さらなる快適を求めて!@ ダイハツ コペン(L880K)【点検整備&メンテナンス@東大阪】

ある日の午後

「ブレーキの効きが悪い?」

「ステアリングを切ると異音がする?」

とのことで

img_2906.jpg

「シャア専用」ダイハツ コペンさま(L880K)が我が秘密工場へ入庫!(^^)

実はこのマシーン、以前に某ネットオークションでお安く購入できたと喜んでいたところ

後々いろんなことが発覚し、悲喜交々な目にあった

あの「コペン物語」の主人公でございます(^^)

(詳しくは ダイハツ コペン(L880K)@ エンジンの異音修理(前編・後編)をご覧あれ!)

しかし、

あれから多少なりとも普通に乗れるクルマには仕上げたはず(^_^.)

シャア 「お久しぶりです」

オイラ 「まいど!」

シャア 「コペンなんですが、何かブレーキの効きが悪いのでブレーキのオーバーホール

と・・・」

オイラ 「・・・」

シャア 「ステアリングを切ると異音?がするので・・・」

オイラ 「・・・」

シャア 「足まわりを点検して欲しいのです」

オイラ 「・・・」

シャア 「それと・・・」

オイラ 「・・・と?」

シャア 「足まわりを分解するんであればサスペンションも交換して欲しいのです」

う~ん、何かよくわかんねーけど(笑)

それじゃ今回も始めるぞ!

(^^ゞ

img_2905.jpg

「旧型」になっちまった「L880K」ですが「整備性」はともあれ

性能&スタイルは良いですね!(^^)

img_2908.jpg

リフトアップして点検していきます。

img_2911.jpg
img_2915.jpg

フロントブレーキ。

ブレーキパッドの残量は問題なしですが

少しローターが荒れてます。

img_2912.jpg

リヤブレーキ。

フロント側のライニングが結構減ってました。

img_2918.jpg

下まわりも点検!(^^)

img_2919.jpg

なんか「臭うな?」と思ったら

img_2920.jpg

マフラーにビニール袋が焼き付いてました(^_^;)

これがナカナカ取れない(笑)

img_2921.jpg
img_2922.jpg

見たところブーツの破れ等はないですが

ブレーキローターの内側がやけに減ってるのが気になりました。

キャリパーの戻りが悪いのかもです。

img_2924.jpg

フロントサスペンション

img_2923.jpg

リヤショック&サス。

どちらも見た感じでは問題なさそうですが

年式&走行距離から考えても交換していい時期かもしれません(^_^;)

img_3042.jpg

リヤブレーキ分解!

img_3040.jpg

シリンダーは意外とキレイ?

img_3041.jpg

ライニングは交換します。

img_3043.jpg
img_3119.jpg
img_3120.jpg

ピストンを組み付けてグリスアップ!

img_3122.jpg
img_3123.jpg

下側が新品のライニング。

これだけ減ってりゃ交換してもいいでしょう(笑)

img_3125.jpg

ダイハツのこのタイプのブレーキは結構めんどい(^_^;)

img_3126.jpg

完成!

img_3127.jpg

そしてドッキング!(^^)

リヤブレーキが終わったらお次はフロントのブレーキに移りましょう。

img_3046.jpg
img_3047.jpg
img_3049.jpg

キャリパー脱着!

img_3050.jpg
img_3051.jpg

外したキャリパー

右側のキャリパーのピストンが飛び出たままの状態になっており

思ってた通りピストンの戻りが悪かったようです(゜o゜)

img_3096.jpg
img_3097.jpg

でもって

この汚れたキャリパーは・・・

お風呂に入れてキレイにしてあげました!(^^♪

img_3103.jpg

戻りの悪い方のキャリパーから分解していきます。

img_3104.jpg

分解!(^^)

だけども折角キレイにしたのに中からきちゃないフルードが(+_+)

img_3105.jpg

ピストンが引っ掛かった?ような跡があるので

シリンダーの中を少し修正してみます(^_^;)

img_3106.jpg
img_3107.jpg

ピストンは磨きました!

