故障探求の世界!@ ホンダ アコードワゴン(CM2)【トラブルシュート!】

まいど~!(^o^)丿

ここんとこ、オイラの住む素敵な町?も

朝晩はだいぶと涼しくなりました。

おかげで夏の暑さから開放されて作業が「捗る」「はかどる」ハズもなく(笑)

疲れ切った自分自身のリフレッシュ?を兼ねて「お酒」に「釣り」にと

日々、邁進致しております (^_^;)

ということで

今回入庫してきましたのは

img_5523.jpg

ホンダ アコードワゴン(CM2)でございます。

「発電しない?」とのことでオイラの秘密工場へ来ることになったのですが

「自走」で来た為に道中でエンジンストップ!(ーー゛)

結局、ロードサービスに運ばれてきてなんとか入庫 (ーー゛)

早速、オーナーに詳しく話を聞いてみます。

オーナー曰く「ある日、メーター内に警告灯が点いてエンジンが止まった。

なので某ディーラーへ持っていって診てもらったら

「オルタネーターの発電不良?」だというので「オルタネーター」&「バッテリー」を

交換してもらった。しかし後日 同じ症状になり作業をした某ディーラーに再度入庫。

再び「オルタ&バッテリー」を交換? そして数日後、

またもや同じ症状になり某ディーラーに

再再入庫!(ーー゛)

そして三度目の正直?か知らねぇが

またもや「オルタネーター&バッテリー」を交換されたらしく

作業をしたディーラーのメカは

「テスターでみたらキチンと電圧?があるのでオルタネーターは発電してます」と

言われたらしい (ーー゛)

しかし哀しいかな

しばらくすると案の定、前と同じように「エンジンストップ」(゜o゜)

さすがにオーナーも某ディーラーを信じられなくなり

今度は自動車の電気関係のプロである「電装屋さん」に行ったらしい。

だけども結局そこでも根本的には解決できず。(ーー゛)

彷徨い続けた結果、一縷の望み?を持って

「町工場のおにいさん」

のとこに来たってことでした。

ε=( ̄。 ̄;)フゥ~

ということなんで

早速 車をお預かりまして「魅惑?」の故障探求の世界へ

行ってみましょ~い!

(^o^)丿

img_5520.jpg

今現在、当然ながらセルも回らね状態なので

まずはバッテリーをば充電。

img_5522.jpg
img_5553.jpg

エンジンを始動してみると

img_5554.jpg

「ド派手」にいろんな警告灯が点灯中!(゜o゜)

img_5555.jpg

オーナーに某ディーラーで作業完了した時に「警告灯」は消えていた?とお聞きしたら

「点灯したままでした」とのこと。

ありえね (`´)

そして

某ディーラーが入庫の度に「診断機」を車両に繋いでデーターをプリントアウト。

データーを見た時点で「何かがおかしい?」と感じなかったのか?(`´)

img_5525.jpg

高価な「診断機」に頼りすぎて根本的なことが分かってないんじゃねぇのかい(`´)

とにもかくにも「電流」を測定!

すると当然というかほとんど「発電」しておりません(゜o゜)

よくオルタネーターの良否を「電圧」で判断するのが一般的には言われてますが

あくまでも「目安」であって それよりも大事なのは「電流」です。

オルタネーターから直で測定しても「発電」されておりません。

img_5694.jpg

なんか根が深そうなんで配線図を元に「電気の流れ」を追いかけていきます。

img_5666.jpg

調べてみてわかったことはオルタの「IG端子」にかかる電圧が明らかに低いことでした。

img_5674.jpg
img_5677.jpg

これじゃ~何度オルタネーターを交換しても「発電」しないでしょうが!(`´)

しかし、どこかで「接触不良」しているのか?はたまた「断線」しているのか?

う~ん (ーー゛)

とにかく関係のあるところを

img_5681.jpg

どんどん調べていき

img_5682.jpg

この時点で故障箇所をだいぶ絞込みましたよ!

img_5683.jpg

あとは「自作SST」を使って更に範囲を狭めていき

img_5873.jpg

ほぼ「断線」している箇所を発見!(^^)

車両側ハーネスを交換するとなると「高価」&「大ゴト」になるので

配線が使用可能なところまでカット&加工して修理しました(^^♪

その結果、

オルタネーターはちゃんと発電するようになりましたよ!(^^♪

無事にチャージランプは消灯!(^^♪

しかし、何故かエンジンとABSの警告灯は点灯したまま(゜o゜)

これは何かほかにも原因があるはず?

img_5770.jpg

テスターで点検したら

img_5771.jpg
img_5772.jpg
img_5773.jpg

エラーが3つ4つ出てきましたよ!(゜o゜)

エラーコードを消去してもすぐにまた表示されるので

たぶん複数の「エラーコード」は全て関係してるのでは?と

考えたので新たに配線図を用意して

img_5806.jpg

追いかけていくと・・・

img_5807.jpg
img_5808.jpg

ビンゴ!(^^)

さらに調べていくと「ヒューズボックス」が一番あやしい!

img_5817.jpg

運転席の足元の奥にあるヒューズボックスを「OO雑技団?」ばりに

体を「くの字」に曲げたままでなんとか脱着!(>_<)

img_5823.jpg

そして、問題のありそなところを点検していたら導通したりしなかったりする。

内部で「配線焼け?」かと思ったけど

どうも「接触不良」みたいな感じがする(ーー;)

「ヒューズボックス」さまも結構なお値段しますので

img_5864.jpg

とりあえず問題のありそうな端子を全部「ヤスリ」で丁寧に磨いてから

「化学のチカラ」を吹きかけて組んでみると・・・。

img_5888.jpg

あ~ら不思議!全ての「警告灯」が消えてしまった(゜o゜)

img_5885.jpg
img_5886.jpg
img_5887.jpg

そのままテスト走行に行ったりしましたが全く警告灯は点灯せず(^_^;)

img_5889.jpg

最大限に負荷をかけた状態でもオルタネーターの「チャージ量」は無問題なので

img_5902.jpg
img_5907.jpg

これにてトラブルシュート完了でございます!(^^♪

しかし今回の修理作業、いろいろ苦労しました。

目には見えない「電気」の流れを追いかけて探求していくのは

皆さんが想像する以上に大変なことデス(ーー;)

我々修理する側が「長い時間」と「手間」をかけてトラブルシュートしても

結果、「報われない」ことも往々にしてあります。

今回の某ディーラーの対応は全くの「問題外」ですが(笑)

自動車の「故障探求」にかかせない「診断技術」なるものは

昨日今日で すぐに身につくものではなく

今の世の中のように「デジタル」&「ネット」でいろんな「情報」が

溢れて尚且つ簡単に手に入る時代であっても また、

どれだけ最新の機材や設備を整えたり、いろんな講習を受けたとしても

決して得られない (`´)

結局は

ご自身で体験し、泣き笑い、常に「トライ&エラー」を恐れずに

「経験値」を積むことでしか得られない。

今も昔も

オイラはそう思っております。

(^^)
自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせくださいませ!

<(_ _)>