オルタネーター化してみよう!@スバル360【車検と車の修理@東大阪!】

ある晴れた日の午後、

「ポンポンポンッ」と

独特の排気音で

久しぶりにあの「てんとうむし」が

やってまいりました。(^O^)

オーナー曰く、

・「なんかエンジンにパンチがない?」

・「ラジオを聴きたい!」

とのこと(^^)

まずは「エンジン」から

疑わしいのは「点火系」。

プラグコードの抵抗を測ると

3番のコードの抵抗がかなり多い。

エンジンをかけてから

各気筒の「パワーバランス」を見ると

やっぱり「3番」だけ変化なし (^_^.)

またこの車には

今ではほとんど見られなくなった

「点火ポイント」が使われてます。

(^_^.)

このポイントの表面をサッと磨き、ヒール部にはグリスアップ

組みつけたら「ギャップの調整」に「点火時期の調整」

(^^)

そして

プラグコードには 純正ではなく永井電子の「ウルトラ」をチョイス。

早速プラグコードを組みつけてエンジンを始動!

折角なので

そのままテスト走行に行き不調が解消したのを確認!

(^^)

おまけに

始動性も格段に良くなりましたよ!

ということで

お次は「カーラジオ」を聴ける様にします。

今現在の状態でラジオをつけて走ってると

アイドリング状態では全く「発電」しておりませんので

終いには「バッテリーあがり」でストップしてしまいます(-_-;)

なので

まずは「電気を安定して供給」出来るように

改造?してみましょう!

(^_^.)

スバル360の「発電機」は

ダイナモで外付けのレギュレーターで

制御しております。

(この黒い物体がDCダイナモです)

(^^)

このダイナモを現代の車には標準の

「IC オルタネーター」に

置き換えるのですが・・・・・

そうは 簡単にはつきません(-_-;)

まずはこのエンジンに合いそうな「オルタネーター」を

探さなければいけません。

在庫の中から660ccの軽自動車用が

形状的にも合いそうでしたので

取りあえずこれで製作してみました

(^^)

そして苦心の末

完成した「オルタネーター」を

いよいよスバル360に組み付けしてゆきます。

まずは

現物合わせで各部を採寸!

そして

必要なステー等を製作してゆきます。

出来るだけ「シンプル」を心がけて

「オルタネーター」が綺麗に収まるように

調整してゆきます。

大事なのは

クランクプーリーとの兼ね合い!(^^)!

プーリー同士の溝が合ってなかったら

すぐにベルトが擦れて切れてしまいます。

なので

慎重に大胆に位置合わせをし

やっとのことで無事にオルタネーターを設置!

ちなみに改造前は

こういう感じでした!

(^^)

レギュレーターが今のオルタネーターには内蔵されているので

エンジンルームの奥に付いている

外付けのデカくて古い「黒い」レギュレーターは

不要になったので取っ払いました(笑)

そして最後に

テスターを使い各部の配線をしてゆきました。

自動車の

発電機の「電気の流れ」がわかっていないと

必ずショートさせたりして大事な「オルタネーター」を

一瞬で「パンク」させることになりますので

気を抜けない作業になります。

全てを組み付け出来たらいよいよエンジン始動!

★(実際にオルタネーター化しました動画をご覧くださいませ)

そして

「RADIO ON!」

アイドリング状態でも電流&電圧は安定しており

どうやら大成功のようです。

(^_^)v

そして

「テストドライブ」

平成の夕暮れの街中を

「ポンポンポンッ」と

独特の排気音を鳴らしながら

軽快に走る「スバル360」

(^^)

「FMラジオ」から流れる音楽を聞きながら

しばし

「昭和」なあの時代に浸っておりました。

(^^♪

自動車の修理に関するお問い合わせは

★hakkocars@gmail.com

(携帯メールの方は hakkocars@gmail.com を 受信許可してください)

もしくは

★06-4308-4818

までお問い合わせください!

<(_ _)>

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク