加速時の振動! @ スバル レガシィ(BHE)【ATFの交換】 

押忍! (^o^)丿

ここんとこ急激に秋めいてきましたが

みなさま 如何お過ごしでしょうか?

オイラは最近「釣り場」で出会った「ネコちゃんズ」に癒されております(^^)

そのポイントへ行く度にどこからともなく現れては

いつの間にか背後に「ステイ」し、釣りをしている間や移動中も

常に「ロック ON!」(^_^;)

お魚が釣れた瞬間、群がってきては

こちらが「やるぜ!」とも言ってないのに

針が付いたままのお魚を勝手に持っていこうとします(笑)

そんなかわぇぇ「ネコちゃんズ」との癒しの日々を過ごしていたら

img_5966.jpg

スバル レガシィ(BHE) 大人の「6発」が入庫してきました!(^^)

今回はエンジン関係のメンテナンスを依頼されていたのですが

オーナーから「発進時や交差点を曲がるときに異音&振動?が出るんです。

なので乗っていても全然楽しくない」と言われるので

「そりゃダメだべ~」と思い、お預かりして点検してみました (^^)

テスト走行してみるとオーナーの言うとおり、

発進時と交差点を曲がってアクセルを踏んだ時だけ

「ダッダッダッダッダッ・・・・」という感じで振動が伝わってきます。

その後は変速ショック等もなくスムーズにジェントルに走ります。

オイラはその振動の感じから「ペラシャフト?」か「AT?」だと思いました。

更に症状が出るように走ってみるとどうも「AT」があやしい ?

たぶん「センダーデフ(トランスファ)」じゃないのか?(゜o゜)

修理に関する案をいくつかオーナーに提示し、協議の結果

一度「ATF」の交換をしてみようということに・・・

今までも「ディーラ-等」で何回かATFの交換はしたことがあると

オーナーからは聞いておりましたが

img_5967.jpg

レベルゲージで見ただけでも汚れてます (ーー゛)

img_5968.jpg
img_5969.jpg

まずは
img_5971.jpg

オイルパンのドレンから抜きましょう!

img_5972.jpg
img_5973.jpg

あまりの汚れっぷりにエンジンオイルと間違えそうです。

ペラシャフトにも少しガタがありますが・・・(^_^;)

img_5975.jpg

AT用のエレメント。

交換されたような形跡はナッシング!(^_^;)

img_5976.jpg
img_5977.jpg
img_5978.jpg

銀色の粉?がいっぱい付着してます。

img_5979.jpg
img_5981.jpg

きちゃないATF。

一体、どこをどう交換したんでしょうかね(笑)

img_5982.jpg
img_5996.jpg

もちろん「オイルパン」も剥がないと意味がないでしょう~!(^^♪

img_5998.jpg
img_5999.jpg

ストレーナーがこんちくは!

img_6000.jpg
img_6001.jpg

予想どおり、銀粉が溜まりまくってましたよ!(^_^;)

img_6002.jpg

img_6005.jpg
img_6008.jpg
img_6011.jpg

外したストレーナー。

img_6012.jpg

網目も詰まり気味だし

img_6013.jpg

これだけ汚れてます。

ATFは「スバル純正」を1ペール使用します。

img_6051.jpg
img_6052.jpg
img_6053.jpg
img_6054.jpg

液体ガスケットをキレイにして

img_6055.jpg
img_6056.jpg


まわりを洗浄してから「ストレーナー」を交換。

img_6060.jpg
img_6061.jpg

きちゃない「バイパスパイプ」

img_6062.jpg
img_6064.jpg

ドッキング!

img_6065.jpg

あとはオイルパンにこびりついている銀粉をば

img_6066.jpg
img_6067.jpg

img_6069.jpg

キレイにしてあげるべし!(^^♪

img_6070.jpg

地味?で大変なガスケット剥がし作業(ーー;)

img_6071.jpg
img_6073.jpg

地味?で大変なボルトに付いた液体ガスケット除去作業(ーー;)

img_6074.jpg
img_6075.jpg

ドッキング!(^^♪

img_6076.jpg
img_6077.jpg

最初に抜いた古いATFが約「7,5L」なので

このATには推定であと「2L」ほど古いATFが残ってると思われるので

img_6083.jpg

自作ツールを使って新油のATFをガンガンほり込んで入れ替えてゆきます(^o^)丿

img_6081.jpg

きちゃないATFがドンドン排出されて

img_6094.jpg

最終的にはこんな感じ。

img_6085.jpg

ちなみにこれが「新品」のATFでござりんす!(^^)

img_6095.jpg

カチカチ山なATFのホースも交換!

img_6080.jpg
img_6098.jpg

いざテスト走行へ・・・

img_6101.jpg

かなりの時間をテスト走行に費やしました。

しかし、残念ながら振動は完全に消えず(ーー;)

わかったことは

img_6093.jpg

停止状態から

img_6102.jpg

アクセルを踏み込むとフロントに約30パーセントほどトルクをかけるみたいで

その時に必ず振動(ジャダー)が出ており

たぶんクラッチにスベリが発生しているものと判断

しました。
img_6106.jpg
img_6112.jpg

ATFが漏れていないのを確認したら

img_6109.jpg
img_6110.jpg
img_6107.jpg

とりあえず作業は完了でございます (ーー;)

これ以上は高額修理へまっしぐら?なのでオーナーは少し考えますとのこと(^_^;)

しかし「スバル レガシィ」の場合、「センターデフ」「トランスファ」は

AT内部に組み込まれているので

当然「ATF」にて制御されたり潤滑されたり冷却されたりとされているわけで・・・

巷でよくある「安価でしかも短時間でのATF交換」や「社外ATFによる交換」等ではなく

今回のように手間のかかる「オイルパン」を剥ぎ、スラッジをキレイにしたり

エレメントやストレーナーを交換し「純正ATF」を使用し、

出来るだけ全交換するように最初から作業していれば

こういう故障ももしかしたら防げたのかいな?と自問自答している次第であります。

(ーー゛)ウ∼ン

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>