充分、再使用可能です(^^)

img_3108.jpg

シールも替えて組み付けたら

img_3109.jpg
img_3110.jpg

何度も何度も気が遠くなりそうなくらい出し入れのテストをしましたよ(笑)

シリンダーを修正したこのキャリパーも何とかいけそうです(^_^;)

img_3111.jpg

左側のキャリパー。

img_3112.jpg

こちらは大丈夫そうですね(^^)

img_3113.jpg
img_3114.jpg
img_3115.jpg

あとは同じように

img_3116.jpg

出し入れテストしたらOK!(^^)

そして

魅惑の「お化粧タイム!」(^^)

お化粧したキャリパーを乾燥させている間に

img_3134.jpg

ブレーキローターも脱着!

img_3133.jpg

フロントストラット

img_3132.jpg

フロントのマウント

img_3139.jpg

脱着!

img_3138.jpg

脱着!

img_3140.jpg

右側も同じように脱着!

img_3142.jpg

ストラットさま降臨!(^^)

そして

「シャアさま」から差し入れのサスペンション!(^^)


マウント&シートは新品に交換します。

よくダンパー&サスだけを交換するのを見かけますが

折角バラすのに古いマウント類を使うなんて勿体ない!

ゴムの塊であるマウントは実際かなりヘタってますので

オイラのところでは必ず「同時交換」を推奨しております!

(^_^.)

ドッキング!

新しいのは気持ちええです(笑)

ちなみに

img_3153.jpg

古いマウントを手で回してみると・・・

img_3152.jpg

中にあるベアリングがゴリゴリでしたよ!

これも異音の原因の一つかもしれません(^_^.)

img_3157.jpg
img_3155.jpg

どんどん組んでいくべ!

img_3154.jpg
img_3156.jpg

フロントが完成したので

リヤも

img_3159.jpg
img_3160.jpg
img_3161.jpg
img_3163.jpg
img_3162.jpg

スプリングシートは交換しましょう

ショウワのダンパーのほうが少し太い感じです。

img_3168.jpg
img_3169.jpg

合体!

そして

img_3172.jpg
img_3171.jpg

ブレーキホースを

img_3174.jpg

シャアさまから差し入れして頂きました

コペン様には定番の「Dスポーツ」のステンメッシュホースに交換します。

img_3179.jpg

img_3183.jpg

いいね!

img_3185.jpg

反対側も組付けます

img_3144.jpg

フロント側も

img_3175.jpg
img_3177.jpg

組付け!

交換した「カチカチ」なブレーキホースたち!

ちなみに

ステンメッシュホースに交換するとブレーキのタッチが「カチッ」となり

いい感じになります!(^^)

ブレーキローター。

img_3189.jpg
img_3190.jpg

お古の方は内側がだいぶ削れてました。

img_3191.jpg

新品のブレーキローター

img_3192.jpg
img_3193.jpg

ドッキングしたら

img_3196.jpg
img_3195.jpg

乾燥させていたキャリパーを

img_3197.jpg
img_3198.jpg
img_3201.jpg
img_3202.jpg

反対側も

img_3204.jpg
img_3205.jpg

組み付けたらメチャ気持ちええ(^^♪

そして最後は

img_3208.jpg
img_3209.jpg

マスターシリンダーで〆ます

img_3210.jpg

外しまして

img_3212.jpg
img_3213.jpg

分解中!

外側からキレイに見えていても中は緑色の液体まみれでしたよ(ーー;)

大事なところなのでブレーキフルードはキチンと抜き替えして下さい(ーー;)


img_3217.jpg
img_3218.jpg

出来るだけキレイにします

img_3216.jpg

シリンダーは無問題!(^^ゞ

img_3219.jpg
img_3221.jpg

サクサクっとオーバーホールしたら

img_3223.jpg

合体!

img_3226.jpg

各ブリーダーからフルードを抜いたら

img_3227.jpg
img_3207.jpg

オーバーホール完成!(^^)

後は

img_3234.jpg
img_3236.jpg

少しデーターを見てから

img_3241.jpg

いつものようにテストドライヴ!(^^)

ブレーキも足もいい感じ!

ステアリングを左右に切ってみても異音なし!

img_3285.jpg

テストドライブから戻ったら

img_3277.jpg

某ネットオークションで購入した「アライメントゲージ」にて

img_3278.jpg
img_3279.jpg

トーインやらキャンバーやらを測定!

そして

img_3237.jpg

もう一度

img_3238.jpg

ビューン!と走ってみてから

img_3274.jpg
img_3273.jpg

各部の「増し締め」およびフルード漏れがないのを確認したら

img_3286.jpg

コレにて全ての任務が完了!(^^ゞ

しかしこのコペンさま、初めての出会いから今現在まで

ほんといろいろと手のかかる子でした(^_^.)

ですがそれにもめげずに愛情を注いできたオーナーには

ほんと脱帽でございます(^^♪

前回より更に快適に生まれ変わったこの

NEWタイプ「シャア専用」コペンさまでこれからも

心ゆくまでドライブを楽しんでくださいませ!(^^♪

それじゃ~アディオース!

(^o^)丿

(コペンさまの実際の走行動画でございます。)

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

もしくは

★06-4308-4818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク