アクシデント発生?@スバル レガシィ(BE9)【車の点検&水漏れ修理】

2017年7月18日

長かった寒さも随分と和らいだ?感じがする今日この頃。

みなさま、如何お過ごしでしょうか?(^^)

オイラは今年の初めから仕事に追われ

ただでさえバタバタしているところへ

悲しいかな「黄金の右腕」まで負傷する始末・・・・・(+_+)

「利き腕」が使えないのがこんなにも大変だとは思いませんでしたよ!

しかし、泣き言ばかりを言っててもどうにもならないので

自分の出来る範囲で少しずつお仕事をばしております(^_^;)

そして

ここまで来るのにホントいろいろありましたが

「気分一新!」

このNEWブログから「ワールドワイド」に発信していきますぜ!

それでは

はじまり! ハジマリ!・・・・・ (^o^)丿

img_1692.jpg
img_1690.jpg
今回のチャレンジャーは

スバル レガシィ BE9で ございます! (^^)

img_1695.jpg
走行は 現在 約117,800km。

各部の点検をご依頼いただきましので早速診ていきましょう。

img_1693.jpg
エンジンは水平対向の「2.5L」を搭載して おります。

意外や意外、このエンジン「ノンターボ」ですがトルクがあり

めちゃいい感じで走ります。(^^)

一発の速さはないですが 全域フラットな感じで乗りやすい!

img_1698.jpg
img_1699.jpg
img_1700.jpg
アンダーカバーを外そうとしたら

どこかの誰かさんが作業した後ちゃんと締めていなかったのか?

わかりませんが

止めてるボルトが何本か無くなっておりました。

気にならんのか?(`´)

img_1701.jpg
オーナーから「前にチェックランプが点灯してたんですが最近は点かないです」

とお聞きしたんでテスターをつないでみましたところ

img_1702.jpg

「バンク2のカムセンサーが過去にダメになったよ!」と教えてくれました。

img_1705.jpg
何かの拍子に故障を知らせたみたいですが、今現在は特に調子が悪いワケでもない

のでトラブルコードを消去!もしかしたら「自然治癒」したのかもしれません(笑)

img_1708.jpg

まだ「ドロドロ ドロロロンえんまくん?な排気音を響かせております。

img_1819.jpg
img_1820.jpg
img_1821.jpg

リフトアップして更に診ていきませう~(^^)

img_1823.jpg

パワステのポンプから漏れ発見!(゜o゜)

img_1824.jpg
img_1825.jpg
ブレーキもジャダーが出るとのことなので見ると結構ローターが荒れてます。

更に点検していくと・・・・・

img_1832.jpg

クーラントの漏れ発見!(゜o゜)

img_1841.jpg
プラスチックのサーモケースにクラックが入って漏れてる感じです(^_^;)

そして オーナーに点検結果を報告!

了承していただきましたので修理作業開始です! (^o^)丿

まずはブレーキから

img_1933.jpg

img_1934.jpg

img_1938.jpg
img_1939.jpg
img_1941.jpg
キャリパーのスライドピンがグリス切れで完全固着しており

ブレーキパッドも片減りしてました。

img_1944.jpg
img_1946.jpg
img_1945.jpg

パッドもローターも交換!

img_1948.jpg
img_1949.jpg

ドッキング!(^^)

img_1952.jpg
img_1951.jpg
img_1950.jpg
img_1954.jpg
img_1955.jpg
リヤはパッドだけ交換!

後は

img_1956.jpg
img_1942.jpg
img_1943.jpg
img_1957.jpg
img_1960.jpg
きちゃないブレーキフルードも抜き替えましょう (^^)

お次は

img_1961.jpg

パワステポンプを やっつけます!

img_1962.jpg
img_1965.jpg

けっこう 漏れてました。

img_1969.jpg
img_1971.jpg

ポンプ脱着!


錆びついて危ういとこでしたよ(ーー;)

img_1976.jpg

img_1979.jpg
ポンプだけ交換する人も多いですが

折角なんでオイラは「カチカチ」になったホース関係も

出来るだけ同時交換することにしております(^_^;)

img_1989.jpg
img_1990.jpg
img_1991.jpg
img_1992.jpg
組み付けてベルトを張ったら

新品のパワステフルードを注入!

お次は

img_1993.jpg

クラックの入ったサーモケースを交換します。

ついでに

ラジエターの「ロアホース&ふやけた?サーモスタット」も交換!(^_^;)

img_1995.jpg
img_1996.jpg

それから

img_1997.jpg
ラジエターのドレンパッキンも交換します。

コレ、そのまんま交換せずにいくとよく漏れますので

オイルドレンパッキン同様、同時交換してくんさい(^_^;)

img_2037.jpg

全部組み付けたら

img_2044.jpg
水温を監視しながら水をまわします。
そして
テスターにて水温が安定してるのを確認しながらしばらく違うことをしていると
突然、
哀愁漂う?オイラの背中越しに「バンッ!」という
大きな音がしたのでなにげに 後ろを振り向いたら・・・・・・

img_2070.jpg

「ぎゃぁぁぁぁぁーーーーーーー!!!」(゜o゜)

「なんじゃ コレーーーーーーーー!!!」(゜o゜)

レガシィさまからクーラントがジャジャ漏れに・・・・・ _| ̄|○

img_2071.jpg
しかも水蒸気で一瞬、あたりが真っ白に・・・・・・ _| ̄|○

すぐにエンジンを止めて原因を探ると


マジかぁ~~~~! (T_T)

ラジエターのアッパーホースの刺さる口のところが爆発した・・・・・ _| ̄|○

んなっ アホな~~~(T_T)

一人薄暗い工場の片隅でクーラントの焼けた「にほい」と

びしょびしょに濡れた足元に涙しながら

事の経緯をオーナーに連絡!(T_T)

オーナーSay,

「それやったらしゃーないですわ!ラジエターも交換してください」と

オーナーはん「ほんま、ええ人ーーーーーー!」(^^)

ということで

急遽ラジエター交換することに・・・・・

img_2087.jpg

まずは ラジエター脱着!


img_2084.jpg

見事に「差込口」がありません (^_^;)


そして粉々に砕け散った差込口

ありえへん(ーー;)

img_2129.jpg

オーナーから差し入れの新品のラジエター。

img_2136.jpg

コンデンサーの当たるところにスポンジを貼って

スキマを埋めます。

僅かなことですがコレをするだけでも意外と冷却効果はアップします。

「小さなことからコツコツと」ですぜ! (^^)

電動ファンを組み付けたら

img_2137.jpg

ATFのホースも交換して

img_2139.jpg

ラジエターをドッキング!

img_2141.jpg

再度テスターで水温を監視!

今度は問題なさそうです!良かった(^_^;)

後は

img_2145.jpg
いつものようにテスト走行!(^^)

しかしこの「水平対向2.5L」

フィーリングといい、トルク感といい、ホンマに良いですわ!

オイラ、スバルのこと少し見直しましたよ!(笑)

最後に

img_2151.jpg
img_2152.jpg

水漏れやオイル漏れを点検!

img_2150.jpg
img_2149.jpg

ブレーキも再チェックしたら

img_2188.jpg
全ての作業が完了!(^^♪

結構時間がかかりましたが

待ちわびるオーナーにも無事に納車することができました。

今回、

突然の「ラジエター爆発?」というアクシデントに見舞われましたが

「終わりよければ 全て良し!」っていうことで (^_^;)

それじゃ またな~!

(^o^)丿

 

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を受信許可してください)

もしくは

★06-6781-1818

まで お問い合わせください!

<(_ _)>