに堂々と謳い、しかも交換スケジュールが短かったりします。ディーラーのお仕事を作るためでしょうか?
    いっぽうで無交換を指示しているメーカーもあり、これらをどう捉えてよいのか、難しいです。
    面白いのは、どのメーカーも分解時には全量交換しなさいと明記していることです。本音としてはオイルパンを剥がして交換して欲しいみたいですよ(笑)

  3. 店主 より:

    あれっくすさま まいどれす! (^^)
    「見えないものは信じられない?」というのが世の中の風潮?ですが「目には見えない」けど存在するものは多数あります。でも「見えない」ものを修理するのめちゃ疲れます(^_^;)
    スバルの「メンテ推奨スケジュール?」
    すいません、ぼくも知りませんデス(゜o゜)

  4. あれっくす より:

    電気にしても、ATにしても直接目に見えないものは厄介ですね。
    音やバイブレーションもそういえば見えませんね。
    単純なMT乗りは、分解してら分かるのである種あきらめもつきます。
    ただ、鬼嫁号はCVT・・・
    スバルのCVTですが、メンテ推奨スケジュールってどんなもんでしょうか?

  5. 店主 より:

    Rotarycoupeさま、お元気そうでなによりです(^^)
    「ATF交換」については長い間いろんなところで議論?されており作業方法もSHOPやメカによっても違うでしょうし考え方やコストの関係等でも変わってくることと思われます。ですがこちらでは可能な限り古いATFを交換したいが為に時間も手間もかかる作業方法をとらせていただいているわけでして(^_^;)
    今回のような故障に出会う度に最初から手間をかけてATFの交換をしていれば少しは予防出来たんじゃないかな?といつも自問自答しています(^_^;)
    うちもFFのCVTは少ないですが(笑)
    今まで作業した分に関してはオイルパンを剥いだら同じようにスラッジが溜まってました(^_^;) 只、ストレーナーが部品としてメーカーから出ていないやつもありますのでステンの網タイプならまだしも布タイプのモノはどないすんねん?て感じデスね(ーー;)

  6. Rotarycoupe より:

    お久しぶりでございます。
    小生の経験からも、新車から5年後の最初のATF交換では効果が認められたものの、その次の交換ではまったく症状が変わらなかったので、やはりオイルパンを剥がしてストレーナー交換までしてもらわないといけなかったのかなと思っています。
    ちなみに、FFのCVTも状況は似たようなものでしょうか。まだCVTでの経験が乏しいものですから。